2020年01月09日

朝-Nebow(byコペ)

松の内が明けて、通常モード。
と行きたいところだが、朝寝坊に慣れてしまって始動が遅くなっている。
そんな日々、新年早々にやって来たアーティストたちの気合いに気分が助けられた。

200109-1mari.jpg

あさって11日弁天しあたでのLIVE『カントリーレジェンドLIVE』(by Lusna主催)。ゲストで歌うので、と一人リハーサルにやってきた石川真理子さんは歌い初め(ぞめ)。

Banner-legend.jpg

そこへいきなり登場のビビアン。
モトジーが2月のLIVE用選曲に訪れて、ロビーでギター片手にアーダコーダ。あまりにステキなのでみんなでハイテンションになりV撮り。
もしかしてネット番組になりそうな勢いに、、、。

200109-2vivi.jpg

こんな風景最近見ていなかったし、どこか懐かしい。
大昔はこんなアーティストがスタジオを奪い合いした時代もあったっけ。
どうやら近年、今年も人材不足という今の世の中が、ここにも、、、!
それでも何だか応援したくなっちゃってる気分。さあさあ何が出来るのか?プロデュースだましいがモクモクと、、、待てよ、これ果たして望まれているのかどうか?
そんなことを皆が帰った夜にツラツラと想う。

『朝食はいかがーッ』とクスちゃんの越えが遠くに聞こえてきた。
時計を見るとAM10:00。アー本日も朝寝坊を修正出来なかったらしい。

Banner-200201.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

言問橋の女優さん(byクスちゃん)

200107-tera.jpg

お寺関係のお年始あいさつ、実家訪問などは毎年の繰り返し。
気ぜわ楽しい松の内、そんな日々の中、毎年恒例となった一日浅草巡り。
今年はヨッシーRとその友達とコペちゃんと私というメンツで、午前中からGO!となった。

200107-maico.jpg

いつも行くリトルシアターの新人お笑い登竜門で初笑い、何もしない花やしき3階休憩所、スマートボールが目につき立ち食いと微妙な楽しさの中、コペちゃんがどこかにTELしてる。
ヨッシーグループはグルメに走って行ったので分かれてコペちゃんに付いてゆく。
言問橋(ことといばし)のたもとで待ち合わせ。

200107-satosi.jpg

『君だって知ってる人だよ』と言われた先には笑顔の懐かしき人が。

女優の三谷侑未さん、驚きの名役者さん。

アチラコチラの2時間ドラマで脇を固め、映画『海と毒薬』などで鮮烈の難役をこなし、明治座の舞台『細雪』では高橋惠子、賀来千香子らとタメをはる、誰もがきっとどこかで一度は目にしてる人。
かなり前になるけど、彼女にはじめて出逢ったのは青年座ミュージカル『蜜の味』。コペちゃんに誘われ、蟠龍寺スタジオバンドで音楽を担当。みんなで作詞作曲担当どころかミュージシャン一同で舞台に出てお芝居に参加させてもらったビックリ仰天の活動だった。
主役の彼女と山路和弘さんのデュオはたくさんの観客たちの心に光り輝く想い出を残したに違いない。

200107-red.jpg
広報アートは林静一さんでしたが当時の資料はありません(涙)

その後なぜか彼女が気になってた私、同じようにコペちゃんもズーッと注目していたらしい。2人の関係やいかに!とは想わないけどとにかく多くの人が気になる女優さん。
隅田川が一望出来る高層マンションのお部屋はちょうどいい大きさで、創作意欲の固まり、理想的な白いお部屋。生まれは目黒、宝塚から青年座への経緯などゆっくり話は尽きる事無く、仕事の話、役者の想い、とある監督のワル〜いウワサなど、恋愛トーク、いつの間にか午後突入に、、、
ヨッシーと合流の時間となり、ジャアネと手を振るユミさん。どこか私らと同じ香りがする、いいお正月になったネとコペちゃん。

次はどなたにTELするんだろう。と、想ったら『次はメリーさん』。
また女性なのかなあと想ったら期待とウラハラ、行く手は花やしきのメリーゴーラウンドだった。

200107-merry.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 15:19| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

あけましておめでとうございます☆

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 18:06| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

文具浴(byクスちゃん)

暮れになると大掃除をしなくっちゃと思いつつ、寒かったり気ぜわしかったりで小掃除になってしまう。
仕事が立て込んでなければ遊びに行くのも良かったり、、、。
天王洲、中華街、自由が丘、などなど、思い切って木場なんかの湾岸もよろし。

191229-1mono.jpg

年の瀬の平日は閑散としてて時々お片づけしてる業者さん、お正月の飾り付けしてる店長さん、何とも良い風景が、、、。
時たま年内の売切ものがめっぽう安価だったりもするよね。

今年はちょっと目先を変えて早めのスタート、『文具女子博』へモノレールに乗って行ってみました。
ここは一転人だらけ、予想以上のやたらの混みようでまるでバーゲン会場の商品奪い合い、アタマから突っ込んでダイブして手探りひとつかみ×4回ののち、30分程で見事に撤退。

191229-4hito.jpg

会場はほぼほぼ女子で一番人気はやはりマスキングテープ、男性はたいてい販売スタッフ。コクヨやトンボ鉛筆のような老舗から、始めて知る文具店、台湾やヨーロッパの見たことのないような文具もあった。ノート一冊いくら高いったってたいした金額じゃないだろう、と値段を見ずに(というか混んでて見られない)世界中のノートや工作セットを買い込んでしまった。
いったい何をGetしたかは帰ってからゆっくりとお楽しみ、、、

191229-6note.jpg

*帰ってビックリ、何のヘンテツもなさそうなノートなのにレシートを見たら1冊5,000円。フランス製らしい。

*紙で作る地球儀。ハサミも接着剤も使わないで中心から組み立てる感動もの。作ったかたはDRILL DESIGN。

191229-earth.jpg

191229-7tennouz.jpg

*バックも買ってしまう。メーカーは『文具女子博』、、、とあった。(^^;)?

191229-5bag.jpg

そうです、女子は文具が大好きなのです。森林浴や月光浴があるように文具浴もカラダにいいはず、、、。
だからここはひとつボーイフレンドや彼氏とは行かないで女子だけの世界だぞと、オニの形相も見られたくないし、要らないもの買い込んで呆れられる事もなし。だからひとりでGo-Go-Gooo!
、、、と。

191229-8desk.jpg

*帰りのモノレールでうっかり天王洲駅を降り、勢い余ってお気に入りの文具やさん『on the desk』にも寄ってしまう

世の中それぞれの年末の過ごし方がある。
今年の反省なんかを人混みの中で感じるのも悪くないし、お世話になった人のこと、ありがとうの気持ちをスカスカの場所で想うのもいい。なあんてボーッとしてはいられない。
今年中に年賀状書きが待ってるし、Getした文具を使ってイザ、、、、

191229-9zidori.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

今年もエンディング(byコペルニクス)

スタジオの忘年会もアーティストとテキパキ女子のおかげで無事終わった。
コペルも3人それぞれの感謝モードになっていて、来年、という身近な未来に夢見がち。
当分SOLO活動が続くだろうになった。

113_1800-.jpg
忘年会のエンディング、午前0時のスタジオに龍雄君
左から木下純さん、ハスキーさん、Hiromiさん、コペ

コペは龍雄君とヒソヒソ話。ルニは工務店がらみエンタで頭を悩ませ、クスちゃんはこれ幸いとパソコンアニメ勉強モード入り。切換えの早さはいいが、いかにもアッサリと過ぎた事には振り返らずと、少々人間味に欠けてる気もする(汗;)

sc-nono.jpg
クスちゃん単独

なんだかんだ言っても年末の3人、それぞれがらみの録音やCD制作をしているので、スタジオにはチョコチョコ居る。何か急用あれば連絡してみるといい。
いつもは3人団体行動だったが、Soloになると一抹の淋しさを感じてしまうのは弱さの証明なのかもしれない。
時代の切れ目のような感じなのか、、、、。

IMG_3858-kaf.jpg
ルニはNee山君とKAF

と、忘年会の翌日の夜、コペル3人今年一応最後のミーティングは終了、少々早いけど皆様良いお年を、、、。

P.S. 写真は22日の忘年会LIVE『ヴェンタイン暮フェス』より。
来て頂いた36人の方々に心より感謝であります。


posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:48| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

忘年会アレコレ(byコペルニクス)

年末恒例のフェスまがいの忘年会をやります。

Banner-kurefes2019re.jpg

今年はお寺の事情で12月22日(冬至/日曜日)と異例の早さ。
まだ働いてる日にちっぽいジャン!クリスマス前の稼ぎ時ジャン!、、、エーッ仕事入れちゃったよ、他の忘年会とかぶってる、、、、などなど大ブーイング。

日曜日になったのはコペルのせいではないんよ〜(汗;;)
などと言ったところで現状は変わらない。

それでも、ビビアンや大越康子さんが駆けつけてくれるそうで、津軽三味線の岡田修さんがツアーから戻られて、お寺のお坊さん吉田龍雄君がきりーく代表で登場し、と少々顔ぶれも揃ってきて、、、、。

いいんだよ、別にスタジオ無くなる訳じゃないし、来れる人だけで、、、と想ってたら、アレヨアレヨの出演定員オーバー。何とか時間をずらしてバッチリ!?
天気予報は雨、と出たけど、いつも外れるから期待しよう。

191219-1.jpg

バタバタしてたらコペルニクス3人揃っての出し物が、無かった!
あいつら音楽やってないジャンと後ろ指さされたらどうしよう(汗;;)
ともあれ、22日(日)の夕方5時から忘年会のスタート!
去年バカウケだったSawakoさんのお汁粉、今年は5時に振る舞われることに、、、、。人数分限りあるのでお味見されたいかたはぜひ早めにお越しくだされ。LIVEは6時半から音出し予定。盛り上がり過ぎないように気をつけるね。

191219-2.jpg

えっタダ酒飲めるなら行く、というヤツも、、OK。タダメシだってあるんだぞっと。
忘年会にいらっしゃれないかたにはこの場を借りて『良いお年を』!
いい年(高年令)になっちゃったコペルニクスでした。

*場所は恒例、蟠龍寺スタジオ(弁天しあた仕様)にて

191219-3.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:30| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

セーケンコータイ(by三木沢)

月イチ・スタジオ訪問が、いつしかレギュラー化して来ました。例によってミキシングルームにコペさん、何故か長ランを着ていて、応援団長のように妖しいやら怖いやら。忘年会が22日(日曜日)になったとかで、えっ毎年25日とか29日とかおしせまりではなくなったのですか。残念ですが僕は来れません。

191215-1.jpg

噂では本家蟠龍寺の龍雄さんとコペさんの政権交替問題がささやかれているようです。誰もいないので思い切って本人に尋ねてみた。答えは「それもイイネ」とサラリ。相変わらずわかりにくい。お寺に挨拶をし、弁天ハウスのクスちゃんさんに千葉名産のお届け物をしました。真相をクスさんにも尋ねてみましたが「どうだろう、銀ちゃんに聞いたほうが?」などとこれまたわかりにくいアンサー、こうなったらとことんニャーっと寄ってきた銀ちゃんにマジ質問です。

191215-2.jpg

もちろん答えはなくてこの一件は先送りのヘタをするとヤミの中ですが、龍雄さんに移ってからヨッシーR君へと引き継がれるんですかね。そういう流れが一般的に自然の成り行きなんだろうと思いました。

191215-3.jpg

そのプロジェクトを進めているのがコペルニクスというのがおおかたの見方ですね。「そうだよね?」と言うと寺の参道で遠くからニャーの声が、、、、、、。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

最短ルート(byルニ)

ベースの新山とのユニットKAF(カフ)。
復活の目的は世界へ向けての配信だ!

191212-1.jpg
ただいまリハーサル中

いろいろと探してスポティファイに辿り着く。
始めてから4ヶ月。アクセス数が13000回数を越えた。その要因は個人的PRシステムが有効らしい。もともとスウェーデンのサイトだったせいかヨーロッパに強く、新しいユーザーを掘り起こしてくれる。アメリカに広まってからかなりの数のユーザーがスタッフのように手伝ってくれる。
が、まだまだ権利関係も含めて不明な点は多い。

191212-3.jpg
Spotifyからこんなお知らせも来た


そんな時クスちゃんから緊急連絡。
彼女が創ってくれたKAFのPV動画(YouTube)に楽曲無断使用の警告がはいってきたと。『いやいや本人です』と答えてもCD Babyという会社がガンと言って訴えを取り下げない。
いつもだったら『そうでしたねすいません』と言う相手なのに、と不思議そう。そのうち『その楽曲はventain recordsのものだから』とか言ってきた。『いやいやそのventain recordsです』と答えても通じず。マァいっかと諦めたらしい。

新しい試みはいつだってハードルがある。IT関連だとそのハードルが多岐に渡りたくさんある。多少のお金もかけたほうが楽しいし、海外の反応も面白い。時々立ち止まってしまう。
それでも引き続き調べて全てが判明するのに日時がかかりそうだ。

191212-2.jpg
KAFの音楽を聴いてくれた人は51カ国に及んだ
まったく言語が通じない人もいれば隣人のような親日家も

スタジオに立ち寄ってみたらコペちゃん一人。
何やら文章の下書きを2Bの鉛筆で。
『相手は?』と尋ねると、A Happy NewYear的な、、、で、送り先はロンドン、NY、イタリア、香港、こちらはアナログチックに面と向かっていて、ある意味サスガ、、、。

ともあれ、この一件、結果が出たら皆さんに報告するつもり。
コペルニクスはいつも最短距離を探している。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

お寺イベントの顛末(byクスちゃん)

ホームページで告知をする。
プロモーションしてくれたら基本載せる。
中にはユニークで珍し系もあってPick Upしたりする事もあるけど、はてさてコチラの感覚がよろしいのかどうかの問題は残る。
時々お叱りも受けるけど、メゲることなく続いちゃってる。

191210-1.jpg

本家・岩や弁天蟠龍寺のイベント仕切りはTATSUO副住職。
最近はスタジオや弁天しあたとのコラボもあったりする。

お寺イベント告知をするのはいいけれど、結果報告を忘れちゃったりするコペルニクス。。。要注意!
というわけで今日は12月8日のご報告などを、、、。

先日の大駱駝艦のイベントはもともとは増上寺でのTATSU氏の出逢いに端を発する。この日は1日3回公演でハード、それでも各回超満席になって、外国のかたのお姿もあり。コートをお預かりすることもお座布団も感動してくれる。外国のかたはイギリスとスウェーデンからだそうで、普通に舞踏を知ってる。ここ下目黒3丁目も、ご近所に土方巽ご夫妻のアスベスト館があったので舞踏がなじんではいる。

191210-3.jpg
塩谷さんのFacebookからお借りしました
こんなお茶会(をちゃかい)、、

舞踏の真っ白Faceは歌舞伎の白塗りだそう。奇妙な振付けはニッポンのお家芸、お茶とDJもからんでかなり進化してて、モーニングの編集者さんが名付けて下さった『をてらをどりをちゃ』というステキなイベント名がピッタリ。
『あの…白くなったら気持ち変わりますか』と尋ねると塩谷智司さんは『すでに今は自分ではないような、、、』とのこと。
(子供ショーでウルトラマンさんと楽屋で逢った感じに似てるなあ〜)

191210-2.jpg
我妻恵美子さんと
銀ちゃんも恵美子さんがだ〜い好き!

皆様にオススメしたいイベントだけど、取材して楽屋まで入れて頂いたのにウーム何とも文章にはなりづらい。
こ、これはどう伝へるんだい、高レベルパフォーマンスだってことはきっと間違いないだろうけど。とにかく次回があったら来てね!と言うしかなひ。

191210-tatsu2.jpg
TATSU氏、、、皆さん口々に
『仁王様を見た、、、!』と。

191210-tomomitsu2.jpg

蟠龍寺スタジオではDJナイトでおなじみ
(ホントはお坊さん)友光さん、、
この時のために断髪もして『なんかスッキリ
つきものが落ちたみたいな気分…』とのこと
(写真はFacebookよりお借りしました)

取材を通して感じたことをひとつ、当の大駱駝艦ご本人たちが一番気さくで、いろんな経験をした人の爽快感があった。なんだか昔気質のミュージシャンに出逢った時のようで嬉しかった。
そう、イザという時に強力な味方になってくれそうな、仲間のような。こ、これも伝へ切れないナ。ちょいと取材の仕方、勉強しなくちゃネ。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:54| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

礼儀作法品格伝統(byコペ)

お寺で生まれ育った私、、、。
一応の礼儀作法を教えられる。

子供の頃から環境的にお茶やお花の初歩や、お経の一節も必修っぽい。
さらに大人になるとお布施とかお香典などのしきたりも日常的に目の当たりにする。
けれどこれが世間一般常識と同じとは限らない。
年末のお歳暮のお返し、年賀状のやりとり、最近だったらメール交換の礼儀もあるかもしれない。
習った通りにやってみるものの、数が多いときは対処しきれず時には失礼してしまうこともあり、、、、

191204-3.jpg

金沢で出逢った若きカップルがやって来た。結婚披露宴でコペルニクスが演奏参加した流れがあって、地元のお酒を携えて挨拶に来てくれた。

191204-4.jpg

ご両親からご挨拶してみたらと促してもらったのか、それとももともと品格のあるお二人のセンスかもしれない。
いずれにしても今や珍しいレアなことかもしれなかった。

191204-2.jpg

こちらは丁重にお受けしたものの彼らが帰った後、なんとも言えない爽やか感が残った。礼儀シキタリはカタクルシー、少々窮屈に想う時もあったけど、これはこれでよろしいこと。
午後のひととき、近年では珍しい一日となった。

これからもお2人を応援するぞと心の中で誓ったものの、サテ、コペルニクスで何が出来るのかと腕組みしてしまった。
後片付けのクスちゃんがポツリ、『ゴアイサツおそれいりましたの午後、、、』と意味不明な単語を発した。どうやら彼女も同じ気分だったのだろう。
さて頂いたお酒のお返しはどうしよう、お返ししたらまたお返しが来るのかもしれない。えんえん続いちゃうのも品格のなせる技か、、、?

191204-1.jpg
左上から)Yumickママ、Nobickパパ、
Marinaちゃん、Yoshiyukiさん
KOPE、当日来れず無念のルニ、クスちゃん自撮りヘタ


posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:33| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする