2021年09月29日

時のアート(byルニ)

210929-1.jpg

俺はコペルニクスとは別にKAFというユニットをやっている。
この夏にはVocalに田口ユリを迎えて一曲配信した。それ以来夏バテなのか活動ウスになっている。
そこで新山くんと相談したのだが、キャンプに行こうということでハルバルと新潟へ。料理のうまい、みのちゃんのオススメだ。

210929-2.jpg

それに新潟では今、例の国際芸術祭をやっているではないか。
越後妻有トリエンナーレ芸術祭という『3年に一回』開催される由緒ある展覧会に少しふれてきた。

210929-4.jpg

新山くんが寝ているのは作品M005 再生、という栗村江利さん作。
芝生の中にそっと置かれた枕はやわらかそうで実は大理石。それは作者の人を巻き込む魔法のファンタジー、というわけで、すっかりくつろく新山君。

210929-3.jpg

後方にイノシシの親子、看板にはカマキリ。
この自然こそがこの手の芸術祭の一番の魅力に違いない。
というわけでKAFも自然の一部となって再生するのだ、こんなときはアートになるのが一番だ。


KAFは一年に数回このような機会を利用してリハライブをこっそり、、、
2テイクできればいいとこではあるのだが、、、、。

210929-5.jpg
天気にも何とかギリギリ恵まれ、やっぱりウダウダ時間を過ごしコペちゃんクスちゃんにおみやげを買いそびれる。
果たして気分転換になったろうか、と自己批判をして東京に戻るとアッという間に元のペース。その間コペ、クスちゃんはなにやらゴソゴソやっていたらしい、ヤバイ!何かたくらんでるのか?
KAFの未来はどうなるのか、何か打開策は、、、

最近時間の早さを感じる。ふと詞の一編がうかぶ、次は時間をテーマにアートするのだ。アッというまに3年後にならないように!?

210929-6.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月24日

期待のベテラン(byコペ)

いつまでもコロナのせいにしちゃダメだよ!



と、心の中で叫ぶと偶然にも同じ危機感を持っているヤカラが来々ライライ、、、
コンテンツ創りなのか、レコーディングなのか? 雑談の中から出来る事を、、、。

210924-gaku.jpg

森田学君。しばらく関西方面の実家にいたらしく、いくつか現地でパフォーマンス活動が出来たとか!
今回はクスちゃん作品の歌入れで、ディズニーばりのメチャむずいミュージカル風難曲をテイク2で何なくバッチリ。

Photo-kenjigaku.jpg

歌、上手くなったね、と伝える間もなくオファーがあったとかでまたまたリハーサルへ、関西方面へと、、、、一体彼はドコに住んでるんだい? ちょっぴりカッコいいけど、、、!

210924-moritaall.jpg
ドラムの松本さん、Pルスナさんも駆けつけて差し入れ!


ビビアン&MOTO-Gのコンテンツ『歌ってみよっか』はシーズン2の始まり。シーズン1は途中からベタなラブストーリーっぽくなっちゃったから次回は別のコンセプトで、、、、と、意気込んだのは良かったけど、新しいアイデアが湧かずに困ってしまった。

All-minus-pre.jpg

とにかく集まってみればイイんじゃない?、と集合したもののヤッパ新しいものは出てこない。

210924-vivi1.jpg

とりあえずシーズン1の完結編?番外編?をこさえてペコリ。

この2人、果たして未来に向かって飛べるのか、期待は大きくなるばかり!

210924-omoide.jpg
シーズン1 想い出のシーンより

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月20日

ドイツ帰りのピアニスト(byクスちゃん)

しばらくドイツの里帰り、、から日本に帰って来たピアニスト、スワベック・コバレフスキ。

210920-pf.jpg

国境を越えたヤツに課せられる自主隔離も無事にクリアして、翌日いさんで蟠龍寺スタジオに自転車飛ばして来てくれた。迎え撃つのはコペちゃん。2人は私の知る限りかなりレベル高きピアニストである。しかもミストーンが割りと多い、という共通点もある。

210920-2shot.jpg

どうやら2人だけでアルバム作りをするらしく、とにかくいっぱいMICをたてて、いい音を作ろうとしている様子。アーでもないイーでもない、ウーでもと日がな一日スタジオにこもりモード。
私も何かお手伝い出来るのであれば、、、と、コバルの好きなアップルパンを焼きお茶を入れる。アッという間に全曲12曲録音、スゲェ〜ッと思ったがこれはまだシュミレーション、試しの中の試しなんだとか!


210920-choko.jpg
*おみやげのドイツチョコをつまみながら、、、

確かに、こんな景色、最近ではちょいと珍しい感じ。アーティストがアーティストらしい風景に居るのが当たり前じゃなくなったような、この2人が珍しくなってるのはイケナイよね。
いつの間にか2人が帰って気づいたら私もピアノの前に座ってた。ふと影響されちゃって、対抗心もあるのかな。いい一日だったよ、またパンを焼くから笑ってね。今日は弾かずに私も帰ろっと、、、


210920-all.jpg
*ご家族の皆さん
僕らの家族、コバルをよろしく!とのこと
左から)コバル、ママ、パパ、姪っ子、兄さんの奥様、コバルの兄さん、甥っ子(弟と兄ちゃん)
ちなみにパパは科学者でピアノの先生、兄さんも音楽大学を出て今はカタギだそうです

210920-garden.jpg
*コバル実家のお庭で作曲中、、、(なんかすごいケタ違いなお屋敷で地平線まで庭)
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月15日

ジットリ男(byコペ)

181221-2.jpg

自粛ムードの中、CDリリースしたいびとが目白押しの今日この頃。
LIVEなどが出来ないのだから仕方あるまい!
CDリリースなら何とか!
という気持ちはわかるけど、問題は中身、、、、。同じ曲を何度もやり直して延々と同じ場所をグルグルまわってるダメダメちゃんがけっこう多いです。

たぶん時間がたくさんあるので想いが残っちゃうのでは?
制作側は愛情をたっぷりそそいで何日も何日もかけてアレンジしたり録音したりするんだけど、何度も何度もやり直しがかかり、こちらがやった作業はそのたびに全部ボツになるので3ヶ月4ヶ月すると次第にもうイッカ、、、という諦めの境地になるのは否めません。コチラも人間なのでね、、、、。

PR-lalaremix.png

そんな中、LA-LA Deuxの吉川正巳君がひさびさに登場したので2人でヒソヒソ。プロデュース稼業に花が咲いた。
彼のDATテープの中に、未発表曲が何曲も、、、、。
注目の中身があまりに素晴らしく、どうして未発表だったのか今となっては想い出せない。当の本人に事情を聞くのが早い。
結果、ほとんどが吉川君の作品、もしくは私とのコラボ。思わずお互いにホメあって抱き合ってショーもない図に!
おまけに彼のPCに取り込んだ1990年代当時の貴重なLIVE映像がいくつか、、、、。音と映像は劣化しているものの若き日の吉川正巳と菊池常利の面影のキラキラ感がハンパない。

210915-live.jpg

もうこれはCDリリースどころではない、DVDでイイじゃん!
ということになり、密かに記録を残したり音楽ヒストリーを支える人がここにも、、、と、ジットリとした良き日となった。
アーティストやシンガー達よ、こんな奇特な人を忘れるんじゃないよ!!

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:10| 東京 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月11日

張替える(byクスちゃん)


思い切って張替えしたぞ!っと、、、、。

210911-1.jpg

お琴を習ってると、強制的に三味線もヤラされる。久しぶりに三味線を倉出ししたら長雨で皮破れ、慌てて琴光堂の中島ご主人と息子さんに張替えてもらった。
それには訳があった。

この三味線はあのベース奏者石井隆さんが所望した練習用のものであった。情緒豊かな立石から青砥に向かって歩いたところにお三味線工房があり、当時ご近所に住んでた飯岡部長を呼び出していい調子で下町散歩、、、。
で、石井さん。触れてみたいと言うので思い切った結果、最初は調子良かったんだけど3回、いや三ヶ月坊主でヤーメタと逃げてしまわれた。アーア、三味線はホント難しいよねえ、石の上にも三年なんて無理。えっ私の伝え方がマズかったかも。

ヤーヤのところで今回意外にも役者の笠野龍男さんが興味のキョ!
そこで修理ののち、ゲストルームで皆で回し弾きとなった。

笠野さんはかつて役作りのために三味線の特訓を受けたことがあったらしく、出音がとってもいい。
ルニちゃんはベースが弾けるのでランディングとかお手のもので、出音はグチャグチャなのに持ち方が堂に入っててさすがギタリスト。
コペちゃんはディープパープルのフレーズ、『湖上の煙』を弾いてた、、、この曲はリッチーさんが三味線を聞いて作ったんじゃないかというくらい和楽のフレーズだ。(ちなみにフランクザッパさんにも同様の和楽フレーズがある)。
私はたまたま手元にあった『黒髪』という江戸のスタンダードナンバーをば弾き語ると、、、
男性陣がワインを飲みながら盛り上がり、ハッとワレにもどりつつ歓喜、感動、帰り道、解散の運びに。
楽しいひとときも終わってみればジミーな1日。アーアのアッと眠りについて、この三味線も弾き手がなけりゃまた倉で眠りにつくのかな。『琴三味線部活』フッカツなるのかな、、、、。

今夜のところは長袋に包んで、ハイッおやすみなさい、、、、

210911-2.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:14| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月04日

グッズで乾杯(byコペルニクス)

210903-goods.jpg

6年ぶりのデジタルUFO写真展。
元々はPC技術を上げるために始めて、一部の熱狂的な支援を受け、ダラダラと回数を重ねた。
この夏その第4回め。コロナのせいもあってか投稿多数でエラい事になって参加者宛の手作りグッズ(宇宙レター)などの発送がやっと完成。おひとりずつ中身がちょっとだけ違う、、、。嬉しい汗をかきつつこれで一区切り、めでたしめでたしと相成った。明日オリパラ閉会式と共に投函に、、、

210903-letter.jpg

終わってから『次の企画はな〜に?』という嬉しいお声も頂いた。
コペルニクスとしてはこの状況下、万策尽きた感じで現状日々注意深くアイデアを探してはいるものの決定打は見つからない。
世情では音楽をやること自体へ不安感もあり、本来の音楽世界に目を向けづらいこともある。アーティスト全体がネガティヴに向かっていてノリはイマイチ、、、、。
こうなったらコペル自身が打って出なければ、と考えたりもするけれど出たところで『またかい』と言われそ〜ですねえ (^^;;)
想い付くのは楽しいことバッカリなんだけど、、、。
と、グッズを前にしてまずは無事お開きとなったことをご報告しつつ。乾杯する3人(と金星人)であった。

210903-tomato.jpg

*三上周さんより自作トマトのパスタ用ソースを1kgも頂きました!
むちゃくちゃヘルシーで金星人もビックリでした
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:00| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする