2020年05月30日

ご支援を頂きました(byクスちゃん)


目黒界隈も少しずつ、人通りが増えているような、、、。

静かにコソコソしていたら、ほうぼうからご支援を頂きました。
とにかく実用的でステキなプレゼントがあって、ワーイワーイ。


この頃は高橋永子プロデューサーからお酒のおつまみなど。ルスナさんからのウチワと一緒に和ワールド全開!

200530-wa.jpg


熊本辺りからは実用的にフェイスシールド!安全安心の強い味方です。

200530-face.jpg

新井満さんから笹ダンゴ。ご夫妻なれそめの『新潟産の生菓子』で柔らかい出来立てが段ボールでドッサリ。

200530-sasa.jpg


菊池ツネさんの大切なお客様(フロム山口県)から、業務用備蓄マスクどっさりと地元名物。


200530-mask.jpg

200530-wagasi.jpg


なんだかいろいろなかたが気遣って下さって、いつもより裕福な暮らしっぷりのバンスタです。規制解除されたら何も届かず寂しくなったりするかもしんない。

皆さんにさしあげたいけど、逢うのもままならず。『君に逢えて良かった〜』と友達に逢って配りたいのに、、、おっと後ろ向きは禍いの元、チャンスがあれば郵送ということで話を戻してキュルル。。。

などなど、この他お花とかお餅とかあって、いろいろプレゼントして頂いたら当然お返しをしなければ、、、。
何がいいのかな、雅月の2枚組CDじゃあかえってご迷惑かもだし、でもでも新譜だぜぃと、ワレ諦めきれてない。
コペちゃんに相談したら『最低、半返し!』とのこと、いやいやお香典じゃあるまいし、、、結局贈り主のお住まいの方向に手を合わせて感謝の意をあらわす。でも方向オンチだから果たして合ってるのかどうか…


楽しい日々なのに、何かが違う。もしかして元の世界へ戻りたくないのかな?
都のロードマップによれば私たちの活動・・・音楽家、音楽スタジオ、ライブハウスは最後まで活動ならず。このごろ目がさめてボーッとして、お茶して、好きなパソコンの前でゴソゴソなにか作って、夜はプチ美味しいもの頂いて、あっ仕事に戻れないかも、生きてまた逢おうってみんなで励まし合って。
そうそう、頂いたお花や和菓子の前でしばし両手を合わせて元に戻れますようにと祈る私であった。あっ、これじゃあ仏壇と同じですね。

200530-yamanouti.jpg
フェイスシールドとマスクが似合う山ノ内君です

いろいろ送って頂き、お一人お一人にコペルニクス
心より感謝感謝です☆


posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

緊急事態宣言のせいにしたいのに、、、(byコペ)

4月アタマに緊急事態宣言が発令された。その期間中は、皆それぞれのLIFEスタイルがあった。

目黒在住の音楽家とは、何となくのファミリーなおつきあい。もれなく子供付きがいやしとなった。
ご当人?たちはまだ小さいから、いろんな遊びをしてくれる。

保育園がお休みの、やつのちゃん。

まだひらがなが書けない、、、と言いながらも、ためしに字を書いてくれた。
『しん、、』新幹線!?『しんがた、、、』えええっ

200527-3.jpg



はじめて書く字が『新型コロナ』、さらにはばつばつ×で『ダメダメダメ』と読むそうだ。
これには驚いたがこれもそれも妙に心に残った。なんとなく大人の責任を感じてしまう。

ほうぼうにお電話しての声のメッセージも、相手方に逆にいやしてもらったり、弁天ハウスの整備をしたり、断シャリ機材を上手活用にて7つの音源が同時に鳴らせたりが出来たりと、毎日が夢のような生活をしていた。が、宣言解除されてしまった本日、コロナのなかった昔のようにアチコチ働かないといけない気分になってしまう。

活動しなくちゃ、、、、という自分の気分がうっとおしく、コロナのせいにして悠々暮らしてた自分にちょっぴり溜息。。。そうそう、親しい人にも『自分磨きをしていまーす』とか言ってカッコつけてたけど、振り返ればただただ音の快楽に走ってたような、、、(汗)

解除になった日、ひさびさピアノレッスンにakoさんご登場、モロモロ打合せ等で石川真理子さんはみどりちゃん連れ、MOTO-Gさんから動画配信のこと、TAKESHI君とコレカラLIVEの長電話、などなどいよいよみんな動き出したのかと想いつつどこか違和感が、、、。

200527-1.jpg

それでもみどりちゃんの作る手際良いクレープをつつきながら、(休校中ずっとお料理の腕を磨いてたらしい)の風景は、それなりの楽し時間が流れた。

明日からは自粛のせいに出来ないだろう。そこへ柳家小ゑんさんの動画を完成させたクスちゃんがやってきて『次の動画どうしますか?』などと。ホラホラホラホラ来たぞコロナ明け、、、またクスちゃんお手製のノボリが立つのはいったいいつになるのやら。

200527-2.jpg


posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:24| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

らくだのリフォーム(byルニ)

38年前、俺のオヤジが建てた南烏山の物件。
リフォームを頼まれた。オヤジはもうとっくに亡くなってるから、現場についたら妙に感慨深くソワソワした気分になった。
少々いたたまれなくなったので、そこ辺りを散歩することにした。
この道はいつか来た道。そうです、見覚えのある街はライブハウス『TUBO』のある街。
10年ほど前にはこのツボというLIVE Barにてコペルニクスで何度も通った。アトリエ・イサナが定期的にパフォーマンスをしていたからだ。

200523-1.jpg

まあまあの広さでピアノはアップライト、一歩間違えるとバー専の酒飲みが多かったけど、イサナの独特なサウンドにやられ、自分の音楽史に刻み込まれた場所だった。
今日現場から角を曲がるとすぐにあった。今はライブが出来ないのでどうしたかなあと想ったらお食事処になっていて、やるなあ〜
店の名前もさっさと『らくだ』にリフォームされていた。

200523-2.jpg

あの日のTUBOの加藤文生の音楽は素晴らしかった。俺のLIVE観戦記憶(外タレ含む)の中でもベスト5にはいる。
ふとそういえばクスちゃんがLIVE音源をまとめあげ、加藤文生さんが承諾したので『公式海賊盤』というワケのわからないCDになっていた。

Cd_ethanalive.jpg

当時の面影をさがしつつ、ほんのりあれから月日がたったんだと自分に刻み込み現場へ戻りました。
現場も居酒屋で今は自粛で1日に3時間しか営業していないと言う。その間にリフォーム、、、年中無休だったのでマスターこの際ゆっくり休んで、と願う。

リフォームするとオヤジの面影は薄れてゆくのだろうか、やっと俺の時代になったんだと心の中で叫んでみた。
しかしまた何十年かすれば誰かがこの居酒屋をリフォームして俺の面影が薄れるんだろう!?
その時、ライブハウス『TUBO』はどうなってるんだろう、イヤイヤまずは奇才・加藤文生はどうしてるのか。

200523-3.jpg


*付記:お家でLIVE『リズ・サルサヴィール』アトリエ・イサナ
ラクダにちなんだ曲をあの日TUBOでのライヴ音源で。長いんですが備忘録としても。加藤のMCと、そこにからむ前島幹雄氏(サハラ砂漠単独徒歩横断者)の一言も聴きもの。
ピアノ:加藤文生、ヴィオラ:田中景子、マリンバ:飯田智子、ベース:高橋節、小太鼓:佐藤とーる 
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:53| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

人類の一歩(byクスちゃん)

CDショップが少し盛り上がって来たよ。
こんな時だからアノ手コノ手で品揃えもマメにしていたら、毎日ちょっとずつ注文が、、、。
どうしたんだろう、何が幸いしたのかな、、、!

200519-5.jpg
LA-LA Deuxサインプレゼントも好評につき完送…

アッもしかしたらヴェンタイン特有のオマケが良かったのかも、、。まるでグリコキャラメルのマネみたいになったのか!?オマケが欲しくてキャラメル買ったっけ、、、

200519-1.jpg

王道のオマケと言えば缶バッチ。お手軽で、ちょっと頑張ればいいだけの話。

ものづくりは楽し、、、。
でも、聞いて聞いて。この缶バッチ作り機は少々問題があって、この2台は同じ会社なのに互換性がない。(コッチの新作でアッチのパーツが使えない)

200519-3.jpg

材料の丸金やプリントOUTした台紙など、パーツがまったく同じなのにいくつやっても失敗する。マニュアル通りやってるのに、、、しかもこの缶バッチは『6才以上』用のオモチャなのに、、、。
アタマに来たぞ!と本社にお問合せしちゃえ。おーおーっなかなかイイ対応じゃないか、イイネイイネ、エッ在庫がない?部品がないのでドッチも修理不可!?エーッどうしようもないじゃん、コッチの作り機はパーツがなきゃもうバッチが作れないってこと!?10ケ作ってサヨナラですか!?アッチの作り機のパーツが300ケ分あるんですけど、、、もうすぐこのパーツは無用の長物に、、、そんなワケでグチっぽくなっちゃって、コペルの男性陣に事の顛末を訴える、アレコレ、ソモソモ、、、

すると、、、

ルニちゃんが『ふ〜ん、オレ作ってみるよ』と説明書を読み出す、、、
コペちゃんが『何か一つズレがあるはず』ジッとマシンを点検、、、
ガサゴソ、バラバラ、ほうぼうイジ〜リ、いろいろちょいタタキ!、しばらくして『出来た〜』
エッどうしてどうして君たちがやると成功するの!?

200519-2.jpg

ルニちゃんいわく、説明書の『ダイヤルを5回廻す』をもう1回プラスして6回にしたら出来たと。
コペちゃんいわく、『説明書の向こうに晴れ間あり』意味不明!
ダイヤルが甘くなってるからカチッと止まるまでもう一歩進んで廻すんだよと。ギターメンテもそんな感じなのかな…。
こんなことあるんだね、さすがコペル男子、困った時何とかしちゃうのがこのユニットのイイトコかも。そんなわけですべての材料がムダにならずにすんだ。

後日、このことをメーカーに再度報告すると、金一封ならずともキチンと会社の会議にかけてくれるよう。もしかして説明書が一行増えるかもしんない。おつきあいもカチッとするまで一歩進むんだね。そんなわけで新作缶バッチも出来たてホヤホヤ。
我々の一歩は人類の一歩!?コペルにとっては月にものぼる気分でありました。

200519-4.jpg

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:05| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

ムズカシイ選び(byクスちゃん)

幸福の手紙ならぬ幸福メールが来た!

ミュージシャンのどなたかが、Web上のパフォーマンスとして、マイ・フェイバリットアルバムを発表し、次の人にパトンタッチするという代物。

こんがりトースト繋がりで、J-WALKのドラマー田切さんから小泉正美さんに、そしてコペちゃんにお声がかかったらしい。こんがりトーストがらみだったのに、コペちゃんは『好きなアルバム5枚を選べ』がハードル高!と目が廻ったらしくって、コペルニクスに丸投げしよった。なんかルール破りです。まっ、いっかー

わかったよわかったよ、こうなったら選びますよと返したけど、これが意外とムズカシイ。いろんなレコードやCDに心魅かれたけれど、チョイスするのってむづい。

コペちゃんはケイシー・リンデンの『悲しき16才』!、、、のB面『ジミー・グッドバイ・ジミー』だそうで、小学生の頃から洋楽ファンだったとか。このB面はその後A面になったのでコペちゃん先見の明ありです。

Kathy2.jpg





ルニちゃんはゆる〜い感じのブライアン・イーノ『ビフォア・アンド・アフター・サイエンス』と来たので少々ビックリ。でもそういえばこのアルバム、ルニちゃん辺りで今もふと流れてるような気がする。ルニちゃんにとって今は、サイエンスの前なのか後なのか中なのか。


さてさて私と言うと何だろう。色々考えちゃった結果、四人囃子(よにんばやし)の『一触即発』かな。女子高生としては”五人”めのメンバーになりたかったです。その後、自分の作る曲も知らず知らず影響されてたようで、デビュー後に同じレコード会社で偶然出会った四人囃子の岡井大二さん (ドラム) に話したら、そういうことってすごく大切だよってわかってくれたのも嬉しかった。



でも毎日、日によって変わるからやっぱりこの企画は難しい。
それがどうしたー!と想ったけれど、自分を想い出すにはいいのかも。
だからどうしたー!とか言わないでネ。自分と向き合うのは苦手なんだよ、次は誰にしよっかな?
ウーム、この選びもけっこうむずかしいぞ、、、、
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:41| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

マルチ日(byコペ)


ミュージシャン、やる事なくてLIVE配信に命賭けます!

、、、という話が行列の様相。何とかやってゆきたいこのごろ、中には動画のお手伝いに巻き込まれて困ってる人もチラホラ。出来る限りの対応をしますよ、と言ったものの、デジタル技術と日曜大工は『器用のIQ』が必要、、、、とあって、私は不器用極まりなく、けっこうシンドイ。

200510.jpg

そんな日々の中、少々困り顔の美人さんがやってきた。
聞けば配信演奏、セッションワンパート、譜面届く、ひとつよろしく、自宅録画送信依頼、機材足りなし、、、、と、簡単に言えばそういう事らしい。

ヴィオラパートを自宅で録音したものの、シュアー57マイクでは何かが足りないとか。ならばコンデンサー系のマイク、要るよね?、、、で、AKG451タイプが望み、ですよね?
バンスタの451は少々ほうぼうがヘコんでますが、いい音で取れますよ!のヤリトリ。

用件も終わり、世間話。
今回の録音は映像も有り、しかもZoomか何かでマルチで完成させるのかも、、、と。
そう!今、流行の複数の映像を並べてマルチ画面で、参加者がそれぞれワクの中で、『せーの』で全員仲良く並んで一緒にやってるように見えるヤツ!


見れば3分間の作品でも、そこに至るまでは何日もタイヘンなんだからーッと2人でついつい盛り上がっちゃいまして、、、。いろいろとおつきあいもあるしね、と、彼女は次の目的地へ。
おみやげに置いていった、私の大好物スーパーカップ。
こんなウレシイ事はないぞ、こんな事して頂いたらもう何でも言われるままにしますからに、、、。あっしかもこのアイス、6個がマルチに並んで6倍の美味しさ、、、。

200510-ice.jpg

本日はとても良き日でありました。

200510-multi.jpg


posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:33| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

目の前の事(byルニ)


お寺の用事で目黒へ。
帰り際にスタジオへIN。昨日コペちゃんからTEL有りで、機材が手に入ったから見てみたらCALL。小泉正美さんからの緊急プレゼント?で、MIDIやシンセ音源、ケーブル、大量のエフェクターなどでゲストルームが一杯ですなあ。

MixingRoomはコペちゃんにしては珍しく、懐かしキーボード3段積みに。来たついでに生ギターも1本好きなものを持ってってくれ〜と言うから3Uケースにオーバーハイム、レトロ音源なんかを詰めて車で搬出です。さらに良さそうな生ギターに手をかけたら、ソレはダメ、ゼッタイの拒否。きけばモーリスは石川真理子から半ば預けプレゼントだったらしく私情的コペイズム。

200504-1.jpg

2人で理性あるディスタンスを取りながらもワーワーアーデモコーデモの中にお茶をお持ちしてくれたクスちゃん。ポカリスエットとコーヒーのどちらかをどうぞ、って、、、それは誰が先に選択するかのほうが問題なのではないか?
グズッているとサッサと2杯を置いて立ち去りました。PCルーム(2Fの元・暗室の二畳間)に閉じこもったきりの彼女、猛スピードでPV編集してるらしい。カルトなSFで人類が引き蘢って滅亡したという映画がアタマをよぎった。
コペルニクス、バンドは家族です。気づけば濃厚接触にあたるがこれはセッショクではなく濃厚セッションと言っておきましょう。

200504-3.jpg

さてこの先どうなるのか、と、想うことにちょっと飽きて来ている。逢う人ごとに話題が出るしね、世の中でエンターテイナーや音楽家が一番の被害者と言ってくれる人もいる。でもミュージシャンの代表と称する奴が出てきて『僕たちを救え』とか括られると違和感がある。だいたい徒党を組まないからミュージシャンだったりもするからね。
でもそいつらをオカシイと批判するミュージシャンも居ないところが誇らしい。
SNSで表現出来るからまだマシという人もいる、そりゃそうだがこれだけ後追いが多いのも想定外だ。

この質問をコペちゃんにしてみようと想ったが、ギリで実行しなかった。たぶん全然別の事考えているだろうし、俺だってミュージシャンの端くれ、明日の音楽の事なんか考えたくもない、音楽は今っきゃない。目の前のオーバーハイムはとても美しい、とても期待してしまう、俺のほうが楽しみなんです。

200504-2.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:49| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

アリのママ…(byクスちゃん)

日々、誰にも接触しないって想っていたけれど、案外と来客があってちょっといつもと変わらないシアワセ。
どこまで心配していいのかどうかわからなくてコペちゃんに質問。
アンサーは『普段のまま。我がまま、岸壁でもそのまま、ラママ、ごらんのザマ、、、』
ハイ、ママがザマになっちゃったからコペちゃんの負けーッ 
というわけで、閉店なうのスタジオにシアワセを運んでくれた方々をそのままご紹介するってえと、、、


200501-hitomi.jpg

演歌の歌姫、山口ひとみさん。鹿児島から飛行機で都内キャンペーンに。ところがラジオゲストは自粛でキャンセルとなり、地酒のおみやげはまさに歌のタイトル『川内川あらし』そのもの、ありがたや。アルコール25度ということで飲むと不安も払拭です!

200501-syuji.jpg

ドラムの本間修治さん。ものつくりの天才シュージーは何と消毒液まで自作!ウイルスを消してくれるそう。車で運んできてくれてアッという間にお帰りに。無印良品のスプレーで小分けして使っています。私の心の汚れも消せるといいなあ。。。(ちいさな声で、パソコンもこれで磨くとピカピカになった)


200501-gaku.jpg

森田学さん。CDが売れているそうで追加注文。自らが宅配ビトとなって受取りに来てくれた。ヨッシー君と並んで、ソッとそ〜しゃるディスタンス。
CDとギターをかかえてそのまま西方へ。。。。


200501-koizumi.jpg

小泉正美さん。ステイホームでお家の断シャリ中、3階にあった山のような音響機器が要らなくなったとのことでゴッソリ車に積んでやって来た。そしてていねいにスタジオに捨てていった!コペちゃんが有効利用のテイで謹んで受け取っていた。


200501-jony.jpg

WISの石井タカシさんから『クリスタルキング』のウワサを伺っていたら、何と次の日にクリキンのドラマー高木さんが、ジョニータケトに連れられてやって来た。ジョニーは品川で倒れて病院に運ばれえらい騒ぎだったけど胃かいようでまま良かったね。高木さんが退院の迎えに行って下すったそうでジョニーはシアワセもんでした。

総じていい人ばっかしだったので、節度を持って楽しく過ごせたよ。
クスちゃんと言えば今までのヴェンタインでの映像から宝探ししてコンテンツ作りにいそしんでいるところ、、、。録音状態の良いやつが基準だい、パフォーマーの表情やクオリティは二の次にしてくれよなというコペルニクスの司令。それでもLIVEとなると音の限界を感じるナ、、、。
お家でLIVEを観ようということで、アーティストには事後承諾でいいから、と男性陣。
大丈夫かなあ。でも来てくれた方々の自然な振舞いを拝見してたら『勝手気ママ』な良さがあってそれがいいのかも。アッまたままで終わってる。というわけで、今日のところはお疲れサマ。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 16:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする