2019年10月03日

来月また来ます(byスタッフ三木沢)

秋の彼岸も過ぎ墓参りが出来たのは9月の終わりだった。帰りにスタジオに寄るとコペさんが走り回っていた。

「テキトーにスタッフブログを書いといてよ!」と言い放って消えてしまった。幸い来客もなく軽く掃除をしていたら、裏口から「どうもー」と言ってルニさん登場した。エレキギターのエフェクトボードを置いてササッと出ていく。片付けといてと言う事なんでしょうかね。

191003-rni.jpg


しかたないので弁天ハウスのクスさんを訪ねてみるとパソコンは立ち上がったままで机の上にはおそらくコンテンツに使うであろう資料が山積み。

191003-tirasi.jpg

アーティストのフライヤーやデジカメの手提げ袋
があって興味もさもあって覗いてみるとヴェンタインレコードのアーティストや関連のゲストの方々がいろいろと活動報告みたいな感じ。みんなコペルニクスの一部分しか知らないから意外とメモとか読むとけっこう不思議な組み合わせもあるようです。

191003-lalanew2.jpg
大窪崇人さんと森田学さん
一瞬LA-LA deuxかなっと思った

191003-gin.jpg
ピアノの海老ちゃんさんと銀ちゃん
海老さんはMOTO-Gさんの猫の里親さんだそうだ

191003-lanoche.jpg
松井イチローさんとLA NOCHEの皆さん
横浜JAZZプロムナード参加のリハらしいです

その時、2階から降りてきた内田アキラさんとバッタリ、彼はよく弁天ハウスに泊まっていて、今回は坂本美雨さんの東京ツアーを終えて名古屋に帰るとか言ったような。ソプラノサックス奏者だけど自称コペちゃんの弟子だそうで調律、それも古楽器の調律もしていて以前コペさんに尋ねたら「ううむ」と腕組み状態。

191003-akira.jpg
チェンバロをバラバラにして
自室へ運んでいた、、、!

コペル3人は今どちらへと尋ねてみると少々情報があった。
こまかいイベントプロデュースの隙間で音楽制作仕事をしてはシッカリと稼いでいるらしいけど、けっこう機械的事故が頻発してて機材調達とか修理でたいへんらしい。ここはビンテージですからね。訳がわからずそろそろおいとましようとしたらコペさんが急にかえってきて「書けたかー!」って、この人相変わらずせっかちだからササッと書いて原稿を渡すことにしよう。5分ほどしてクスさんが戻ってきて「資料見たん?」とこちらもゼイゼイ言ってるし。遠くから車の音とルニさんの声が。「クスちゃん、行くよー」

191003-nenbutu.jpg
イベント、、、カラダがフヌケのカゴメカゴメのような
あったか〜い女子の合唱が聞こえてました

ってどこへ行くんですかね、このザワツキにつき合うのは私には無理です。同行するのはパスして、後はよろしくと来月また来ます。スタッフ三木沢のブログでした。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: