2019年09月29日

秋の大会(byコペルニクス)

秋のイベントがらみがズラリ。
スタジオ関連のLIVEったら何やらが続いていてどれもコペルニクスが首をつっこんでいるからもはや予選通過して大会出場のごとく、さながら秋祭り、文化祭、決勝戦の様相に。かってに『秋の芸術週間』と名付けました。皆さんのおかげで乗り切れそうです。

190928-taku.jpg

まずはTAKU IKEDOWの国会議事堂前集会撮影を依頼されて敢行するもご本人調子が今ひとつと言いくじけかかりさてどうやって作品にするかハタマタ私らトボけ切って編集しようかと。

ビビアンLIVEはオリジナルソングのバンドでTAROHS、目黒LIVEステーションブッキング店長企画でコペルにお声掛けして頂くも、店長ギックリ腰で準備ままならず緊張の日々に成果半減ながらもビビアンの歌やたらウマくてOKに。キーボードのアゼネエさんの妖しさは大収穫。

190928-vivian3.jpg

190928-vivian-2.jpg

森田学の故郷あさご会の東京イベント。コペル同日寺イベントと重なりまくり担当を大窪、真理子組にマルナゲ。
これが実にピッタリマッチングで、ご本人たちの話しでは大々々々成功、CDも数十枚売れたとかで、コペルのDVDカラオケ制作強行も無駄ではなかったらしい。ごらんの通りピカイチな男性お二人です。
*photo by Marikoくんから写真をお借りしました  
左)森田学くん(ゲストで歌とトーク) 右)大窪崇人さん(P.A技術スタッフとして)

190928-gaku.jpg

190928-asago.jpg


いっぽう、目黒に戻って蟠龍寺スタジオ『弁天しあた』のDJイベント、TATSU副住職企画はNEW照明のお披露目の場となり、もはやここは六本木なのか!?と錯覚するぐらいのイメージスペースとなりました。

190928-tatsu.jpg

一連のイベント大会?は、はかなき現代社会に一矢も三矢も報いた形になったようですが、でも機材と才能と運の良さをいつでも持っていたいと思うものの、普段はいったいどこに貯蔵しておけば良いのでしょうか!

190928-kokkai.jpg

コペルニクス3人はアタマの痛いところ。来週末は金沢へ飛ぶけれど、果たしてどうなる事やらまずは最終リハーサル。失敗談にならないといいけれど、いずれにしても大会出場なので敗退したってレポートは書きます。もう予選ですませる年令ではありませんでした、、、、トホホ。

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 00:50| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

男の世界(byクスちゃん)

めでたく明治学院の女子大生になったある日、吉田コペちゃんに連れられて京橋のとあるビルへ、、、。そこは映画会社で有名な東映、当時その教育映像部という子供視聴覚用の映画や人権アニメを作ってるマジメ〜な部署にお邪魔した。

130207-post.jpg
東映会館、、、これは今の銀座

もう数十年も前のこと、メジャーなレコード会社からデビューするより前のことだった。
そこで映像の監督さんを一杯紹介して頂いた。私はワケもわからずペコペコもの。当時は女性で音楽制作をやる人など居ない、それどころかコペちゃんでさえ珍しい若手、という伝統世界。映画音楽を手がけるようになって、世の中にはこんな仕事があるんだ!と刺激的だった。

記念すべき第一回めの担当は理科教材用の『原生動物の世界』の音楽であった。ミトコンドリアテーマ曲も、ミジンコ組曲も屈辱的に全曲ボツった。それをコペちゃんが全部代演してくれた。
泣きながら京浜東北線に乗って帰る後ろ姿に、コペちゃんが『やめるか』と言い、私は『やめないっ』と叫んだのは覚えている。

そんな出逢った大勢の監督の中に、同世代の助監督が居た。ちょうど映画『男はつらいよ』(ごめんなさい、東映ではなく松竹)のガジロウさんのような魅力的な風情で、いろんな事を背中で教える世界の中での出逢い。
罵声飛び交い取っ組み合い殴り出す監督さんたちの中で、珍しく争いのしない楽しい人だった。彼はずっとコツコツとお仕事していて今は鈴木ビンメイ監督となった。私たちはたくさんの作品を作り続けた。

190924-1.jpg
(左)ビンメイ監督(右)コペちゃん

久しぶりにスタジオに来訪したビンメイ監督はナニかを企んでた。マブダチのコペちゃんと相変わらず話しが弾んでる。そしてあるシャンソン歌手のために作詞をしたからメロディをつけてくれなどと言ってきた。

なぜかわからないが男性は映画監督になると作詞をする。音楽家としてデビューしたいという監督も多い。芸術家肌なのだ。
私の手元には押井守監督の得体のしれない(←賛美)詩があるし、コペちゃんのデスクには大林宣彦監督の読めない楽譜(←現代アート)がある。今回もテンションMAXの2人はもう手がつけられないほど肥大しており、いったい何のために誰のためにCDを作るのかわけが分からないまま突入してしまう。

『男の世界』は『原生動物の世界』より奥深く細微に渡り、仲間として入るのはなかなか難しく迷うところ、、、、
ここは流れに任せるべきか、案の定深夜になってコペちゃんから『歌手の音域がクスちゃんと同じっぽいから君が作曲したら?、、、』などと振ってきた。なにか最短距離を計っての采配らしい。成功は間違いナシとは思うけど『男の世界』という教育映画にはミトコンドリアのテーマ曲もミジンコ組曲もない。あるのはただただ『男はつらいよ、、、』という泣き笑いに尽きる。

でもたぶん『ボツ』はない世界なんだろな。

190924-2.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 16:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

今どき(byルニ)

190920.jpg

1年程前から、わが木村工務店へ流行りの依頼がドンドン来る様に、、、。

コインランドリー店舗設営、全国展開、チェーン店、、、

アレッ今どきじゃないか!と思ったら次々と施工依頼が。
マスコミなどで取り上げられると、すぐに全国規模で流行り始める。ブームが下火になると次なる流行りがやってくる。
そんなわけで、エステサロンの依頼。インスタ映えルーム。代官山に恵比寿に麻布、、、

最近になって予想していた一件もやって来た。
タピオカのお店、、、、キターッと思ったけれど、いざ施工にかかってみると腕組みしてしまう。
もうご要望に沿うことは慣れているが、いつかブームが去った後はそのお店はどうなる立ちゆかなくなるのでは、、そうなると流行のせいなのに設計が良くなかったのではなどと風評が、、、。
チラッと後ろ向き志向が。
でもそうも言ってられません。今どきに対応出来てるオレはすごい!と叫んでみたいが果たして聞いてくれる人はいるのだろうか?

誰かオレを絶賛してくれーッと、かづやのラーメン(ワンタンメン)をすすりながら一応コペ(タンタンメン)とクスちゃん(支那そば)に言ってみた。
アンサーは至って冷たいものだった、、、、orz
誰も注目しないよ、だってコペルニクスの活動がソーじゃんかーッと、ナルホドの2人のお話であった。
『今どき』って対処するのが難しいね、音楽も建築もネッ
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 18:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

ひさびさ大人数(byコペルニクス)

時たま合唱のレコーディングはあるものの、大人数?でいどむのは最近ではひさびさ珍しい。
それだけ予算が足りないのか、仕事がないのか(汗;;)

本日は、北海道の新設学校校歌の合唱Recording。義務教育学校開設ということで小学校と中学校が一緒になった小1〜中3の学校の歌だ。

190917-3.jpg
Mix roomで準備中のコペ、ルニ

チコクのてるみんちゃんは自ハモなので、先にコペルニクスのクスちゃん、石川真理子、MOTO-G、belleの大川寛史さん。サビ、怒鳴りぎみ、甲子園若き息吹感動ドラマ巨編風は、コペ発、ルニMIX、クス指揮棒振り回しの展開となった。

なんだかんだコペルニクス動き急、ここで一つ問題発生。
すでに録音されている今回の歌唱、ビビアンの歌声。このリードが妙〜に色っぽく、男子達が夢心地で骨抜き状態になってしまった。

190917-1.jpg
ビビアン、、、


叱咤ゲキレイの末無事終了したところで、コソコソやってきたてるみんちゃん。さて今日のゴキゲンは?

このかた、ゴキゲン次第で天使にもなれば悪魔にもなる、ビビアンパートのハモりはいかに、、、、。なんだかんだの天使の歌声は本日も健在。仕上げはMOTO-G、大川、midoriちゃんのセリフ的ボイス。校長先生と教頭先生といたいけな生徒の女子、とそれぞれの役回りとなったメロディ無視のこのアイデアは恐らく発注側の怒りを誘うとの予測も飛ぶ中、それを強行。かいくぐってグッタリ、急に腹減りタイム、皆でレストランへ走った。

190917-5.JPG
レストランへ走り出す直前、、、

疲れてるわりにはそれぞれ自己中心的アピール合戦だったが、一気に仲良しグループに。この合唱団に名前をつけようとなったが良い案が出ない。
シモメグロ合唱隊、ヴェンタインコーラス団、ねむれぬ森の合唱姫、はばたけ合唱団、と、色々なアイデアは出たものの、、、、!

190917-4.jpg
左から)大川さん、MOTO-G、てるみん、クスちゃん
真理子さん、midoriちゃん

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:06| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

夏休みの宿題(byクスちゃん)

クスちゃんの夏休みが終わったよ〜
と言っても正直お休みがなかった。たくさん宿題があってネ。
4タイトルの新譜のリリースが重なったり、数タイトルの増刷リニューアルなど目白押し。
当初は手伝うよと言ってたコペちゃん、LIVEイベント準備に追われてパッケージングの時にはダウン、材料の向こう側でバッタリしてた。

190912-2.jpg

からくり時計の音楽集と、落語CDがけっこうな注文有りで、9月8日(日曜日)には1日で手売り134枚、たぶんこれはミクロ的にventain records 記録的最多枚数だと思うんだけど、手作りCDはこういう時に補充がつおい!すぐに手作業しかない。外部に頼めばコスト高で何より日にちがかかるのでコチラでガンバ、手がツッたりするのはまいったなぁ、と思いつつ机の上のパーツを用意しておいてちょっと時間があったら数枚でも完成、という感じ。

190912-3.jpg

いつのまにかそれが数十枚、数百枚となってゆく。工場での量産ははずして、手作りCDだけを数えたら15000枚を越えててそれ以上は数えてない。手伝ってくれた人、お世話になった人やそれをプリントした人やみんなで手づくりというのも尊いね。
そしてそしてそんなクラフトワークなCDを買ってくれて愛聴して下さってるおひとりおひとりが。

190912-1.jpg

そう、問題はモードの切換え、、、どうしても一人で工作してるときは、あーまだこんなにやらなくちゃとか暗くなったりするから誰も居ないのをたしかめて一人ミュージカルだい。
私はーッ、今、何をしているのー、おー、遠くのアナタにィ、愛を送るのよー、コムデギャルソ〜ン
という感じ。何とか乗り切る。
秋はアキでこれまた次々と新たな課題が、、、、。基本、オタクの私としてはエライ替わりようでどうかしてしまったのか? まっHuskyさんいはく、これでいいのだ。ラララーッ、私のジンセイはー、もうアキ〜、、、宿題は何とか間に合いました。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:17| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

場面、場所、人、気合い(byコペルニクス)

エイエイオーッ、、、
と、心の中で気合いを入れる3人ではあった。

IMG_3326-s.jpg
9月7日(土)LIVEにてスナック

弁天しあたLIVEはそれぞれの役割がある。
今回コペはMCとビビアンの立ちボーカルの時のピアノ&シンセプレイ実施。
ルニはP.A Mixと、下町からやってきてくれた軍団対応。
クスちゃんはDVD編集と出し、HOTサンド制作、パンフ作りなど実行。

IMG_3369-s.jpg
歌の女神さま、降臨なのか、、、!?
それを石川真理子、ルスナが支えて万全を期する。それでもいろいろと事件が起こるのがLIVE。
(photo by Lusnaさん)

IMG_3367-s.jpg
オールスタンディングの瞬間

台風接近前夜の土曜日は何とかクリアとなった。なにより今活躍しているビビアンに、歌い場を提供してくれている銀座のチャーリーさん、CDプリント専門会社の藤田さん、足立区昔問題児今は粋な兄貴達、時々ミュージシャンになる友人、、、などなど、どうやらそれぞれに出逢い成立したらしいから良しとする。

113_0993-.jpg

LIVE終了、メインのビビアンがオフィスでポツリと隠れるように。何を泣いているんだい、と、そっと声をかけると笑顔で振り返り『サイコーッ!』と一言。そっか、このいい時間帯を過ごしていたのか。だよね、彼女が泣くことなんかあり得ない。

IMG_3398-s.jpg
本日の出演メンバー集合!

サァ、後日コペルニクス3人で余韻に浸りますか。。。場所は東京湾、海沿いがいいかな!?
エイエイオー、、、、おっと、腰がイテェ、、、、

IMG_3400-s.jpg
おつかれさまの乾杯 vivianを囲んで
演奏のアポロン増田さん、本間修治さん、MOTO-Gさん
コペルニクス、石井タカシさん、大川寛史さん
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

下町小町アシ(byコペ)

水野友恵ことビビアン(vivian)。
9月7日に弁天しあたで行われるLIVEのリハーサル、バックバンドと共にやって来た。我ら彼女と出逢った時からずっとビビアンと呼んでいたが、最近はビビアンと併行して水野友恵名も横行している。

190905-1.jpg

なんてったってR&Bはバツグン。英語も達者なもんだから、前回LIVE辺りからちょい人気。女の子は顔だけじゃないよを証明したのかも。そんな彼女、下町小町だからそのオキャンチックさがいい。それに意外とモテるらしく、コペルニクスはここに来て首をかしげていた。

190905-4.jpg
今回もガッツリささえるMOTO-Gさん
そして私めもピアノを弾くことに…(汗)

リハの休憩時、ロビーでクスちゃんが彼女の魅力発見。普段あまり見ない足先、今日に限って彼女は足袋型の靴をはいていた。えっ足袋スニーカーってあるんだ。当然、中の靴下も足袋ソックス。そのアヒルライクなおみ足に思わず『かわいいい"い”』と、『い』に点々がついてしまった。いやいやすぐに気づかずゴメンネーッ、こっ、こっ、これは皆様にとりあえずのご報告をせねば、、、。

190905-2.jpg

7日のLIVEは17時オープンIN、17時30分スタート。彼女のアヒル足が見られるかもしれないよ、もちろんサイコーの歌は必ず聴けるけど、、、

Soul Twilight LIVE  feat.vivian
===============
日時:9月7日(土曜日) Open 17:00 / Start 17:30
場所:蟠龍寺スタジオ(弁天しあた仕様)
出演:水野vivian(Vo) 本間修治(Dr,Per) アポロン増田 (Bs) MOTO-G (G)
進行:吉田コペ(Piano)石川真理子
ご予約:メール coloredjazz@gmail.com 水野オフィス
    または TEL 03-3712-8882 蟠龍寺スタジオ(平日の月ー金10〜18)
チケット:¥3,000(税込)夕焼けHOTサンド&ドリンク付
*予約制24名様まで 当日来た順に受付でご精算下さい(残席わずか)

190905-3.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:52| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

何も居ない夏(byルニ)

今年の夏は何も事件が起きなかったような。
普段は新しい出逢いがあったり、新しい事が始まったり、人生のエポックに暑い夏ははずせないのだが。
恒例のジモトモ南伊豆ツアーは楽しかったが、いつもと同じ感じで飲んで騒いで湯につかるか釣りするか。

190902-2.JPG

大人になった娘と縁日に行ってみると、娘と似たような顔が並んでて、一緒の飲む勇気が出ない。

190902-9.JPG

190902-5.JPG

仕事仲間の懇意のデザイナーたちとたまには一杯交えるかなと、ひとときの涼も穏やかにいつも通りのヤケ酒。

190902-7.JPG

190902-8.JPG

お盆過ぎて何と言う事もないのでジムに行ってトレーニングと意気込んだがマシンの美しさに惚れ込むばかりで『ふぇいどあうと』な俺。

190902-6.JPG

唯一の救いはスポティファイで、インストやってる我がKAFのフォロワーが1K(1000人)を突破したというお知らせ。ありがたいしメッセージも頂くが、逢ったわけじゃあないし数の実体はまだ掴めてない。

190902-1.JPG

と、グラフィティな夏。
そう言えばコペルニクスのコペ、クスちゃんからも何も言ってこないなあ。気にはなっているけどきっと何かの考えがあってのことか。
こういう流れの時は数ヶ月以内にドカーンと意味不命な企画が立ち上がって、、、、アレッ最近はコペは寝たフリ?クスちゃんは実際ちょこざいな仕掛けがあったり?ひさびさにスタジオに行くも、タクミ君がお留守番。やっぱり今夏の終わりまで何も起きそうにない。

皆さまも夏のお疲れ出ませんよう、トホホ。

190902-10.JPG

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする