2019年02月21日

『ピアノ』とふたり(byコペ)

断舎離の日々、、、
『ピアノがないの、、!』と知人ピアニストより悲しいお知らせ。
ならば、と、エンソニック76をメンテナンスして差し上げようではないか。
ピアノタッチのこのシンセ、とにかく音が良い。
セサミという男女ユニットから教えてもらったこの鍵盤、87年ごろ日本でちょっとだけ発売されたらしい。少々重たいけれどどうしても欲しかったシロモノ。アキバに行けば中古があるかも、、、とのアドバイスで時々ソフマップのキーボード館に通ってみた。

それから月日がたって2003年になって偶然見つけた。時代は移り、このゴツイものはほぼほぼ人気薄となり、急低下のあげく定価の10分の1となった。
以来ずっと使い続けて、作られた曲達がかなり世に出た。そんな名器もOUT PUTが壊れたり鍵盤がガタを起こしたり重たいこともあって自宅でキー合わせに使うくらいのお役目に、、、。

190221-2.jpg

ほうぼうをチェック、直して汚れをとり、クスちゃんいらないPC用スピーカーをつなぎ、ペダルをお見舞いして完成。しかも譜面台も工作してスイッチON!

ゲゲッノイズなし、元々のいい音が再現ですぞーっ


そんなバンザイ時にピアニストから連絡、、、、引っ越したところが全くスペースが取れずキャンセルとのこと。エーッと思ったけど心の片隅でどこか未練が残っていたから、訃報の後はルンルン。我が部屋イタリアンルームに設置、あまりの美しさに半日弾きまくりの図。

190221-1.jpg
気のすすまなかった断舎離が楽しくなって来た。
あれっ何も手離してないのか。



posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:11| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コペ様、お疲れ様です(^.^)
まるで一枚の絵ハガキのよう!美しい・・
電子ピアノ、ぴったりおさまりましたね!
色々な断捨離があるけれど、
手放しならぬ心放し、時には大事ですよね。
ご縁があれば手元に戻って来るし、
心にも還ってくるかもしれません。
ピアノが幸せそうです(*^-^*)
Posted by N at 2019年02月21日 16:04
>Nさま
えっ心放し。
さすが、、、文学少女さんです
コメントと言えども作家の香りがしました
Nさんのダンシャリはいったい何だろう。。。。
捨てるのは勇気がいりますね。
拾うのは大変です。
ごめん、こちらは作家になりきれてませんね。
ただいま阿南京子の朗読会の作品を作ろうと脚色中、、、!?しています。
Posted by コペ at 2019年03月02日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: