2018年12月17日

高い台と上から目線(by技術スタッフ・三木沢)

コペさんに呼ばれてスタジオへ。
何の事はない、高所恐怖症だからお前高い所に登ってくれってムチャぶり。脚立に乗って天井の蛍光灯を替えたり、屋根裏の整理したりした。
これも一つのメンテナンスと思えば納得するところ。事実上は、コペさんをメンテナンスしているんだけど。

181217-2.jpg

そんなコペさんにこのところお客様が。あの『じゅん&ネネ』の早苗NENEさん。日本のPOPS界を揺るがした、伝説のデュオのかたわれさんである。どうやら昔からの仲でキャアキャアとじゃれあっている。2日間に渡っての作業中。
ネネさんがソロ復活ののろしをあげたのはCDアルバム『和歌うた〜花のいろは』から。百人一首に曲をつける作業は蟠龍寺スタジオから始まった。タイトルはNONOクスちゃんがつけたようで、「花の色は?」という問いかけと「いろは、、、」という始まりをかけてるらしい。その百首もついに『えひもせす』、すべてに曲を付け終えたそうだ。

今回もいつの間にかレコーディングとなり、ネネさんは素晴らしい歌声でアカペラ6パートをほぼほぼ一発でクリア。聞けば京都の高台寺というところに奉納する歌らしいです。マツコロイドを作ったかたがロボット観音を作ったらしく、その音源楽曲になるやかもしらん、と小耳にはさみました。マツコロイド、だから、アミダロイド、いや、ブッダロイド、カンノンロイド、、、なのかなっていろいろ想像してしまった。そう言えば蟠龍寺にだって観音シスターズというコーラスグループがあるじゃあありませんか。その気になればいろいろ出来そうです。高台寺に負けないように頑張ってほしいものです。

181217-3.jpg
自分の歌声をプレイバックして熟考中のネネさん

コーラスアレンジのやりとりをしながらの圧巻レコーディングはさすがでした。コペさんはパートごとにマイクを替えたり、音色をいじったり。その後NONOクスちゃんが整音マスタリングをば。
コーヒータイムではほのかに人生話をするお二人。モトカレのお話、海外住まいのこと、音楽のこれからなどなど。いい感じのダチッという気分だったのでツーショットを撮らせてもらった。

181217-1.jpg

ひさびさの風景に感謝!と思っていたら、コペさんが『あっ、もう一カ所あったからやっといて』と、天井を指差して『ここ斜めになってるんだよね』って頼んできた。その、上から目線はナ、ナ、なんですか、ロボットにやってもらったらどうですか。

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:25| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: