2020年04月28日

CMキラリの人(byコペ)


200428.jpg

先日、訃報がはいった。岡江久美子さんが死去されたとのこと。
かなり前の話、CMの仕事が舞い込んで打合せに行った。同席したのは演出&撮影の坂本善尚(ぜんしょう)氏。大林宣彦監督の腕利きカメラマンとして『時をかける少女』などを手がけた立派なお方だ。

(大林監督も残念なことに10日に亡くなられた。監督も善尚さんも連絡先が蟠龍寺スタジオだったこともあり、監督の遺言?は『あの映画は実は善尚君に丸投げした』という衝撃的なものだったらしい by クスちゃんまたぎぎ)

善尚さんとは当時何かと仕事場でご一緒していて、それなりの作品も出来たと記憶している。
TV-CMは『ジキニン』という風邪薬で、岡江さんはレギュラーとして登場。とにかく美人さんでしっかりしていてやさしく、何かと深ぼりお話したかったが夢のままであった。その柔らかなキャラから音楽はワルツにしてみた。どうしても色気のあるサックス演奏が欲しかったのでThe SSYで担当して作品を仕上げた。善尚さんは少々首をかしげていたが、スポンサーサイドには好評で、ボツにはならず無事に試写通過となった。

その流れはスムーズであったが、CMの世界はとかく多くの場合ストレスばかり貯まるケースが多く、音楽の善し悪しとはまったく関係ないため90年代初め頃ACC授賞したしイイヤと気持ちキレて『もうCMはやらん』と宣言、各方面に迷惑をかけてしまった。若気の至りというヤツで、今になって猛反省している。

時は現代。やはりCMはおろか、音楽を撤退したらしき小泉正美氏が来訪。彼もよくCMを手がけ、時には一緒に制作したことも。
その彼がこのコロナ休暇に断シャリして、使用しなくなった録音機材一式持って来てくれた。

200428-2.jpg

かなりヴィンテージもので、音源やケーブルも大量にあった。
CMくらい手がけたら?と仕掛けたけど、答えは力強いNO。きっといろいろあったんだろうとそれ以上の追求は控えた。

同席のクスちゃんに尋ねると『CMはネットで自分でやりまーす』だって。ヴェンタイン系皆さんのCMを作ってはYouTubeとかで流して満足らしい。たしかにそれだとボツはない。
改めて時代の移り変わりを想う一日だった。




蟠龍寺スタジオのCM集はコチラ 
4分10秒から岡江久美子さんの『ジキニン』が観られます
かなり前なので劣化してます
https://youtu.be/0uUvQj3ymeY
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 15:25| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

コペルニクス・一日すごしかた〜4.番外編(by三木沢)

200423-1.jpg

コロナ騒ぎで東京行きは控えて、地元でのんびりしていたら、コペさんから電話が来た。春の彼岸も行かなかったような蟠龍寺、帰りに立ち寄るスタジオにも当然今回はパスだ。南房総の雨で大丈夫か?と心配して頂いたけれど、こちらの千倉はだいぶ離れているので批難することは全くなかった。

さすがコペさんらしく、この緊急事態にほうぼうへ電話しているみたいだ。彼らしいと言えばそれまでだけれどコペルニクス3人ともかなり上手に過ごしているとお見受けします。僕は地元でサーフィンばかりやっていてけっこう経済的にはヤバいのかもしれない。けれどどうしていいかわからなくなっている。フリーは微妙ですから。

もともとクスさんみたいな普通の人でもないし、実はヤンキーっぽいルニさんは素敵で僕の憧れでもあるけど、自分なれないし。今回もブログを読ませてもらったら確かにしなやかにこの事態を毎日過ごしている。逆にコペさんにちっぽけな相談をしてみるも、お前はサーフィンやってればいいよとか言われて、一つのことを徹底的にしていない僕に活を入れてくれたのだろう。案外スッキリとした電話だったから明日思い切り海へ行くことにした。そしたら県知事が海に行くのはどうかとか言い出すし。地元民なら行くっしょ。

ちいさいころから蟠龍寺には遠い親戚というかんじでおつきあいさせてもらっていて何となく影響を受けてイベント関係の仕事もするようになった。毎日それなりに楽しいけれどあまり人生を考えてなかったし、今は彼女もいないし。いつのまにかコペルの人達とつながっているのはとても爽やかなことには気が付いた。

電話の最後にコペさんから、めんどくさいからブログに投稿しろよ!といつも台詞。思い切りハイと答えて電話を切った。
皆さん、メールより声の聴ける電話はオススメです。なんかいい感じ、、、あっTV電話でしたか、おみそれしました。

200423-3.jpg
宣言前の写真。お寺で何やら絵を描いていた…
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 15:03| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

コペルニクス・一日すごしかた〜3.ルニ編(byルニ)


ザワつく毎日ですなあ。工務店の仕事は増えたことがあり、中止になったところあり、プラマイゼロベース。ただし中国からの資材が届かなかったり、出張する場面が多いこの頃でありました。


移動は新幹線なので内心ハラハラ危険極まりない。岡山はわりと平和でこちらから伺って迷惑かけてもと心配しつつも、現場の地元のかたから呼ばれれば飛んでゆく。

200420-genba.jpg
これは緊急事態宣言前の現場…

コインランドリー全国展開などもあり、今だからこそ繁盛している業界もある。いずれも長く深いおつきあいだし職人たちの存在もあって身の振り方を色々考えさせられるが決定打が出せない。

200420-momo.jpg
駅前には頼もしいヒーロー、桃太郎が…

やっぱりここは一番、引きこもってKAFなんぞの録音をするのがベストだが。今日は名古屋、アッ駅弁食べて落ち着こう、おいおい1車両に客は俺だけか、、、。一人旅を楽しもう、ザザザッ、あれが有名な富士山ではないか。彼はこの事態どう想っているのだろう、さすがに雄大で落ち着きまくっていてなぜかこちらもホッとするような。
リリリのTEL、仕事キャンセルの一報に正直胸を撫で下ろす。追加のリリリ、現場トラブルだと?、、、ハイ、分かりました、、、。

200420-fuji.jpg

都内に戻って道すがらスタジオに立ち寄る。コペちゃん変わらずギターを弾いている。ワォー俺に弾かせろー。
クスちゃんはCDに埋もれている。なんか忙しそう。
えっ俺が20年前に書いたブログが出てきた?新幹線の帰りが一番好きだって?、、、なんか俺変わってないのかも。

200420-ekiven.jpg
新幹線の駅弁…

お土産置いてサッサと現場に廻る。皆いつもの張り切りトンテンカン。花の銀座さえ静かなもの。宝飾店新装は勢いあるものの街は閑散としていて見事としか言いようがない。そこに響く音は果たしていい音なのだろうか。カンカンカン。

200420-ginza.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:57| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

コペルニクス・一日すごしかた〜2.クス編(byクスちゃん)


元々インドアの作業が多いので、特に変わりはないよ。
さいたま市の実家に行くには電車に乗らなきゃならないのでしばらく休止。
人に逢えないしスタジオにはあまりお客様が来れない。スタッフが作業をするには好都合なのかもしれないよ。
でもネでもネ、けっこうメールが増えたのと、お電話でもCD注文が来る。何だかほそぼそとお店番をしてるみたい。
アテナを書いて袋に詰めて時々メッセージとか絵葉書とかサインとか缶バッチとか、にチラシをはさんでワーイCDショップは大繁盛、、、!とまではいかないけど、アーティストによっては増刷になったかたもいて、この機会に『おうちCDします!』というお客様も多くて心強い。

200418-cd-twune.jpg
TWUNEさん(菊池常利)ファンのかたからのご注文
お一人でこれだけ買われるのはおそらく新記録…

ところがヤヤヤッ、千葉のCDファクトリーに増刷の連絡したら、な、な、なんと通じないじゃないですか!誰も、、しかも『固定電話は接続されていません』というガイダンス!
もしや、そっ、そんなッ、ゲゲゲ、アララ!? 想像したらヴェンタインレコードはCDファクトリーの山崎さんが居なくなったら危機迫れり。
シャンシャンシャン、お琴を弾いて待ってたら2日たってお返しTEL。
生きてらしてた、、、ホッ、、、引越してたんだ。めでたしめでたし、、、『死ぬまでCDプリントはやめません』の一言に感激。

200418-cd-koen.jpg
柳家小ゑんさんCD、代官山蔦屋へも
納品
CDファクトリ〜にお世話になってます

もうひとかた、iTunes音楽配信で長きに渡ってお世話になっているのがフレイヴァの永井研さん=コペルニクスの双璧、アルキメデスのメデスちゃん。
速攻で編集した楽曲CD2枚分の行く先をご相談。永井さん、何とかしておくれ、と半音高めのボイスでお願いしたら一応OKがもらえたよ。
クスちゃんの和楽名『雅月』によるリリース。

元々は昔のアナログ時代の作曲だけど、ルニちゃんのKAFとの新録もあり。
メデスちゃんの『皆さんの音源いつでも大歓迎!』の一言に涙。

200418-cd-many.jpg

200418-cd-more.jpg
Apple Musicの表示
ヴェンタイン系はかなりお世話になってます

そんなこんなの一日はCDに始まり、CDに終わった、、、。気分転換に深夜、スタジオに物を取りがてら伺うと、コペちゃんは新曲を大量制作なうみたい。作品出来たらすぐ作業してCD作って手続きして音楽配信お願いするからね。『お休みなさい』とそっと庭先へ。空には月がポツン。アレッあのお月さま、CD盤に見えたよ、、、。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:02| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

コペルニクス・一日すごしかた〜1.コペ編(byコペ)


朝、お寺の鐘の音で目覚める。

しばらくすると木魚と声。。。ナンジャロ、と着替えて行ってみる。
副住職のTATSUO君が朝のお経。

200416-tatsu.jpg

いつの間にかコチラも合唱。案外お念仏を覚えているし、試しに4度上でハモってみた。
今日はネコの銀ちゃん手術の日。
シソーノーローと肺炎とのことで、病院で麻酔して抜歯も。帰り道で『シサオウノフロフハイエーン』と英語かドイツ語風につぶやいてみる。がんばれ銀ちゃん。

200416-byoin3.jpg

午前中はお寺の池の廻りが美しい。運動不足なので境内でエアラジオ体操。
極楽地の母が生前植えたモッコーバラの『どうだ!』とばかりの咲き乱り。米子さん、もういい加減降りて来なくていいよ、僕はだいじょうぶだからね、、、、。

200416-bara.jpg

MixRoomにはいり、インスト多重録音打込み。ひさびさに3段積みのキーボード、iTune用だから、と言って真剣に向き合わなくちゃネ。毎日1曲は創らなきゃ、、、アレッ音源足りないか?、正直才能枯れ、腕落ち、に汗。そんな時、小泉君よりTEL。『オニヨメの命令で断シャリの処分ものでたくさんのシンセ音源有り』との急報。
イイネ、イイネ、メッチャタイムリーだぜ、これで僕の切ない才能をカバーできるぞ、、、、。

200416-kb.jpg

夕方の弁天ハウスでは山積みの本の前でクスちゃん小あばれ。なにやら捨てる本は全部速読してアタマの本棚に入れてるとか!?

200416-ks.jpg


一日はあっと言う間に終わっての深夜、普段一日を振り返る事はないのに副住職の笑顔が浮かぶ。神だのみの結び木の数が、気のせいかいつもより多いみたいだし。
こんな毎日、意外といい感じ。明日も楽しみになって来た。

200416-omikuji.jpg

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:07| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

多重録音流行り(byルニ)


ひさびさの蟠龍寺スタジオ。シーンとした空間はヤッパリいい感じ。
ピアノでもつまびこうかと思ったとたん、ミキシングルームからコペちゃんが。息も絶え絶えに『ひ、弾けない』と、ストラートキャスターをかかえているではないか。
どうやらインスト曲をひとりで多重録音しているらしい。
考えることは皆同じ様ですなあ。

200411-2.jpg

家に帰ったら俺も曲のコーダを仕上げる予定。噂ではMOTO-Gも作曲を再開したとかで、今回の国のSTAY AT HOME指令にミュージシャン事情はどこもそんな感じ。ピアノの斎藤さんに至ってはジョンケージばりに『カップ麺をゆでる間の無音』とかいう曲を作って(?)いるらしい。コペルニクスから同志達に大いなるエールを送ろう。

さて曲の多重録音とはひとりでやるので、自分がやったことを自分が『うん、いいねいいね!』などと言う作業である。非常にここちいい。しかし準備するのが意外とハードル高く、機材が足りないとかあの楽器があったら良かったのにと。
なにより人に見られたくないので人が居るとNG。そう、のめり込んでいる姿とか、うまくいってニヤニヤしてるとか、初めて遭遇したらびっくりだろう。なじみの人も『ルニちゃんって実は○○な人だったのね!』などとなるので興ざめになるに違いない。そんなミュージシャンの気持ちはどこも同じで、コペちゃんの慌てぶりが証明している。

200411-ikura.jpg

やっぱり作品は完成したのを聞いてほしい。只今収録中なのは新山君とのコラボKAF。ビルボウズHOT10入りしたバージョンは仮Mixのものでクスちゃんの手違いペコリ、仕上げやる気が起こりかえってラッキーに。
函館からスタジオに送られてきたタイムリーなイクラと魚に舌鼓、コペちゃんをひとしきりなだめてから家路に、、、。

200411-rni.jpg

今夜またニヤニヤしてしまう。自粛要請だから徹夜になってもかまわない。みな家に籠っているから好都合で誰にも見られない。

200411-1.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:57| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

桜のつぎはチューリップ?(byコペ)


桜が散ってチューリップが花開く、、。

そんな中、ネコの銀ちゃんとFacebookつながりの香港からのメール。
弁天ハウスのお近くに住むKazukoさま。目黒と香港を行き来するご近所さん。
彼女は毎年桜の季節には目黒にいる人。が、今年は飛行機が日本に飛ぶのをイヤがったとかで、やむなく香港にステイとのこと。

200408-tera.jpg
今年は花祭りもお参りだけに…

メールの中身は、と言うと庭先のチューリップとヒヤシンスは咲いたのかしら、、、との事。ならばと見に行ってパチリ。さっそくメールで返す事に。

114_2290-s.jpg

ちいさいころお邪魔してお菓子を頂いたりお喋りしたりで懐かしや。綺麗に咲いていたチューリップの1本をそっと持ち帰る。申し訳ないがKazukoさんの替わりに一輪ざしにしてみた。それを見るたび彼女を思い出す事も出来るし、何と言っても弁天ハウスによく似合う。

114_2334-s.jpg

香港はデモに続き、コロナと大変だけど人々はかなりクレバーで上手に生活出来ているという。香港レポートしてくださいと最後に書いてみたから、そのうちいい原稿が届くのだろう。その時はまたこのブログで謹んでお伝えいたします
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

猫は不要不急(byネコの銀之助)

200404.jpg

山手通りの向い側にあるお医者サマに見てもらったよ。

レントゲンとやらで、肺にカゲが見つかっちゃいました。

それと、ネコにもコロナにかかることが発見されたから注意するようにだって、、、。
連れてってくれたヨッシーRとクスママが、人間とうつりあったりしますか、とワーワー言ってますニャ。
幸いボクには感染はしてないようなので大丈夫です。

そんなワケでボクだって不要不急の外出は控えなければいけないそうで、蟠龍寺の境内からは出られません。
裏の墓地の一本桜にコペさんが連れて行ってくれました。
誰もいなくてあったかくて、とっても快適でする。弁天ハウスやスタジオではピコピコと打込みとやらの音が聞こえてます。
いっぱいいっぱい曲が出来てるらしい、、、

200404-ohaka.jpg

お寺のイベントは分散実行してます、と、TATSUO副住職がおっしゃっていて頼もしい限りです。お参りが心の安堵になればいいなあとも。
『桜とニャンコ』の写真集はどうですか?と言われたけどちょっと自信がニャいのでお断りしました。もうちょっと若ければ良かったけど、、、

そんなワケでボクは少し人生、、、猫生を考えることにした。
何年か前にひと月ほど旅に出た事、お寺のフーちゃんとお出かけしたり、隣家の花ちゃんに恋したり、蟠龍寺のお池に落ちちゃった事とか本堂の屋根についうっかり登っちゃって降りられなくニャったこととか、、、、。
いろいろあったけど、ほぼほぼシアワセだったような、、、
ちょっとシメっぽくなっちゃったけど
当分の間は大人しくしています。

ご用があってスタジオに寄って頂いたら、ボクに声
をかけてくださいね。遠くには行かないからきっと逢えると想います。これからもよろしくネ、、ニャン。

200404-meguro.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:33| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする