2020年01月29日

AKARIのアーティスト(byコペ)

AKARIのアーティストがやって来た。
Putty.co.,(プチコー)は元々『アトリエ・イサナ』のヴォーカリスト。リーダーの加藤文生さんからスンナリ知り合いとなった。

グループがヒマな時期、彼女のネットラジオを作ってみた。たしか10年近く前だったと想う。
きっかけは彼女がAKARIアーティストとして注目されていて、さらに拡大する寸前だった。ただし、ラジオの中身がかなりシュールで、聞いた方々の中にはむしろドン引きする人も、、、。
これは完璧に失敗かと想いきや、彼女のファンの中では大絶賛だったらしくカルトな人気もあり、異常な番組が今になってみれば、、、、!?

200129-1.jpg
Putty.co.,ちゃん自撮りがステキです☆

近々彼女はドイツへ旅立つ。AKARIの展覧会をやってプロモーションするけど、歌も歌うらしい。ならば番組『Putty.co.,Vox』を映像化しようでは!
コペ、クスチームでの収録、ヨッシーも応援。メンバーがメンバーだけに当時の気分そのままに撮ったはいいが、どう編集するのか!? 

20019-3-2.jpg
ヨッシー君がデカくなっててビックリのPutty.co.,☆

想えば彼女の手作りAKARIは、どこか人の心をつかむらしい。以前コペは彼女のカタツムリ風AKARIを買った。それ以来スタジオのゲストルームで役割続けている。
どこがいいのかは言葉に出来ず、何となくで、いつしかランドマークになった。
ドイツで光り輝くのはAKARIなのか、プチコーなのか?
ちょっぴり楽しみであります。

200129-2.jpg
Putty.co.,ちゃんの灯りをご自身でパチリ☆
さすがのショット!これも自撮りなのか、、、?
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:32| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

おでかけレコーディング(byクスちゃん)

最近、外でのレコーディングが無かったから、この日は何かワクっておしゃれマントでお出かけ。
都心を少しはずれて高田馬場からの私鉄駅を降りる。住宅街を進んで小振りのビル、地下へ降りるとそこにスタジオが、、、。

中にはいるとそこは別世界。
ワーワーキャーキャーの音楽業界ビト、ワンサカ楽しげ!
アレンジャーのロックギタリスト、麗人さんはヴェンタインレコードではザ・ガラパゴスでおなじみ。彼がお声をかけたミュージシャンたちで録音された3曲。偶然ドラムはシュージーさん、ベースも森健さんでした。

200127-syuji-.jpg
シュージーこと本間修治さんと☆

ミキサーの東野さんは水戸黄門のお孫さんだそうで、印籠出るかと言うくらいホントに楽しげなProToolsぶり。スタジオのボス三浦さんは、お父様とハニーシックスだったかたで『よせばいいのに』『ふりむかないで』活動してるそう。お誘いしてくれた島敏光さんは日本に絶対音感教育法を持ちこんだ笈田光吉博士のお孫さん。
、、という、むちゃくちゃ七光まぶしく、この三人の気の合った境遇トークがあまりにも面白すぎる。みんな盛り上がってて全然録音そっちのけか、と思いきや押さえるところをしっかり押さえてて鮮やか。

200127-all.jpg

本日のヒロイン、歌手の山口ひとみさんを囲んだところをパチリ。
彼女は鹿児島川内(せんだい)を代表する歌姫のお一人で、声が良く年令不詳で演歌なコブシが個性的。知り合って間もないけどなんだかお話もはずむ。ものの10分もしないうちに、私のアウェイ感も払拭してくれた。
さらにスポンサードの愛に溢れた後援会長・本橋さん。再会に湧いた手腕ヴァイオリンの野溝美奈子さんは音域外のかけあがりも難なくクリアに、、、

200127-minako.jpg

様子がわかってくると色んなものが見えてくる。おっと、蟠龍寺スタジオより全然広いじゃないか。アレッ機材もスゴイじゃないか。三浦さんが全室案内してくれて、なんとスポーツジムみたいなリハーサル室で体力つきそう。しかもゲゲゲッ三浦さんが直々にさっそうと美味しい珈琲を入れてくれるんである。
いつも『ダルーッ』とか言ってるコペちゃんとは大違い、そっか我々バンスタ組も頑張らなくちゃあね。
なんだかんだで8時間ほどのスタジオ業務。私めは今回CDデザイン担当なので次回は音で関わりたいけど、ひっそりコツコツものつくりでお手伝いするのも悪くないよね。

200127-soba.jpg

お夕飯もみんなで頂いて、この録音チームのプロデューサーらしき立場の作詞担当・島さんの号令でお開きに。私は島さんからの礼儀正しきあったか〜い夜のお誘いをかわして、一人私鉄トレインゴーホーム。よくある録音の一日だったけど、この頃こんなにお喋りで賑やかなレコーディングが少なくなったのはちょっと淋しいかも。
これだよね、という関町でした。

PR-hitomi-72.jpg
ventain records Q Label  VJHY-2002
Now  Printing
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 18:36| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

訃報(byコペルニクス)

訃報です。
昨年暮れに、ヴェンタイン関連のアーティスト、ナヲキモリ(森直希)と池間史規君が旅立ちました。
2人ともにミュージシャンの紹介やスタジオ利用者として知り合い、長きに渡りCDアルバムやLIVEなどで関わっていました。暮フェスにもお誘いして準備もしていたりCDリリースも。
今回の2人はSNSやまた聴きなど、まず人づてに廻って知ることとなりました。

ミュージシャンの多くはそれぞれつき合い方が別々で、人によっては情報もなくひっそりと行方不明になることもあり、、、。
ご家族のかたがSNSなどで公けに知らせて下さる場合もあれば、中には何のご連絡もなかったり、ときには孤独死ということもあり。その場合おそらくたくさんのミュージシャンも同じ関係性だと想われます。長く音楽で深くつきあっていても、案外プライベートは知らない事だらけ、謎だったりということもあります。

それでも振り返ってみると、、、
人によってはではあっても、2〜3ヶ月前ごろから何となくのシグナルはあります。
特別な用がなくて連絡なく急に誘いに来たり、大仰な夢を語ってみたり、面倒で理不尽な頼み事だったり、、、、。
その何となくの予感めいたものを感じられる能力があったら事態を変えられるのにと想うのですが、残念ながら僕らにはそんな占師のようなチカラがありません。
でも中には敏感な人もいるだろうから、そんな予感めいたものを感じられたらトコトンおつきあいするのがいいと思いました。
お葬式に行くと、ヤレ『逢っとけば良かった』とか、『知らせてくれたら良かったのに』とか、『LIVEやろうと言っててそのままで』とか、どうしてもみんなで後の祭り状態になります。
それでもいつの間にか、、、のケースがしばしば。

まずは訃報ということで少しでもお知らせ、、、、とアップしておきます。

200123.jpg
森直希さん 12月24日(火曜日)時間不明
池間史規さん 12月28日(土曜日)20:33
ご冥福を心よりお祈りいたします
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

不可能なフレーズ(byルニ)

このところ工務店の建築仕事が日々。
ときどき音楽系の事を想い出してやろうとするとすぐにTELやLINEが、、、。
いつのまにか年が明けたなと想ううちに今年も1月下旬。冬の日々は早く過ぎてゆきますなあ。

と、突然コペちゃんから画像が届いた。手をあげているだけのPhotoで、つまりは、お手上げ、、、? 何か困ったことになったようだ。

200120-1.jpg

エンソニックのキーボードは蟠龍寺スタジオ界隈で昔から愛用されている。The SSYの佐藤俊之さん、男女ユニット『セサミ』などから教えてもらってピアノタッチをコペちゃんが。
かくなる俺もL.Eを買って数々の作品を、、、特にドラムマシンが人間的で良い。録音時にはわざわざアンプで鳴らし、それをマイクで録ったりもする。それでも時代も移り、他のマシンに切り換えているがコペちゃんは俺のエンソニックでズーッと今だに!
理由を聞くと、音がイイからの一点張り。

200120-2.jpg

ところが打込まれたパターンを聞くと人間では不可能フレーズが多々!
これはいかがなものか?やはり人がやれないような事を表現してはいけないのでは?の追求に、コペいわく『だって機械のしたことジャン』と。まま納得。

さてこの画像に慌てて連絡してみたら、エンソニックが壊れた、どうしようと言うもの。すぐには仕事の関係で行けない。急ぎではないという事はヤツも何かに追われているのだろう。
ひとまずマニュアル読み返すことにして工務店の仕事に戻ろう。あっこの設計は建築不可能、、、

200120-3.jpg


posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

What a Difference a Day Makes(クスちゃん)

むかしむかし、、、ココナッツボーイズというバンドがあったとさ。

蟠龍寺スタジオでレコーディングなんかしてワイワイやってたら、デビューすることになっちゃった。

でもいい曲やいい詩がなくて困ってた。クスやんが頼まれてヒョイと作詞したら、これがデビュー曲となってけっこうヒットした。彼らはCCB(シーシービー)って略名で呼ばれるようになったっけ。デビュー曲は今もたくさんの人に愛され、LIVEでも歌ってる。

200116-4.jpg

そんなメンバーの一人、野口君のお父様がカントリー界のレジェンドギタリストで、つい先日、スタジオの『弁天しあた』仕様でLIVEをした。
スゴイ人らしい。(写真はリハーサル。手前で座ってるのがレジェンド野口武義さん)

当日は野口君と再会、お父様にはお茶だし、と世紀をまたがっての二世代との再会出逢いとなりました。まるで浦島太郎と最新アニメ合体事件のようなものが私の中に刻まれた。そしてイナセな野口君とむっちゃステキな奥様は、この日お父様のLIVE演奏を始めて聞いたそう。そんな親子関係の大切な瞬間に立ち会えて胸が熱くなった。

200116-2.jpg

『こんな事もあるんだね』とコペちゃんに言ったら、カントリーについての説明とミュージシャンの出逢いに関する寸評をしてくれて、最後に『これらは全て、レレレのお父さんのシワザなんだ』とちょーっと意味のわからない事を言ってた。

200116-1.jpg
ゲストの真理子さんとヴォーカルのパンチョ朝来野さん
ライヴ終了後、こちらも世代を超えて熱い握手を交わす…

そして後から発覚したこと、そのレジェンドギタリストのムカシの奥様が眠るお墓が、何とここ蟠龍寺にあるとか、、、。
どうりで時々お墓の前でフィドルやギターを弾く人がいると想った。

200116-all.jpg
写真は出演者スタッフで乾杯
お客様は27名と定員オーバーでしたが
皆さん暖かく混乱なし

改めて、縁は異なもの味なもの、ほんに不思議なものや、、、、と、新年早々の物語でありました。


posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

朝-Nebow(byコペ)

松の内が明けて、通常モード。
と行きたいところだが、朝寝坊に慣れてしまって始動が遅くなっている。
そんな日々、新年早々にやって来たアーティストたちの気合いに気分が助けられた。

200109-1mari.jpg

あさって11日弁天しあたでのLIVE『カントリーレジェンドLIVE』(by Lusna主催)。ゲストで歌うので、と一人リハーサルにやってきた石川真理子さんは歌い初め(ぞめ)。

Banner-legend.jpg

そこへいきなり登場のビビアン。
モトジーが2月のLIVE用選曲に訪れて、ロビーでギター片手にアーダコーダ。あまりにステキなのでみんなでハイテンションになりV撮り。
もしかしてネット番組になりそうな勢いに、、、。

200109-2vivi.jpg

こんな風景最近見ていなかったし、どこか懐かしい。
大昔はこんなアーティストがスタジオを奪い合いした時代もあったっけ。
どうやら近年、今年も人材不足という今の世の中が、ここにも、、、!
それでも何だか応援したくなっちゃってる気分。さあさあ何が出来るのか?プロデュースだましいがモクモクと、、、待てよ、これ果たして望まれているのかどうか?
そんなことを皆が帰った夜にツラツラと想う。

『朝食はいかがーッ』とクスちゃんの越えが遠くに聞こえてきた。
時計を見るとAM10:00。アー本日も朝寝坊を修正出来なかったらしい。

Banner-200201.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

言問橋の女優さん(byクスちゃん)

200107-tera.jpg

お寺関係のお年始あいさつ、実家訪問などは毎年の繰り返し。
気ぜわ楽しい松の内、そんな日々の中、毎年恒例となった一日浅草巡り。
今年はヨッシーRとその友達とコペちゃんと私というメンツで、午前中からGO!となった。

200107-maico.jpg

いつも行くリトルシアターの新人お笑い登竜門で初笑い、何もしない花やしき3階休憩所、スマートボールが目につき立ち食いと微妙な楽しさの中、コペちゃんがどこかにTELしてる。
ヨッシーグループはグルメに走って行ったので分かれてコペちゃんに付いてゆく。
言問橋(ことといばし)のたもとで待ち合わせ。

200107-satosi.jpg

『君だって知ってる人だよ』と言われた先には笑顔の懐かしき人が。

女優の三谷侑未さん、驚きの名役者さん。

アチラコチラの2時間ドラマで脇を固め、映画『海と毒薬』などで鮮烈の難役をこなし、明治座の舞台『細雪』では高橋惠子、賀来千香子らとタメをはる、誰もがきっとどこかで一度は目にしてる人。
かなり前になるけど、彼女にはじめて出逢ったのは青年座ミュージカル『蜜の味』。コペちゃんに誘われ、蟠龍寺スタジオバンドで音楽を担当。みんなで作詞作曲担当どころかミュージシャン一同で舞台に出てお芝居に参加させてもらったビックリ仰天の活動だった。
主役の彼女と山路和弘さんのデュオはたくさんの観客たちの心に光り輝く想い出を残したに違いない。

200107-red.jpg
広報アートは林静一さんでしたが当時の資料はありません(涙)

その後なぜか彼女が気になってた私、同じようにコペちゃんもズーッと注目していたらしい。2人の関係やいかに!とは想わないけどとにかく多くの人が気になる女優さん。
隅田川が一望出来る高層マンションのお部屋はちょうどいい大きさで、創作意欲の固まり、理想的な白いお部屋。生まれは目黒、宝塚から青年座への経緯などゆっくり話は尽きる事無く、仕事の話、役者の想い、とある監督のワル〜いウワサなど、恋愛トーク、いつの間にか午後突入に、、、
ヨッシーと合流の時間となり、ジャアネと手を振るユミさん。どこか私らと同じ香りがする、いいお正月になったネとコペちゃん。

次はどなたにTELするんだろう。と、想ったら『次はメリーさん』。
また女性なのかなあと想ったら期待とウラハラ、行く手は花やしきのメリーゴーラウンドだった。

200107-merry.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 15:19| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

あけましておめでとうございます☆

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 18:06| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする