2020年12月03日

イケない!(byクスちゃん)

201203.jpg

イケない気分になってしまった。珍しく『欲』ってヤツだ。
食品衛生責任者の資格を数年前に習得したのは、ライブハウスでお食事を提供出来るようにするためだった。弁天しあたでは大手を振ってスナックをお出し出来てそれは意味アリだった。

でも今日の話題は、必要に迫られてではない。クスちゃんは野心を持ってしまったのだ。資格を取った後に『宇宙食』の講座があり、誰でも宇宙食の応募が出来るとわかって、、、

201203-flyer.jpg
当日の講座の資料より

そこで国際宇宙ステーションの宇宙日本食(和食)部門に応募しようと思い立ったのがそもそもの間違い。
音楽仲間のギタリスト、MOTO-Gさんがステーション情報をマメにしてくれていて、いつしかISS飛行にも興味を持って、、、

しかし想いと実際はウラハラ。何より2年保存が出来ることを証明するのが難しく、けっこう費用と時間がかかるし果たして日本の宇宙飛行士に好きキライはあるのか?などなどハードルがいっぱいあった。

こりゃあ宇宙へ行くよりムズイ、と気づいたらあっと言う間の2020年。野口聡一宇宙飛行士は審査を通った和食をかかえて宇宙へ飛び立った。ちなみに先日のYouTube生配信、、、いよいよ野口飛行士が地球からのインタビューに、宇宙日本食をいっぱい持たされて困惑してるように見受けられた。

今回の一件でコペ、ルニからの冷たい視線『オマエはどこに向かっているんだ』というのもあったりで大反省しきり。
クスちゃんの宇宙への挑戦はあえなく断念、ステーションには辿り着けない、という顛末でした。
まっ、近々『宇宙食堂』っていうマンガでも書けたらいいナ。

201203-study.jpg
一番奥がJAXAトレーナーの山方先生(再アップ)
*宇宙日本食の主催はJAXAで、今回は小豆島の三澤さん達がちりめん山椒で当選などなど民間からも。
申請の書類提出が大変だったそう、、、ただいま大手ハウス食品が勢力を伸ばしてる様相。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:51| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

ROCKな2days(byクスちゃん)

弁天しあたが盛り上がってる。
どうやらコペちゃんあたりがアオってるみたいだけど、とにかく少人数で爆裂の2日連続、2daysとなりました。

201128-okada1.jpg

津軽三味線奏者・岡田修さんの新曲は、三味線をロックギータに見立てたという作品。自宅配信に煮詰まったとかで、弁天しあたでスマホ録り。ならばこちらもせっかくなので記録にDVカメラで収録参戦。会場のセッティングはコペちゃんです。
グランドピアノもひとりで動かしちゃうんだけど、腰はだいじょうぶなのか、は、さておき無事終了。楽しいイベントとしても消毒と換気は小マメにね、とのこと。

201128-okada3.jpg
後ろ姿はサトミックさん。今回は作詞も担当!

翌日はTAKESHIさん。ミニP.Aセットを購入したそうで、弁天しあたにてLIVEシュミレーション。タクのシステムはコペちゃんがマネージャーの西澤さんにいろいろ説明してあげてた。
どうやらTAKESHIさんはギターの弾き語りLIVEがどこでも出来るようにと開催をもくろんでるみたい。
P.A.担いでワールドツアーが出来ますねぇ、、、と思ったけど、それはストリートLIVEですね。
夢は膨らみます。

201128-takeshi3.jpg

しあたレイアウトで気分が上向きになったところでパチリ。
ひさしぶりのさわやかFace、そうそう、それでいいのだ!アナタの魅力はそこだよ!
などなど、2日連続のイベント楽日となったのはコペちゃんの作戦だったのか?と想いきや、何となく問いただすと『彼らがただただ元気なだけさ』と、床にうっぷしたままポツリ。


201128-takeshi2.jpg

いずれにしてもこのご時勢に、2組の活動でスタジオも良き景色となりました。
*次回弁天しあたは12月6日(日)ITの無観客生配信の予定です☆
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:21| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

目黒の飛び地(byルニ)


スタジオに寄ってみたら、やたら楽器や機材が出してあって、、、、。
古いオーディオとマニュアル無しで格闘しているコペちゃん。MDがどうしても廻らないとかブツブツ言ってる。MD、なんか懐かしいですねー

201125-md.jpg

MixingRoomの奥では、あの天才エンジニアの高橋洋一さんが、狂人、いや強靭の目つきでベリンガー・コンプを直している。とてもはいりこめる雰囲気ではないのでお隣の弁天ハウスへ。

ドアを開くと例のごとく、クスちゃんがCDジャケットデザインの真っ最中。これはかかわらないほうが良さそうだと思ったけど、いやいやKAFのアルバムだから自分たちのだしと逃げ出すわけにもいかないでしょう、あれこれ打ち合せ注文難癖つけてみる。

201125-cd.jpg

その後またスタジオに戻ると、高橋さんを筆頭にBass修理が行われている。
なぜかベース奏者石井タカシと、ベース奏者?ノビックの両者が、調子のワルいベースをスタジオに置いていったそうだ。2台のベースのメンテナンス無事終了。

201125-bass.jpg

時は夕刻の4時である。このあと彼らはいつまでか没頭してスタジオ・メンテナンスをするのだろう。メンテナンスは貴重だ。高橋さんいわく、修理人、特に外国製品の修理をする人がかなり減ってしまって大忙しなんだそう。この時期はLIVEよりレコーディングでむしろ機材修理が多そうだ。この辺はコロナ禍は関係なく忙しい。MDは今日のところは廻らなかったが、KAFのアルバムは音楽配信とCD発売だから良しとしよう。

201125-taku.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:16| 東京 🌁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

先送り(byクスちゃん)

朝起きて『オハヨ〜』と、ベランダに鳥たちが来ている。カップにパンくずを置くようになってから、ヤツらにはバカうけなのか、カフェのオープン前に出来た行列みたいだ。

下に降りるとすでに朝食がワンディッシュ用意されてて、私の苦手なメニュー。鳥じゃないけど、ありがたし、ありがたし、最後の紅茶を飲みながらメールチェック。オッと朝のPCは立ち上がりが遅い、、、。ハテナなメーッセージの返事は内線11番。スタジオにいるコペちゃんにご意見を伺う。

201120-cd1.jpg


今日は何する?と思ってたら、玄関近くにすでにCD-マスターBoxが山のように置いてある、、、、。
コレ、整理しろ!ということ!?
が、よくよく考えたらこの件は昨日私がついうっかり口走った提案であった、、、。ヤルと宣言したことを思い出す。シマッタ、余計なことを言ってしまったな、、、。
それでも中にはお宝がいっぱい。始めてしまえばこりゃ楽しー。

201120-cd2.jpg
生かされるのか死んでまうのかわからないCDマスターは
この箱に入れてしまいます

なんてやってるうちに2階のパソコンで、動画のレンダリング終了。反省室、もとい編集室にて。
しめしめ、これでPVが1本出来上がり、、、。

201120-edit.jpg

アレッもう夕方じゃないか。突然ルニちゃん登場。

ちょうどグッドタイミング。ジャズシンガー玉緒さんのWebCMナレーションをひとことよろしく!、、、ってワケで、ルニちゃんの声収録。コメントフレーズはまたまた内線11番。

あっ、MOTO-Gさんからメッセージがはいってきた。エッ、ISS、17時35分に南東の空を見よ!?

201120-star2.jpg

月、火星、金星、土星しか見えないよ〜、と思ってたら、オーッ来た来た、白い宇宙ステーションがヒュ〜ッと下目黒の夜空を飛んで行く、速い速い。そうだよね、ただいま野口宇宙飛行士が搭乗中、手を振ったら振り返してくれたよ(^^;) 
今夜は何を食べるのかな、食品衛生管理者の資格を取ったとき宇宙食の講座を受けてみた。宇宙食も和食がなかなかのにぎわいで、ロシア飛行士には『サバの味噌煮』が人気だそう。

昨日はYouTubeで宇宙船ドッキングの様子が生配信されてた。もちろん無観客だから拍手はなかった。宇宙も近くなりました。宇宙ステーションを見上げるルニちゃん…(地球人?)。

201120-star1.jpg

無事終わると今度はビビアンから『生配信はじめま〜す』
ミドリネコちゃんとウッシーも登場で、コペルニクス3人で観覧。終了時にはコペルニクスで大拍手。

201120-vivipaso.jpg

もろもろ無事終了で疲れ果て、ミーティングは今度でいっか〜と先送り。明日もあるんだからね。

201120-vivi.jpg

えっと、次回もまた先送りになったりするかも? 見切り発車と先送りで、コペルニクスの活動は何とか続いてゆく。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:10| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

オンラインLIVE(byコペ)


201115-0.jpg

特別、何かイベントや仕事があるわけじゃなかったのに、日々が大急ぎで通り過ぎてしまう。日が暮れるのが早くなったのか?という訳でもあるまい。
TAKESHIが、そしてユリちゃんが、歌練習にやってくる他はほぼほぼ相談ごとの来訪者が多い。コロナ騒ぎになってからは急増した。どうにかなるのか?、蟠龍寺スタジオはそんなチカラがあるのか?、と、調べもの。
空を仰いで考えて、そのかたの心に潜む願いを知り、具体案をさぐり、出来るだけの準備をする。

201115-1.jpg
CDタイトル『IT』のロゴを飾りました


201115-2.jpg
Pf 石渡雅裕さん、Vo木村玉緒さん

そんな中でのLIVE配信のお手伝い。資金不足の折り手作りの図画工作が頼り。Wi-Fiも飛んでないのでなかなかの戦いだ。特に土曜日の夕方からは回線も混雑してきて切れやすいそう。そろそろ回線工事が視野にはいってきた。

201115-4.jpg

ジャズシンガーの玉緒さんの熱意にほだされて、ばたばたとセッティング。今回はヴェンタイン発CDの告知も兼ねる。コペの司令で、走り回ってプリントアウトするクスちゃん、突然の依頼によるカメラ廻し。
みんなー、ネットCMつくるぞ〜〜なんて言ってるうちに夕方。

今日も一日が早い。明日はもっと短い一日になるのだろう。(*上記バナーは玉緒さん作)

201115-3.jpg

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:42| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

レッスン、練習、連続、連弾、錬磨(byコペ)


これ見よがしに六絃打を見せてくるセクシーな男。
さぁさぁお立ち会い、松山に発する、、、いや『ハッスル』なところのTAKESHIここに在りぃ〜

201107-1.jpg

自粛の日々の中、何か思いついたのかギターを猛練習している。濱中祐司先生はもったいないほどの名ギタリスト。2−3回もレッスンつけてもらったら元の木阿弥さ、などと、タカをくくっていたけれど、今回のTAKESHIはレッスンをずーっと続けている。

20117-hama.png
ベテランギタリスト、作曲家でもある、濱中先生。。。


しかも最初の頃は隔週だったのに、只今毎週という勢い。
どこかワルいのか?何かの前ブレか?と茶化しても、ハハッと笑われてかわされる。
自分の音楽性を見透かす事が大事、、、とは、先生も言わないだろう。とてもいい感じのレッスン風景が繰り広げられ、自粛のネガティブ空気はここには存在しない。

201107-2.jpg

そんなこんなの日に『あしたも歌練したいの!』と田口ユリちゃんからTEL。ユリちゃんもそこはかとなく気づいたらしく前回から引き続きこのままレギュラー化の様相。ヨシヨシ、みんなバリッと練習しようぜ。

201107-3.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

ザリガニの居ない代官山で…(byクスちゃん)

週末の朝だった。

買い出しついでに前から気になってた展示会をのぞいてみることに。
代官山のおしゃれな本屋さん、蔦屋本店でイギリスのインディーズレーベル『ラフトレード』展をやってると言う。。。

201102-03.jpg

まずはコペちゃん誘い。すると彼は、、、
『代官山には、もうザリガニは居ない。行きたくない』
コペちゃんはご幼少の頃、代官山でザリガニ採りをしてたらしい。今は立派な複合施設の都市計画まっただ中、、、
イヤイヤの彼を『ゴチャゴチャ言うんじゃねー』と強制連行に。
蟠龍寺スタジオからテクテクと歩いてゆく、、、、どこまでも歩くコペちゃん、、、

201102-02.jpg


一方ルニちゃんは現場仕事の帰り、ということで代官山駅で待ってたら後ろから職人さんの工務店トラックに乗せられてやってきた。社長さん風情だ。そんなわけでひさしぶりにコペルニクスそろいぶみ。。。

201102-01.jpg

代官山は予想以上の人波。午前中に急いで展示会場へ。
蔦屋のフロアは全館オシャレすぎてアタマ痛くなる。展示してるこのレーベル、あまりに小さいのでわがヴェンタインレコーベルとイメージがかぶる。
同じ島国同士の無理矢理ガンバッてる感がボクらの共感を誘い涙を誘った。一緒に頑張って来たんだよね。

201102-04.jpg

所属のギタリスト、ジョニー・マーさん(Theスミス)はイギリスのルニちゃんだと思う。

Marr2.jpgRni2.jpg
この二人は仲良しっぽい
(左:ジョニーマーさん、右:ルニちゃん)

しかしついにコペちゃんが、ほれみろやっぱりザリガニが居ないじゃないかと騒ぎ出し、ここピアノがあるよとか言ってごまかすもいよいよこの場は強制終了、、、。

201102-kope.jpg
コペちゃんはこのフォントがお気に入り

いつものメキシコ料理はあきらめの季節で、案外近い渋谷東急ハンズまでスタジオの壁に塗るリキテックスを買いに。渋谷はわりとガラガラで、映画館の前を通ったら映画『アイヌモシリ』(秋辺デボさん出演なう)上映もお客さんが少なそう。。。


コペルニクス・ミーティングはそんなわけで失敗したので次回に持ち越しに。
レーベル存続、果たして大丈夫なのか? 

そのうちヴェンタインレコード展やってみようよ、ザリガニの居る下目黒で。

201102-panic.jpg

*ヴェンタインレコードのはじまりバンド『パニックボタン』は、ちょっとラフトレードを意識してたそうです(since 1990)
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:03| 東京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

やってくれそうな、、、(by三木沢拓美)

東京へ諸々調達に行きまして、最後に蟠龍寺スタジオへと行きました。先輩のコペルニクスの人達にご様子伺いをする。部屋はがらんとしていて、パソコンには猫の銀ちゃんがへばりついておりました、何とも愛らしいお姿でして。

201026-gin.jpg

誰も居ないので各部屋を巡る。意外ときれいなスタジオ、前回来た時には「消毒しすぎると綺麗になる」などとコペさんが言っていた。そう言えばほんのりアルコールの香りがします。お寺の庭をササッと横切ったように見えたのはルニさん。例によって建築のメンテナンスで呼ばれたらしい。それにしてもクスさんが居ません、いつもだったらパソコンの前にいるか、その辺の床にバッタリと倒れているかのどちらかなのですが、、、! このかたかなりのインドアさんらしく、よく声をかけてくれて気さくな人なのですが、実はコミュニケーションが大の苦手なんだそうです。昔々スタジオに来出してから少しずつ変わっていったそうだ。今でもそれでもちょっぴり苦手なんだとか!
けっきょく、誰とも会話出来ずに千倉に帰ることになりました。

201026-studio.jpg

テーブルにメモをおいておいたおかげで夜にコペさんから電話をもらった。グダグダと言い訳をされたけれど何だかホッとしました。三人ともかなり動き回っているらしいからちょっと期待する。何かやってくれるのかもしれないし、そうでもないような。

201026-txt.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

ヨコハマたそがれ(byルニ)

『ヨコハマは皆が言うほどシャレてない〜』
ヴェンタインレコードの大ヒット曲!?、誰かが歌っていたけれど、まさに今日は実感することに。。。
横浜の知人はオシャレなヤツが多いけど、定番スポットのチョイ裏あたりについつい足が向いてしまう。

IMG_4682.JPG

そもそもコペルニクスという俺たちのユニットは、横浜のイベント仕事がきっかけで結成となった。なので横浜に来ると意味もなく感慨深くなってしまう。
2000年の横浜シェラトンホテルでのサンリオ夏祭り、UFO屋敷のブースをなんとかしてくれ〜と頼まれて、ウソのUFO写真やジオラマを3人で創った。隣室ではグッチ裕三さんが『ジェームスブラウン管祭り』をやっていた。
UFO写真展は思ったよりも好評で子どもたちからたくさんの手紙をもらい、ノベルティにミニCDアルバムをプレゼント、そう、だからコペルニクスは元々音楽的なバンドではないのだ。
のちに、おなじみのタレントのバッキングでバンドまがいの活動もたくさんやったけど、クスちゃんの天然ウケをメインに、あっというまに20年も続いちゃった。

IMG_4681.JPG
コペちゃんと、リッキーさんのLIVEを見たフライデー。営業してたのでホッとした。

IMG_4679.JPG
クスちゃんとXマス子供ショーをやったアメリカ山。俺はトナカイになった。

そんな事を思い出しつつ、横浜小旅行の最後はチョイ飲み。

IMG_4680.JPG

『ヨコハマは皆が言うほどシャレてない〜』と演奏してたのは松井イチローさんだっけ。
彼は『野毛で一杯はいいよ』と言ってたので、寄ってみたがハジかれ、結局元町の入り口から伊勢佐木町まで。
グダグダになって一人黄昏れた。
コペ、クスに、『一緒に来ないか』と連絡したけど応答なし。マッたまには一人知らない店もいいっか、、、。と、ヨコハマたそがれ。

IMG_4683.JPG
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

どうやって使うの?(byコペルニクス)

自粛期間中の弁天しあた使用について。
コペルニクス3人でいろいろミーティングするも、コレという決定打がない。
近場のアーティストからの要望に対応して流れていくのが案外正解のような気がする。
 
201018-zoom.jpg

全国店装チェーンという建築組合の会合&アフターLIVEは我がルニちゃん頑張りの図。講演会のあとの『カゼマチバンド』のLIVEも弁天しあたからの発信と相成った。
全国各地の会員の皆さんによるリモート研修会も成功だったが、余興のバンド演奏もZOOMでやるという。これはやっぱり音がズレるディレイ問題が、、、、。

201018-kaze2.jpg

機材を揃えてシュミレーションと行きたいところだが、コロナ対策によるこんな時期はいつまで続くかわからない。コロナ明けでやっぱりリモートより生LIVE、なんてことになりかねない。そしたらせっかく買った機材のひとつやふたつ、忘れられてしまうかも、、、。そう思うとレンタルが正しいのかな。

201018-vivi2.jpg

それでも同日夜にはビビアンの生配信LIVEが行われた。
せっかくなのでカゼマチバンドの打上げとコラボとなり、プロジェクターを使っての大画面鑑賞会での大勝利!?
こちら音はすこぶる良く、P.Aを通して迫力満点。ピアノのミドリネコちゃんも大活躍でビビアンの歌の実力も充分伝わった。しかもこちらのお客の反応を生配信で送ってとの新しい司令も、、、! 拍手が届くといいなあ〜

201018-vivi1.jpg

翌日には半年ぶりの田口ユリ。
元アイドル、とは言え、歌レッスンしないとヤバイ、とかで、ガンガン1人占めスタジオ閉鎖。放っておくとバク転しそうな勢いで、事情を尋ねるとカラオケBoxは危ないのでは、自宅で大声はご近所迷惑、北千住の適度に顔見知りスタジオも無く、なぜか『弁天しあたなら大丈夫でしょ』と、よくワカラン答えが、、、。

201018-yuri.jpg

とにもかくにもと対応していたら、昔、ここ界隈を出入りしていた小泉明子さんがフラリと訪ねられた。
ゲゲゲ、わっか〜!
美人ジャズピアニスト&シンガーは話しも独特で、不思議なオーラがあり、ふらふらっとスタジオの価値もあがったような、、、。すぐご近所に南インドレストランを開いたそうで、だったらスペース使用チェックに行ってみよう。みんなけっこう工夫していると思うけど、お知恵拝借を国際的にナマステ。

『ライブをやるならどうやって使うの?』

201018-indo.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:41| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする