2019年02月12日

ゴジラくんのギャラリー(byクスちゃん)

190212-7.jpg

冷たい雨日の隙間に、東京駅常盤橋へと出かけた。

ちょっとかかわりのある人がちょっと参加しているアートギャラリーへ。
と言っても野外だから、いったいどう表現しているのやら。
ビル解体工事現場を巨大なパーテーションがかこっていて、もはやそれはジオラマの巨人の壁をなしている。
そこに描かれてるのは歴代のゴジラ映画ポスター。日本を代表するエンタティナー、映画の中でここのビル破壊したゴジラくん、同じ場所でのギャラリーと相成ったようだ。

190212-4.jpg
ゴジラの隣りを修学旅行生が通ります、シュールです

たいへん興味深い企画で、この味気ない?風景を?利用して?のものだから、ある意味エコ的な、フードロスじゃないけど工事の殺伐間をまさかこんな形であったかく埋めて、、、アッ親戚の撮った記念的写真がここにも、、、、。

190212-5.jpg

この場所の歴史的な江戸の風景が壁に転写され、クレジットに親戚のお名前が。
横山松三郎さんは江戸幕末から明治に活躍した写真家。作品は重要文化財として認定されている、てなワケで見事な展覧会は近々終了となるそう。

さらに私のお琴の先生の先生、伊福部昭先生が初期の音楽監督&ゴジラのテーマ作曲。そう言えばゴジラの曲って妙にお琴の合奏曲っぽい。そして最近のシンゴジラの音楽監督は鷺巣詩郎さん。『ネコじゃないモン!』でご一緒したアレンジャー氏で、何と彼のお父さまは円谷英二を長くささえて来たそう、、、。
ゴジラはある意味、日本の映画業界を大きく支え育て上げてきた存在!
やがてここにも新しいビルが建ち、新しい歴史となるであろう、、、、☆

190212-3.jpg

なんだか妙な気分になって、今度ここに来るにはゴジラが大暴れしないと実現しない。いつかまた果たしてやってくれるのだろうか!?

190212-1.jpg
只今読書ちゅう>
映画業界の特撮技術に人生を捧げたかたの作業日記
涙なくしては読めません。しみじみと胸に迫ります。

P.S. アッとNASAが夜空の星座『ゴジラ座』を認定!? 詳しくは小学館『DIME』今月号をご覧下さい、柳家小ゑん師匠がインタビューを受けました。

190212-6.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 23:18| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする