2019年06月01日

古いもの、旧い友(byコペ)

このところ『古』、、、という場面に出逢う。
古い友人から割引券をいただいて、興味の対象…でもないローリング・ストーンズ展に行ってみた。ご近所の不動前商店街が肩入れしている例のヤツである。
ダンシャリしてたら可憐な女の子とのツーショット写真が出て来ちゃったり、もある。
昔のことだから、記憶ちがい、勘ちがい、大まちがい、手ちがい、取りちがい、筋ちがい、があった。

190601-9.jpg

ブライアンジョーンズはいつも前面に居るから、顔が大きいと想ってたけど意外と普通サイズだったり。
作曲中の私の隣りに写ってる女の子はいったい誰!?
という具合。


190601-6.jpg
作曲中。コペではなくストーンズ(展示物)

そんな、とある日にYAMAHAあたりでコペのライバルと称された人物がフラリと訪ねてくれた。
彼は牧野三朗君で、ドラムの松本君、ルスナ女史との再会をきっかけに蟠龍寺スタジオに来てくれた。彼は松本君と『ファンキーミルク』というバンドをやっていて第10回ポプコンで入賞している。
川上社長がドゲザして中島みゆき嬢をグランプリにしたとか言う
いわくつきの回、、、

190601-1.jpg
左より)ルスナさん、サブロー君、松本君、コペ

サブロー君は私と同じく鍵盤を叩いたり、音楽仲間を仕切ったり、スタジオ設立したりと共通点が多いが性格は全く真逆。双方の間にいたミュージシャンたちはさぞかし面倒だったに違いない。
それでもそんな事は大昔のこと。とっくに洪水に流してワイワイのていとなった。
レトロなことはもういいからと2人、明日出来ることはないか話。しかし今になってもやっぱり意見は真逆、結局合わず仕舞いのまま、アイデアの交換とあいなった。

190601-8.jpg
バンスタで2人、再結成?

190601-4.jpg
バンスタ、じゃなくてストーンズの録音(展示物)

いい一日だったけど2人ともそろって想い出せないことが、、、、。ブライアンジョーンズって歌、歌ってたっけ?、イヤイヤ昔のことはもうどうでもいいか、、、、

190601-5.jpg
俺たちの部屋、じゃなくてストーンズの下宿(展示物)
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする