2020年12月03日

イケない!(byクスちゃん)

201203.jpg

イケない気分になってしまった。珍しく『欲』ってヤツだ。
食品衛生責任者の資格を数年前に習得したのは、ライブハウスでお食事を提供出来るようにするためだった。弁天しあたでは大手を振ってスナックをお出し出来てそれは意味アリだった。

でも今日の話題は、必要に迫られてではない。クスちゃんは野心を持ってしまったのだ。資格を取った後に『宇宙食』の講座があり、誰でも宇宙食の応募が出来るとわかって、、、

201203-flyer.jpg
当日の講座の資料より

そこで国際宇宙ステーションの宇宙日本食(和食)部門に応募しようと思い立ったのがそもそもの間違い。
音楽仲間のギタリスト、MOTO-Gさんがステーション情報をマメにしてくれていて、いつしかISS飛行にも興味を持って、、、

しかし想いと実際はウラハラ。何より2年保存が出来ることを証明するのが難しく、けっこう費用と時間がかかるし果たして日本の宇宙飛行士に好きキライはあるのか?などなどハードルがいっぱいあった。

こりゃあ宇宙へ行くよりムズイ、と気づいたらあっと言う間の2020年。野口聡一宇宙飛行士は審査を通った和食をかかえて宇宙へ飛び立った。ちなみに先日のYouTube生配信、、、いよいよ野口飛行士が地球からのインタビューに、宇宙日本食をいっぱい持たされて困惑してるように見受けられた。

今回の一件でコペ、ルニからの冷たい視線『オマエはどこに向かっているんだ』というのもあったりで大反省しきり。
クスちゃんの宇宙への挑戦はあえなく断念、ステーションには辿り着けない、という顛末でした。
まっ、近々『宇宙食堂』っていうマンガでも書けたらいいナ。

201203-study.jpg
一番奥がJAXAトレーナーの山方先生(再アップ)
*宇宙日本食の主催はJAXAで、今回は小豆島の三澤さん達がちりめん山椒で当選などなど民間からも。
申請の書類提出が大変だったそう、、、ただいま大手ハウス食品が勢力を伸ばしてる様相。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:51| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
壮大な夢へのチャレンジ、素適だと思います!

宇宙には底知れぬ魅力がありますよね・・
昔は、宇宙船と草原という構図が頭の中にあって、
文章にしてみたりもしました。

「宇宙食堂」楽しみにしています(*^-^*)
Posted by N子 at 2020年12月03日 14:48
>N子さん
いつもありがとうございます☆
壮大な夢へのチャレンジ!
シッパイに終わったクスちゃんです。

ちっちゃい夢へのチャレンジは諦めていません

それにしても『宇宙船と草原』も面白そうです。
『草原宇宙』とは何か、、、、
『銀河草原』とは何か、、、、
想像は止まりません

いつか、数年かかるかもだけど『宇宙食堂』をお届けしたいです。どうぞあきれず無理せずおつきあいくださいまし、、、。

って、そのころ弁天しあたは生き残ってるのか!?

Posted by クスちゃん at 2020年12月04日 16:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: