2020年03月11日

カゼフキ日々(byルニ)

200311-duo.jpg

こんな日々だからせめて仕事の隙間に音楽を、、、、
コペ、クスちゃん、に、コンセンサス。あっ、あまり反応がありませんな。コペは庭の土木整理に余念がなく、クスちゃんはパソコン裏点検に興味があるようだ。
4月2日にカゼマチバンドのイベントがあったのだが、方々からの自粛要請で残念ながら完全中止へと後ずさり。残るは新山君とのテクノユニット、KAFの活動となった。

Banner-kaf.jpg

世界へ向けての戦いは続いていて、新曲4曲ほどのトラックダウンを蟠龍寺スタジオで行った。やっぱりアナログ・タクも一部使用する。あくまで音味の観点から見てそうせざるを得ない。
スタジオのMIXルームにはいるとコペちゃん、すでに用意万全にてセッティングされていて、作業は遠慮したかすぐに『じゃあね』と別室へ。
新山君の意見を聴きつつのT.Dで、時々手におえない時はコペ呼び。

200311-rni.jpg

斬新だったのは新山音感で、いきなりのリバーブ無しとか、コーラスカットとか、けっこう鋭くうるさきリード、今回はコーラスもやってくれてどうやら彼のほうが支配者なのか!それでも彼のBass Soloには一転沈黙だ。コペ乱入でそれはまるでギターソロのような音に変わってしまった。曲によっては作詞のクスちゃんに出来上がりを聴いてほしいから内線コール、TELの向こうの声は少々お任せモードなのか、夕方にて終了。たかだか半日なのにメチャいい時間。

200311-nee.jpg

しかし何だか世の中末期的な感じだが、それでも蟠龍寺境内は別の空気が流れているようだ。むしろ普段よりイキイキと活動している人がいるのはなぜか。道の向こうのひょうたん池には副住職のTATSU君が横切る。彼もまた廻りに違うカゼを吹かしてる感じがしました。

200311-tatsu.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする