2019年07月31日

昔の街(byコペ)

190731.jpg

石井タカシ君に誘われて、平日夕方から半蔵門へ向かう。
5番出口から会場へ5分足らず。一番町の公共建造物はたいそう立派で、税金の威力はスゴイ。JAZZと演歌の歌い手がデュオする『ジャンカ』!?というコンサートはクオリティが高く、知らぬ名のミュージシャンたちも立派な音をくれたし、MCもたくみで少々刺激になった。
石井君の事だから、帰りはミーノかな?

連れて行かれた先は市ヶ谷。エッこんなに近いのか!
市ヶ谷と言えばSONYやら旧キャニオンやら昔よく世話になったらしいレコード会社があったっけ、、、。
見覚えある街角、小じゃれた店は変わらぬものの、あの頃のドキドキクリエイティヴレコーディングワクワクはどこへ?
キラキラしたメジャーの世界もいろいろトラブルで、クスちゃんは逃げたっぽい。会社の都合で音楽人生翻弄されたかもだけど、今となっては充分に結果が出せたような、、、。

一杯やりながら音楽業界の未来を語る。1杯が2杯になり、グダグダモードに。
そういえばあの頃もこんな場面があった。ただし目の前の人物は違いあれど、、、、。

最近男同志の外会が多い。尊敬する諸先輩方々はもはや街には出て来なくなった。きっとカラダが重くなったのだろう、同年代、後輩が主流となってきた。
そう、世代も時代も移りゆくぅ〜、、、もう一杯いっちゃいましょう、石井君。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:14| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

卒業生(byコペ)

190727-1.jpg

蟠龍寺スタジオの卒業生と待ち合わせ。

年に1,2度さそってくれる。
彼が高校生を終了して間もなくのころに出逢ったから、もうかれこれ20年余のつきあい。
音楽的天才の彼もいろいろあって、今は大手プロダクションの音楽制作ディレクター。キチンとした平和でおだやかなファミリーと、順調な人生を進行中。最近その会社の大ボスが逝去して、アイドル業界も混乱を極めるのでは!?、、、と心配していたから、もしや彼にその影響でも?、、、

なじみのイタリアンでワインの乾杯、で事情聴取。特に変わらぬ毎日というのでホッとする。本音を言えば『追い出されて路頭に迷って息もたえだえになったところで、そっと手を差し伸べるコペ』というのがあって、以後蟠龍寺スタジオを継いでいただき、メデタシメデタシ。そしてみんな幸せに暮らしましたとサッ!
と、都合の良い事を思い巡らしてはみたけど、現実はかなり夢とはかけ離れている。

そんな天才男子も、業界に押しつぶされるのか?と思っていたが、このまま続けるつもりではないと言う。
自身がアーティストの世界へ戻るのか?
食事会のENDINGは、今のアーティストの理想の姿を考えよう的なやりとり。かなりステキな夜になったとサッ。
という事に。何故かちょっぴり元気になったコペ、サボリぐせのついたこの梅雨時、明日はきっと、、、、

190727-2.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

石亀の赤ちゃん(byクスちゃん/byルニ)

190723-4.jpg


ナレーターのキョッペこと阿南京子さんが撫でなでしているのは蟠龍寺の池で生まれたばかりの『石亀の赤ちゃん』。

毎年、梅雨前後に弁天池で一斉に生まれ、何匹かは間違えて参道にヨチヨチ出てくる。

私もキョッペも可愛さあまりにスタジオ内でチョッカイしてたら『よ、よくさわれるね』とビクビクの男性コペちゃん。
えっコペちゃんはカメが苦手、、、!?
この地で生まれた息子なのに〜、もっと言えば人間の祖先かもしれないカメ君にたいして、シッケイかも、、、などと、心の中で反論。
ワーワーキャーキャーと女子群はテンションあがってきた。
いつもは冷静沈着が基本の(まれに脱線)上品なるキョッペの、カメを前にした普段とのギャップがステキでありました。(byクスちゃん)

190723-2.jpg

曲名『HAL』はカゼマチバンド(上の写真)の新曲。クスちゃん作詞にメロをつけたオレ。曲中『鉄でできたテーブルのような、石亀の赤ちゃんみたいな私のココロ、、、』という一節が印象的で妙に気になるところですね。

だいたい石亀の赤ちゃん、、、を歌にするとわ。
あっオレか。
試しRecで歌姫の福島さんがけっこう上手に歌ってくれた。
それどころか『この石亀のところの気持ちわかるわ〜』などと言っている。彼女は九州からやってきてこの歌を歌ってくれたのだが。心理学を学んだ彼女は、カメの甲羅のようなココロをよく知っているそうだ。それが『たったひとことアナタの声』で溶けてゆくことも、、、。

190723-3.jpg

歌い手はレコーディングの時が一番ステキに見えてしまう。
男同志この件については賛同者が多い。『石亀の赤ちゃん』がラブソングになるのはスゴイことかもしれない。本当に身近に居るのがクリビツ。何ですかね、このカメ特有のビミョーな癒しは。(byルニ)

190723-5.jpg
弁天池にお返し、、、今度逢うときは大人かな?
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:44| 東京 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

ものがたりスペース(byコペルニクス)

蟠龍寺スタジオのロビー、、、。
別名ぐーぜんアーティスト知り合い処、、、。

同じ時間に偶然同席すると、コペちゃんあたりがそれぞれをご紹介する。
その後、一緒にセッションやジョイントまで発展することもあるが、何も起きない場合だってある。相性のひとことで片付けられない何かがそこに存在する、、、、?

この10日ほどのものがたりスペースのご紹介をば。
まず歌姫ビビアンと役音の森田学くん。品物を受取に来たお二人が同時刻にたまたまやってきて、帰りは2人で手をつない、、つながないでサヨナラ。デュオにも見えるんだけど。

190720-vivi.jpg
森田学くん、vivian


柏のソウルシンガー、魂のWILD HUSKYさん。軽井沢からひさびさにやってきたお久レコーディング、僕らとはポプコンつながりの田中るみ子さん。シンガーソングライター同士です。

190720-husky.jpg
ハスキーさん、るみ子さん


3組めは天才音楽自由連盟のKINGこと佐野篤。ご近所美系ヴィオリスト田中景子遊びにお昼休みひととき。さらにちいさい頃KINGさんに遊んでもらったヨッシーRが加わってのどか時がここに実現。

190720-king.jpg
ヨッシー、景子さん、KINGさん

あとは週一レギュラー石井タカシやら弁天しあたサポートの石川真理子とあって『石〜ストーン』チームが時々やってくるこのごろ。
寄り合い所と言えば聞こえはいいけど、才能有る人の接近遭遇は何が起きるか不明。期待と欲望、交流と決別、物語は果たしてエンエンと続くでしょうか?

190720-all.jpg
意気投合。。。!?
柏のアシスタントエンジェル☆ヒロミさんも
コスプレの後に集合Photo。(左)
そしてハスキーさん、るみ子さん、コペルニクス

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:43| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

梅雨に猫(by蓮田みどり)

しっとりとじめじめする湿気の多い毎日が続いています。みなさまお変わりありませんか、ちょっとお休みを頂いていた連休を1人取ったみどりでーす。きょうはコペさんから『梅雨』というお題を頂きました。

私は週明けの本日雨の日、たまった事務、事務、事務をこなしています。CDショップのご注文を整理したり、ビルボウズHOT10(スペシャルサマー特集)の資料を集めてコペルニクスにお渡しするとか、パソコンのデータ保存とか、長くやっていると知らずに作業も多岐に渡ってきました。

190716-2.jpg

元々はこのチマチマ感が好きなジャンルなので、嫌なことはないけれど、やっかいなことと言えば弁天ハウスと蟠龍寺スタジオを行ったり来たりすることです。一日に15往復くらいするのですが、この間計ってみたら片道15秒(笑)なんですが、その15秒のために傘をさすのもなんだかなあと言う訳で濡れています。大切な事務用品を雨から守らなくちゃ、、、、。そして戻ってくると、スタジオ主任の銀ちゃんが居たりします。たまにスタジオレンタルのスケジュール表に乗っています。こんなふうです(この写真は先月のですが)。彼は外が雨だとパトロールを早めに切り上げて、スケジュール管理の仕事に就いているのですね。

190716-1.jpg

あなたは時々予想外のところでお眠もしていますね、ドラムの足下とかベランダとか。
そう言えば銀ちゃんの噂をクスさんから聞きました。ついにネコの顔認証が出来るようになったとか。エーッどうやっているのかしら、銀ちゃんが出来るのだったらそのうちぬいぐるみやカメレオンなども全部出来るようになって、迷子のペットも居なくなるかもしれませんね。

190716-3.jpg

パソコン上の事務仕事もソフトによってどんどん変わってゆきます。そのたびにマニュアルとにらめっこもヤッカイな作業です。いっそ手書きのほうがいいのかもしれません。蟠龍寺スタジオのレンタル用スケジュールは、伝統的に創立以来毎月手書きです。銀ちゃん、どいてくれますか?でもきょうも雨だからどきません。意外なところで仕事の手が止まってしまう梅雨時です。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:17| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

お盆に調律(byクスちゃん)

東京のお盆は7月。

190713-4.jpg

どうして?の疑問はコペちゃんに聞けばわかるけど、長くなるから次!
フラリ、と、やって来たのはお坊さん、じゃなくていつものように泊まりがけで内田アキラ君。名古屋からの旅でおつかれさま。お盆中は境内が檀家さんで混み合うため車は駐車出来ない。いつもは高速を飛ばしてくるけど今回は大きなリュック姿での来京となった。

190713-1.jpg

蟠龍寺スタジオの『弁天しあた』での調律講座をイベントする、、、。何人かの音楽関係の方々を前に『音の感じ方』をテーマに、ピアノ調律や感性の話を講演するらしい。どうやら調律家コペちゃんのサ・シ・ガ・ネ、、、、なんだろな。
講演は3時間に及び、実際にチューニングハンマーを実演してのもの、なかなか実用性有りとみた。
そんなこんなでこの活動も『弁天しあた』の未来シーンの一つに。

現代は行く先知らず、いろいろお試ししなくっちゃ、という蟠龍寺スタジオ。界隈でもこのごろはネコの銀ちゃんの顔認証が出来るようになったり、DJトレンドで誰もがちょい参戦出来たり、ミュージシャン達も突然絵を描き出したりとか妙な事件?が勃発、不思議が起きやすく、クスやんはワクワクしちゃうけど案外このブームは続かないっぽくって何となく続かないのが新しいっぽい!?そんなことを仲間うちに話したら意味不明よ、アッチ行ってらっしゃいとか、考えすぎよカウンセラーに見てモラエバーっなどと不評。

190713-3.jpg

そっか、、、だったらアキラ君の講座を聞いて、反省してるフリをすればいいのかも。それでもこの事態、気にせずやっちゃってみようかな、案外面白い結末があるのかも。えっ結末が出ないのが今なの?
スタジオの窓から見る景色には、お坊さんに寄り添う檀家さん達。
アキラ君は『またやりますので宜しく、、、』とお帰りに。その後ろ姿にナムナムと合掌のお盆でした。この続きはまた今度、、、お彼岸に、、、!?

190713-2.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:11| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

てっぺん越え(byコペルニクス)

昨夜はワイルドハスキーLIVEでした。

弁天しあたも細部にわたり、順調に進行した。
映像、照明、音響など、主要な件は何とかクリア。一方女子隊のほうはもっと洗練されてほぼ完璧なまでに、、、。
トレイとコーヒーメイカーは、石川真理子がチョイス、なかなかの評判。ロビーに花咲く灯りはプチ公の手作り。クスちゃんチョイスのHOTサンドマシーンが並ぶ。

190710-all.jpg

男子にはとうてい介入出来ないジャンルのシロモノばかり。スタジオLIVEの評価は意外な所で成立する。
来る人は十人十色、それぞれの想いでホンのちょい物がウケている。ただただ感心するばかり。
それでも人の気分は次々と移り変わる。さてこれからは?とコペルニクス3人は考え込む。この先はどうなるのか、どうするのか。てっぺん越えの深夜、しばしボーゼンとなる。

190710-1.jpg

それでも本日は成功なり。心地良い時間なのでありました。

190710-2.jpg
LIVE終了後の笑顔!WILD HUSKYの皆さん
@ 蟠龍寺スタジオ (photo by lusna)
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

歌い手のファンになりたい(byコペ)

ここのところ、外LIVEや展示会に行くことが多い。

音楽世界の最近はことごとくうまく行かないことが多いから相談されることも多い。
ちょいちょい調べてみても原因は見通せない。この目で、この耳で、確かめようと決心したのだ、、、
やはりLIVEは華やかで、出演者がとてもステキな存在になって思わずファンになっちゃいました、、、とか、相手に伝えられたらその場はけっこういい場面となる。でもこのまま未来ズッと続くかどうかはわからない。

おびただしく黒字になるわけじゃないし、昨今は友達レベルで心から応援する、、、というのが少ない現状に心痛めてしまう。
でも、しかし、but、なかんずく、さては?と言っている場合じゃないか、、、

190706.jpg

よーし、木陰に潜んで衣装に着替えだ!をしてヘルメットをかぶり、両手を合わせ、ヘンシーン。
わたしは業界成立レンジャーッ、スーパーオーエンマンだぜぃ。。。
マントをひるがえして窮地におちいったミュージシャンを救うべく、、、
待てよ、ところで?、キョロキョロ、、どこへ行けばいいのかな、何をすればいいのかな、、、、
せっかく色々ほうぼう見たり調べたり考えたりしたのに、、、。

やっぱここは無理しないで歌い手にウットリするのが関の山。
最近では高橋研、ビビアン、ローリングストーンズ、sayaさん、DJナイト、岡田修さん、香瑠鼓さん、森田学君、上野鈴本さん、FMさがみ、天王洲アイル、、、
それぞれみんな大好きになったし、近々は弁天しあたでWILD HUSKYさん、そしてシュージーモトジーさんのLIVEもある。
そう、今は色んなアーティストのファンになるのが一番いいのかも。未来計画はその後に考えたほうが、、、って、その未来がありますように!
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:22| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

俺たちのアイドル(byルニ)

クスちゃんから画像が送られてきた。

190701-3.jpg

一見、ふつうのファミリーPhotoだけど、そこには長いストーリーがあった。

その昔、ご縁があってNHKのTV番組に関わる事となった。コペちゃんの独特の手法で数々の番組用音楽を作り出すうちに、その後長い間NHK側のPとおつきあいすることになった。
Pのお嬢さんMarinaちゃんは高校生の時にスタジオに現れて、なぜかコペちゃんとよくオシャベリをしていた。
どうやら今にも歌い出しそうなキャラクター。
おそらく何かピンと来るものがあったのであろう。
クスやんによれば、非常にレアなアイドルをめざし、、、、。
と言ったところか。その後彼女は海外留学を経てアートや広報のお仕事に就いた。どこから見てもおじさまたちに人気が出るタイプだったから、その先具体的にとコペちゃんは言っていた。
それでも彼女は別の道を歩んで行き、最近になってその関連で出逢ったアート関係のかたと結婚することを報告してくれた。
休日にPご夫妻とMarinaちゃんご本人がスタジオに来て下さったのだ。そしてこの画像、、、、。

190701-1.jpg
Marinaちゃんを囲んで記念の集合写真
右Nobickパパ、下Yumickママ、後ろヨッシー君
左下相変わらず自撮りがヘタなクスちゃん見切れ

やっぱり綺麗になっているではないか。
まるで自分の娘のごとく感じているけど、よくよく考えてみるとコペルニクスに出向いてくれるんだからスゴイ。本来ならコペルニクスがかけつけなくちゃいけないべきものを。いやはやありがたいファムである。そんな彼女から秋の披露宴ではコペルニクスに演奏依頼が。ただし条件があって、Pパパをコペルニクスのベース奏者として迎え入れてほしいと、、、。
他ならぬ親孝行なMarinaちゃんの夢、これは叶えなくてはダメです。二つ返事でOKを出しましょう。
その場に居なかったので、この場を借りてファミリーの皆様へ、おめでとうと心でつぶやいた私であった。
で、曲目は? パパの出来る曲と言えば、、、ビートルズの『Get Back』帰って来いよ〜、である。

190701-2.jpg
猫の銀ちゃんはMarinaちゃんが大好き
肉キュウでメル友です
ひさびさリア充でご満悦の銀ちゃん
左クスちゃん、右Marinaちゃん
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする