2019年08月27日

セカンドルーム(byスタッフ蓮田)

夏休みをいただいて故郷の山形に行っていました。私の実家は町でもなく田んぼまでは行かないという、よく言えばちょっとリゾートしている所です。でも何もないからあまりおもしろいとは言えません。だだっ広くってのっぺりとしています。
東京にもどってスタジオ、弁天ハウスへ行ってみると、仕事場の隣りの部屋にシンセドラムがセットされています。ヨッシーRと内田アキラさん(Saxとバロック調律家)が音楽談義中です。内田さんはここでお泊まりが多いそうです。

190827-1.jpg

窓の向こうは全くの緑。まるでリゾート地の一部を切り取ったよう。山形のそれと変わらないほど。
なんだか良い感じでしたので、デジカメをかまえていました。

190827-2.jpg

仕事場って、いい景色と素敵な人と使いやすい文房具が必要だと思う。ここはとても仕事がしやすい空間です。たまに人の出入りが激しくて一日中お茶汲み三昧になってしまうこともあるけれど、それはそれで楽しいひとときです。環境って大事だと思いました。

となりのお部屋ではコペさんが時々うたた寝していたところ。とくに冬場は床暖房があるのでベストなのだそうで、もうこの場所は音楽室になってしまうのでしょうか。コペさんにそっと聞いてみたら「わからないネ〜」と何とも?なご返答。この件はそっと見守っていたほうがいいらしいです。私の大好きな場所です。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:39| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

夏の終わりの女の子(byコペ)

毎年恒例となった東京リゾートは、あまりの暑さで鳴りを潜め、今年はほぼほぼプライベートでやってくる人が少なく静かすぎる8月だった。
弁天ハウスも宿泊者がマバラで閑散として、、、

あっそんな中、立て続けに女子たちが、、、、ヤバイ!と、あわてておそうじしたり食材を集めたりかき氷作ったりと、少々バタバタ。
何年ぶりか!?と思われるchikoちゃん。ヤレ、プレマリッジブルーだとか何とか、、、、再会したらとても穏やかでイイ感じ。相変わらずネコの銀ちゃんとまるで姉弟のように似てたが、写真はクスちゃんとヨッシー君で囲んだ。

190822-1.jpg

一日ずれていらっしゃいの、てるみんちゃん。
週末のイベントで必要になった譜面台を借りに来て、皆でヘルシーディナーを。たまさかクスちゃん作『東京ぞうすい』がダイエット中のかたにはバカうけ。

190822-2.jpg

2人が去った後のラジオNews、、、、東京熱帯夜が途切れたとか、、、、、。
そうか、暑さの温度によって民族の移動が決定する? 急に温度がさがったから女の子たちが来てくれた?と根拠に乏しい想いがチラリ。
ともあれ、やっぱり美人さんの出入りは熱帯夜のままであった。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:52| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

コペルニクス・秋の陣(byコペルニクス)

コペルニクスの人手不足に光が、、、、!?

コペルニクスでBassをやりたい、という男と初めてのセッション。まずは出来る事からテキトーに!
男はピカピカの車でやってきた。コペルニクスからプレゼントした赤いベースを大切そうに乗せて、、、、
と、音が響く。
案外いい音してんじゃん、と上々のスタート。
弦高を直すメンテナンスもみんなでワイワイ、チューニング良し!

190819-kope2.jpg
KOPEとRNIでお里帰りチューニング。。。

今までBassを触ったことがないなどという大胆男の2曲は、予定になくひたすら4つのコードを繰り返し、、、、いつの間にか編成が決まって来る。
ルニのエレキギター、となると和音が必要でクスちゃんのキーボード、するとボーカルも、したがってコペは鳴り物に追い込まれる。
秋には北陸辺りでお祝い事ステージがあり、そのBass男との関係もあって、この温泉バンドはちょうどよいバンド編成となった。

それにしても彼は同じフレーズを繰り返すだけ、ソロパートも伴奏と同じフレーズだし、どうなるんだ、まあベーシストらしいっちゃあらしいのか。それにコペルニクスの演奏力が落ちてるっぽいから奇特な助っ人を大事にしなくっちゃあ、、、
リハーサルのあとは、バンドあるあるセッション後のロイホで乾杯。くだらないミュージシャントークがなぜかスッポリ無かった!そして真面目なスケジュール&機材打合せの時間が多かった!

190819.jpg
リハーサルの写真を撮りはぐった、、、

何となく音楽家とは勝手の違うノリだけど、ひさびさのいい感じ、、、やっぱバンドで音出しはいいよネ!
誰ともなく、そんな雰囲気で、『でもさ、これはプロでは通用しないよね、うんうん』とコペルニクス。言いながら『そんな時代じゃねーか、、、』と3人。

そう、今やプロ的オファーがほぼほぼ減少してる。じゃあこれでいいのかなあ、ドキュメンタリー動画にでもしますか? さてさてどうなる、バンドの行方はイザ秋の陣へ。ストーリーは続く、、、、。
あっ4人だとバンド名も変わるのかな!?
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:34| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

コペルニクスのお盆2019(byコペルニクス)

本家のTATSUO副住職の企画が発端となった『盆踊りDJナイト』。
表向きの名目は、帰郷出来ないかたのための東京での盆供養を、、、。したがって、蟠龍寺スタジオの『弁天しあた』会場にはいる手前に祭壇が設置された。

190814-1.jpg

手を合わせてから、しあたに入る体。
そこは新入荷の照明と、クスやん編集のVと、TATSU君のMCで、案外良好な集まりとなった。


190814-3.jpg

思ったより人が来たので、今回ヤボ用で参加不可能となったルニ戦力のダウンも、しあたガールの真理子くん、会場内に飛び入りルスナ、石井御大、以下数名のアーティストによりコペルニクスは何とか危機を乗り越えられた。

190814-12.jpg
左よりジョニーさん、コペ、真理子さん、Shigeさん

190814-11.jpg
お楽しみは大人な雰囲気の石井さんとルスナさん

ホントに盆踊りも混じえての本番6時間敢行に、終わってみれば筋肉痛になってしまったのは実はPAが3系統あって機材入替が多量のため。ちっちゃい会場ゆえ次回に向けてこれは修正する事になるだろう。DJのエンタテイメントの質的向上には時間がかかりそうで、初めましての人にはどう伝えるか?が課題として残った。

190814-5.jpg
190814-2.jpg
武藤昭平さん(from勝手にしやがれ)

190814-7.jpg
DJは総勢7名、最後のシメはTATSU副住職

それにしても例年の静かな東京のお盆はイレギュラーとなったので、コペルニクスとしてはお盆代休を取ろうかいとなったけど、案外突然のワケ有りリハとか後がないレコーディングとか入って来てしまった。エーッとか思いながらもお声が掛かるのは有り難く、久々に楽器を手にするのも悪く無い。お盆はやっぱり踊らされるうちが花なのかも、、、、。

190814-9.jpg
さまになってる真理子さん(中央)と
のりのりクスちゃん(右)photo by lusna
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 15:08| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

盆ダンス2019(三木沢拓美)

お盆ちかく恒例のお寺へのお参り。

副住職のお坊さん、TATSUさんは長崎原爆追悼のお経を唱えていました。

190809-1.jpg

一礼してスタジオへ。こちらは相変わらず生きている人とのコラボですね。菊池常利さんのリハーサルや、レコーディング、CD制作、と次々とこなしている。

コペさんだけじゃなく、パソコン使いになり切ったクスさん、社員旅行?ジモトモ旅行帰り?行き?のルニさんはギターメンテナンスに、と、とにかく入れ替わり立ち代わりの図が展開されていた。
クスさんの真夏限定のソッコーかき氷をいただいたりして、楽しく過ごす事2時間余。ジャズシンガー大越康子さんもいらしてコペさんと仲良く冷んやりタイム。よく見るとおそろいのかき氷じゃないですか!

190809-2.jpg

スタジオも少々落ち着いた頃に恒例のコペさんへの質問コーナーです。しかしてそれには答えてくれず、『独身もそろそろ終わりにしたら?』と強烈な一言が。痛いところを突かれたので早々に引き上げることにしよう。
忙しそうだしと忖度したが、急に技術の話しになった。音響学の実践寄りだから非常に参考になったが、僕にしてみればビックリです。コペルニクス3人はアーティストに近いから感覚で生きているのかと思いきやイヤイヤかなり技術的で機材の使い方とか実に上手です、その秘訣を聞いてみました。

すると少々古めの機材はもうすでにデータが出ていて、結果がわかっているので、新製品より技術のGETが早いそう。
なんだかモヤモヤが一気に晴れたような気持ちです。今年のお盆はとても良き頃となりました。

190809-bon-re.jpg

12日には弁天しあたでTATSUさん発案のDJ盆踊りイベントがあるとかです。3人とも頑張ってくださいね。私は千葉にて技術を磨きまーす。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 15:03| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

からくり夏のこんがりトースト(byクスちゃん)

190806-2.jpg

なぜか今も業界人のファンが多い70年代のスーパーバンド『こんがりトースト』。
そのメンバーお2人がひさびさにそろい踏み、、、。小泉まさみさん(左)と吉田コペちゃん(右)。仲がいいのかワルいのか、ハタから見るとわかりづらいけど意外と相棒として活躍してきた2人です。
本日は公式海賊盤となる、からくり時計CDアルバムリリースについての最終打合せ。蟠龍寺スタジオでは第三弾となるファン待望のラインナップです。

190806-3.jpg
『機械のエゴコロ』
8月末リリースを予定しています
イラストはまた小泉先輩に描いて頂きました

DATAのやりとりなので、ホントは小泉さんと私だけでもいいんだけど、2人は熱いトークショーを繰り広げて止まない。海外旅行ネタ(小泉さんは帰国したばかり)、ミュージシャンネタ、録音機材や周辺機器やソフトのこと、などなど話しは尽きない。それでも小一時間で『ジャーネ』となった。お2人とも実はセッカチとのこと。

190806-4.jpg
クロアチアの美しいオレンジ屋根の風景
写真をお借りしました

こんがりトースト関係の会話に出てくる人々は、アーティスト系や有名なかたも多くて、単なる知り合い以上の強い結びつきを感じる。仕事で制作的なからみが強かったり、社会的なカラクリがあったりして、やはり音楽業界に小泉さんの根強いファンが多いんだなあと思う。CDの打合せにしても、クスちゃんから7つくらい伺ったんだけど、どれもものすごく判断が速くてしかもパス(わからない)がない。その潔さが痛快でした。

デビュー前からこの2人に連れてってもらって、いろんなところに出かけていった。それはTV局の楽屋だったりYAMAHAのリゾート地だったり、スタジオの録音室だったりレコード会社の社長室だったり。その時の2人のエネルギーが今でも私を動かしてくれてるような気がします。
こんがりトーストのメンバーは今もそれぞれが現役で活躍ちゅう、意外とみんなマイペース。むしろ一緒に活動出来たことは奇跡的かも。個人的バラバラバンドに改めて興味を持ってしまいます。

小泉さんがお帰りになった後、コペちゃんからは業界辞書のような答え。ほぼほぼ裏話はそれぞれただただ参考になるばかり。

190806-5.jpg
バッグにはこんがりトーストのキーホルダー
今日『こんがりトースト』を知ってたというかたから頂いたそう
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする