2019年06月28日

秋葉原っぱ遊び場(byクスちゃん)

190628-1.jpg

秋葉原は昔、アキバさんちの原っぱがあったところなんだよ、とコペちゃん。

ハハァ、そうだったのか、ちいさい頃は札幌の郊外の原っぱで遊んでたクスちゃん。北海道はタンポポやシロツメクサで王冠を作って春を祝うんだよね。毎日楽しくてズーッと原っぱに居たよ。

190628-akiba.jpg

駅を降りると私にとっては原っぱ。主に機材屋さん巡りや材料仕入れや調べもの、頼まれ買い物、汚れた路地裏の大陸の人達、割引券カフェ、毎回目的地は微妙にちがうけど、本日は森田学君出演の映画上映会。
バンスタとお知り合いになった香瑠鼓先生ご一同にコペちゃんからの差し入れを持って伺う。新しく出逢うアーティストの方にも期待。

190628-3.jpg

舞台挨拶で登壇した森田学くん、想ったより立派で出来ればもっとたくさんのアキバのお客さまに見てほしい。吉祥寺ココマルシアターでの上映はただいまロングランになってるそう。

190628-2.jpg
クスちゃんの事もパチリと記念撮影してくれました

テキトーに仲良し女友達とアフターフーズ。行きはほんのちょっと一人で寄り道して裏秋葉。あやしいけどコアなお店が並んでる。
それでもいつも夕方になると何だか帰ろかな、、、、という気分になってしまうのはなぜだろう。
アッと思い出す。夕日が山に沈んでゆくと急いで家へ帰った。遅くなるとお母さんの心配顔、帰らないと町内会の騒ぎ。子供の頃のクセのまんまだ。
夜の秋葉もきっと悪くないけど、私のあそび場じゃないんだろう。いつもサッサと山手線に。今度はいつ来ようかな?もう大人だから毎日原っぱというわけにはいかない。

190628-4.jpg
*左からGAKU君、渡邉世紀監督、香瑠鼓先生
私クスやん、まどれーぬさん
前列はあぴラッキーのダンサーお二人 (photo:lusnasan)
年に一回の新人監督映画祭vol.5が秋葉UDXに参上!
招聘作品『踊る!ホラ〜レストラン』の方々です。
ちょっぴりホロリ!…
友情出演の手塚眞監督もムッチャ印象的〜☆
https://dance-restaurant.jimdo.com/info/
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:11| 東京 ☁| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このたびはありがとうございます!17の13あたりは札幌で一番古い住宅地で、あらためて行くと、いまもマンションは少なく一戸建てが並ぶとても静かな一角です。原っぱこそ少なくなったものの、たたずまいは昔と変わらないのでは。映画「阿寒に果つ」では主人公(加清純子がモデル)の家は「11の15」と出てました。ポニキャンのオムニバスCDの「男の子みたいに」をかけると、イントロで「おとこのこのうたー」と叫んでいた、幼稚園だった娘も中学3年生。一緒にいただきました。
Posted by かとうあつし at 2019年07月15日 01:38
かとう君、届いたんですね!
シアワセなご家族の風景が浮かんで、あったか〜い気持ちになりました☆ありがとうです
『阿寒に果つ』の家も近いんだ!しみじみと悲しいお話でしたね、、、そうか住宅地のまま、、、 原田康子『晩歌』の出だしも何だかすごく近い場所の感じがして懐かしいんです。北海道は小説の似合う街ですね。
藻岩山にホールが出来てることを知って、行ってみたいなあ〜と想ったり。
『おとこのこ』に憧れてた18才も今やエキサイティングな『おじさま』に囲まれております(^^;;)ほそぼそと音楽活動が出来てるシアワセ、、、2代目ファンクラブ会長とかとう君のウワサをさせてもらいました。ご家族の皆さんに心の中でそっと宜しくお伝え、、、、北の大地でますますご活躍くださいまし☆
Posted by NONO at 2019年07月15日 11:03
ありがとうございます!高校生の時、FMの収録があった名古屋のサウンドオンスタジオに会いに行ったのも昨日のことのようです。北海道民になるとか、40年後にこうしてやりとりできるとか、思いもしませんでしたが、ご縁というのは不思議でありがたいものですね。
Posted by かとうあつし at 2019年07月15日 16:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: