2022年01月22日

全国横丁巡り(byルニ)

カゼマチバンドの2月LIVEが中止余儀なくされ少々落胆の俺。もともとバンド名のカゼマチは『風待横丁』という歌からつけた名前で、そう言えば俺は横丁が好きらしい。

コロナが収まっていた頃に、行く先々での酒場所巡り。酒量より風情有りき。旅先には粋なところがあるもので、仕事帰りにひとりフラリと探して見知らぬ店にはいったりする。

仙台.jpg

仙台の文化横丁。
横丁はどこも人通りはあるもののひっそりした印象が多い。ここはとにかく昭和な名前が良い。文化とは仕事終わりに疲れを取るのに最適かと想われる。

福岡.jpg

飛んで九州は福岡で人形小路。ショウジと読ませる。100メートル無い路地裏にびっしりと店がつらなり、都内で言えば新宿ゴールデン街に匹敵するところか。アヤシいデンキブランがあるかと思いきや意外と女子に人気だそうで、この時はアヤシいものは何も見当たらなかった。

たぶん秋葉.jpg

そして隅田川のほとりに戻ってホッとする。アキバ
駅に近いわりには静寂のここは俺の指定席である。カフェバーのオシャレ感がハンパなく、気取って振る舞って気疲れ少々、イングリッシュなサンドとビールでイギリス紳士のテムズ川気分、、、

宮城砂肝.jpg

そんなこんなの酒場通いも今は自粛が先。仕方有るまいがあのグダグダな横丁をさまよう自分が懐かしい。
酔うとあばれるコペ、急に色っぽくなるクスちゃん、からの連絡。宅飲みの用意をしたよ!のメッセージ。おっとこれも又いい景色になりそう。行き着く先は下目黒横丁ってか。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月17日

アヤシイ一族(byクスちゃん)

コペちゃんの一族はちょっとアヤシイ。このアヤシイとは…ミュージシャンぽい憧れの言葉なのだ。

220117.jpg

本日ノーコンタクトで蟠龍寺スタジオにフラリ寄りしてくれたのは、彼の従妹の子にあたるチコちゃん。
一時期ヴェンタインで歌を歌ったり、CDブックをリリースしたり、デザイン関係のちょい仕事をやってたりした女の子。

1222chiko2.jpg

不思議な可愛さがあったから男性にエライ人気があった。写真嫌いでほとんど素顔をあらわさない。なぜかコペちゃんになついてて彼女に合わせてコペもアヤシい。

何年ぶりかの突然時間も15分ほど、疾風のように吹き抜けたチコちゃんは、次なる世界へ行こうとしてた。ジンセイの質問にアレコレ答えたコペちゃん、コネコネルートやノウハウを追い風フォローしてたみたい。
彼女の帰った後のゲストルームにはアヤシイ空気がほんのりと残っていた。

chiko-st.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月14日

初詣(byコペ)


新年、蟠龍寺のお寺のほうへお参り人が例年よりちょっと増した。コロナのせいでハトバスの山手七福神巡りは中止になったが、密度が薄い蟠龍寺はちょうどいいお散歩コース。
中でも今年は家族連れの音楽仲間がちょいちょいと。
アーティストファミリーはお参りついでに蟠龍寺スタジオにも寄って下さった。


220114-tera.jpg

ヴィオリストの田中景子さん。ファミリーには明らかに天才のお嬢さんがいてスタジオで大暴れ。ドラムを叩くわ、ピアノを弾きまくるわ、ギターをかき鳴らすわのパフォーマンス。かなり音楽的だからどうしても将来の期待をしてしまう。

220114-keiko2.jpg

コーラスグループでおなじみ『サーカス』の新たなメンバー、ありさファミリー。オリジナルメンバーのお嬢さんにあたる彼女。サーカスへは大昔、楽曲提供したいきさつもあって、何となく親戚のような長〜いおつきあいとなった。ありさちゃんのあらたな息子さんが大のトーマスマニア。スタジオになぜかあったトーマスグッズを離さない。意志がハッキリとして、ひとめでクレバーボーイとわかる。将来に期待して進呈。

220114-arisa.jpg


時々次の時代を夢想する。夢は次の時代に期待する。ちいさき子供、しかもアーティスト関係の次世代の子供を見るたびワクワクしてしまう。なぜかその日一日ハッピーになる。そんなそんな新年アタマの日々であった。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月10日

明けましておめでとうございます(byコペルニクス)

Koper-all.jpg


年が明けた。と言うものの、すでに本日は成人式であった。今年2度目のお祝い日である。


*元旦の午前0時、恒例の蟠龍寺での読経から2022年もスタートです
ヨッシー君のお焼香、コペ兄が住職、甥っ子が副住職

115_4249-s.jpg


例年にくらべ、我らコペルニクスは新年にもう3回ほど集合している。年末年始に音楽制作に関わっていた人が次々と他界、、、。

ご挨拶やお手伝いなどで割合と忙しかったからだ。
そんな中、立ち寄ったりついでだったりで集合の時もあった。


中でもこのお正月、寅さんの居ない『柴又詣で』、、、、

220110-sibamata.jpg

葬儀後の桜新町でフト目黒行きバス停留所の前にあった『長谷川町子(サザエさん)記念館』、、、

220110-sazae.jpg

笠野さん撮影ロケでは三越が閉店して人のいない『恵比寿ガーデンプレイス』、、、などが収穫であった。

220110-kasano.jpg

コペルは今年もなにかと誰かさんと関わってゆく1年であろう。ただひとつ心配なのは自分たちがけっこういい年になった事。成人式も2〜3度繰り返している真っ最中。

なんとか体力だけは、気力は、欲望も、お祈りして、小走り、飛脚、ぱしり、混沌、迷走、編み物、コタツ、、、運不運もあるだろうが、どうやら今年も荒れそうな予感がしている。
何とかご一緒に業界再編、といきたいところ、、!
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:29| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月25日

昭和の元アイドル(byクスちゃん)

メリークリスマス、、、ってわけだからじゃないけど、このところ音楽仲間からプレゼントを頂いてちょっとうれしい季節になった。

211225-3nin.jpg
(クスちゃん、カンコちゃん、島さん)

林寛子さんことカンコちゃんのラジオ番組『ラブリーアイランド』にお呼ばれされて出演、たいそう立派なキラキラのクリスマスプレゼント(お化粧品)と、さらにさらにカンコちゃんのアイドル復刻トレジャーボックスをプレゼントしてもらって、カードもサインもはいってて感激。

大先輩でカンコちゃんの親戚、島さんが『ファン待望の2万円近いお宝箱だよ、高く売れるよ』なんて軽口。もともと意気投合できてたからひさしぶりにみんなで昭和のアイドル時代の話で妙に盛り上がった。

211225-kanko.jpg

数日後『NONO没』のCD注文が舞い込んだ。発送にはオマケをつけようと想うけど、カンコちゃんみたいな2万円の写真集はないので私の缶バッチ、、、。少々迷ったけど、カンコちゃんいわくファンにとっては嬉しいもの、昭和のアイドルはみんなの心のささえだよって、言葉を思い出す。

胸をはって宝ものだって言い張ろうよ!そっか、何が価値が有る物かはその人によるし、基準も有りはしないもの、、、!
カンコちゃんのサプライズプレゼントまではいかないけれど心を込めて缶バッチを郵送したよ!

211225-nono.jpg

それにしても元アイドルをいつまで引きずれるのか、、、2022年はもうそこには居ないだろな、なにしてるンかなあ〜といろいろもの想いにふける年末であった。


八王子FM 77.5Mhz『林寛子のラブリーアイランド』
========================
*2週連続でゲスト出演します 
ゆく年くる年〜今年のしめくくりと2022年の新年の豊富
12月27日(月)22:00〜22:55 再放送は翌日28日(火)14:00
1月3日(月)22:00〜22:55 再放送は翌日4日(火)14:00
いずれもPCやスマホの『リスラジ』でどこでも聞けます
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月17日

東北ツアーにて想う(byルニ)

211217-3nin.jpg

宮城へ向かった。目的、先輩の御墓参り。時間制限無し、予算少々の旅。用事をすませて逢う人にも逢って、ジモトモの行きたい店にも立ち寄って、そして一緒に行った仲間と少々離れて想うことつらつら。

211217-nee.jpg

最近、コペルニクスの中で注目大の東北。いや、本当は土地というかそこに住む人々!
コペちゃんによれば、気持ちがフラット、言葉は控えめ、かなりストイック、本当は独自性が強く、好きなコトにはニヤッと笑う、、、などなど、特徴の数々をあげればキリがないそう。
そういえば、コペちゃんはよく北の人と長電話をしている。いろいろと機材の知識を収集しているらしい。
たしかに空気感が違う。吹き付ける風も違う。月の大きさも違う。きっと作り出す音楽だって違うに決まってる。

来年あたり、北の人の技術者や音楽家に触れてみようか、また行こう、と、よぎった。東北の景色を撮影しながらニヤッと笑ってみた俺であった。

211217-hata.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月13日

静かに受け止めます(byコペクスちゃん)

211213-nsp.jpg

このところ音楽業界では訃報が相次いでいる。
NSPの中村貴之君が旅立った。思えばスタジオ設立の前に、彼らと一緒に全国ツアーを回っていた。
その前は同じYAMAHAの所属で、仲も良かった。
NSPはスタジオ前身の境内にあったコペの離れ、プレハブにもよく来ていた。
中村君、あらためて冥福をお祈りする。

(by吉田コぺ)

211213-enjo.jpg

シンガーソングライター真っ盛りのころ、円丈さんとはちょっとした関わりがあった。
円丈さんは現代新作落語の第一人者。古典をあげるのが当然の頃とあって、当時から他の業界でも注目されていた。そんな中で初のちょっと意味不明なアルバムを出す事になった。
ジングルやナレーションを蟠龍寺スタジオでレコーディングすることになり、ディレクターの中村俊夫ことトシちゃんを中心にお手伝いの私もいきなり参加するハメに。
コーラスとガヤではあったけど『円丈!』と叫んだり手拍子を入れたり、たいへん楽しく参加させていただいた。その時に真近で拝見した高座、その圧巻の芸にはかなりの衝撃を受けた記憶がある。あらためて印象深い円丈さんにご冥福を祈ります。(byクスちゃん)
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月08日

現場主義(byクスちゃん)

211208-kope.jpg

『おつきあい願えませんか?』
と、コペちゃん。もうすぐ午後になる晴れた恵比寿へテクテク散歩と、、、。

その商業施設は、最近話題にならない。なぜなら何かの都合で多くのお店が閉じてしまって、ガーデンプレイス全体が工事中になっちゃってるからだ。
きれいなゴーストタウンにあえて歩いてゆくのがコペちゃん流たる由縁である。

211208-syanderia.jpg
*恒例のシャンデリアだけはいつものように準備万端


『何をなさろうとされているのでしょう?』との問いかけに、答えは『年末年始のお客様の観光案内』とのこと。東京を案内エトセトラの時の下見だそうで、シャッターの張り紙チェックは欠かせないんだそう。ネットで調べればイイジャン、と思ったけど、現場で直接見るほうがヒントとピントがあるって。そう言えばそんな気もする。

ちょっと刺激されたのか翌日、私は渋谷に居た。パソコン関連のいくつかをGetしてから画材探し。ここは今どき珍しく、ていねいな葉書でご案内が来る。コロナ禍でだいぶご無沙汰してたから覗いてみた。変わらぬ店員さんと買い付けにメッチャ時間のかかる常連の年配お客さん。いつの間にか時間が過ぎるも居心地良いのはナゼ?

211208-uematu.jpg

なんだか贅沢気分になったところにルニちゃんからのコール。
『今度の撮影ロケの事なんだけど』とテキパキつらつら。私から『君もどこか現地に行って見つけたらいいかも…』とクギを数本さしてヤロ〜としたら
『そういうクスちゃんこそロケに出て来たら』と反撃に遭ってしまった。

211208-shibuya.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:47| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月04日

風になった新井満さん(byコペ)

211204-all.jpg
*『千の風になって』スタジオ録音中
満さんとコペルニクスの想い出写真


作家の新井満が旅立った。
40年来のおつきあいの中で『千の風になって』が生まれた時、主に音楽制作部門で関わりが深かったコペルニクス。
数々のレコーディングの場面があり、数々の物語を共有出来ました。ある時は北海道函館にほど近い住処、大沼公園に立寄って湖上の茶会がいい想い出となった。

211204-yossy.jpg
*湖上の茶会での満さんとyossy.r君

211204-monyu.jpg
*大沼国定公園内にある新井満モニュメントにて

作家と音楽家は独特な関係があって、作品の出来上がる過程は音楽世界だけの場合と少し異なっている。
とてもここちよい時間だったことには間違いない。
風になった満さんに心からご冥福をお祈りします。勝手ながらステキなPhotoを数枚そえておきました。



YouTube動画
=======
*蟠龍寺スタジオのventainチャンネルでアップされてる満さん

新井満さんのご自宅を訪ねたときの函館ツアー動画

https://youtu.be/ktYeHqJCb04
新井満&コペルニ『マンダーランドへようこそ』ネットラジオ

https://youtu.be/40K6krNHtCI
新井満&てるみん『いのちのバトン』(Photo:ルスナさん&田口ユリちゃん)

https://youtu.be/01dWfnvc_PQ
新井満(五木寛之作詞)『望春譜』歌のレコーディング風景(2017年)
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:28| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月30日

弁天しあたイベント〜パブリックビュー(コペ)

211130-kippu.jpg
Ticket from 飯岡部長

先週末の『弁天しあた』。

ビートルズ新作映像とコロナ対策イベント実行お試し、、、、と、各々の事情により強行。
おそるおそるの15人程、久しぶりのHOTサンドやP.A.チェック、椅子の並びにワインの分配など、遠い2年昔のノウハウはまだ生きていた、、、。
ビートルズの人気はまだまだ衰える事がない。今も変わらず音楽的哲学的に評価が高い。『GET BACK』の8時間近い長旅も皆様ジッとジッとの鑑賞する姿には、プロのミュージシャンのストイックさがあった。

211130-movie.jpg

一方ロビー&ゲストルームでは、こちらママTalk爆裂で、デビュー当時の女子力高めとはまたひと味進化して、もはやベテランの強ささえ感じる音楽のアスリート女子たち。

ビートルズのリハーサル風景を淡々と映すそのリアルなスタジオ風景に、我が身を重ね合わせて涙ぐむ男性陣、、、

211130-a.jpg
Book from Nobick & 大川寛史君

をヨソに、

『世の中、ヤッテられないわよね〜』の連発には、ほのかに恐れさえ感じるワタクシであった、、、。

211130-mama.jpg
Bag from KANAN

ともあれ、久々の集会は大成功と言えよう。

これで弁天しあたの目処もたったし、おひさしの仲間たちとも逢えた。

211130-4nin.jpg
左から)クスやん、今回も『しあたガール』で大活躍の真理子さん、駆けつけたヴォーカル田口ユリちゃん、そしてヴィオラの田中景子さん…

211130-all.jpg
*(中央)映画視聴完全踏破して出てきたペブルスEtsuちゃん… バンド経験で映画が身につまされたそう

和気あいあいはさながらビートルズのメンバーやスタッフたちとの関係性とどこか繋がっているように感じた一日だった。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする