2018年09月12日

ひとときラテン(byルスナグレイネ)*ゲスト寄稿

吉田コペさんの先輩であるWaiking In Space 白谷喜三雄さんが、可愛らしい女の子をお連れしてやって来た。私もたまたまであるがスタジオでプチ打合せがあったので知る事となったお2人である。
『花とおじさん』を地で行く2人。花を育てるのは?  人の笑顔がいいなあって、、女の子はMeoちゃん、、、。

180912-2.jpg

さて、私は何を育てるのがいいかなあって思いつつご挨拶。
最近ベテラン男性と女の子、この組み合わせが多いように感じる。そんな流れの中コペさんがいろいろと応対している。よく見かける風景だがある意味対人の参考になる。人とのやりとりは短く、明快な方が良いらしく、その辺りのやりくちを観察。

Meoちゃんはピアニスト、歌もやっていてラテンミュージック、サルサが基本らしい。白谷さんは歯を治したばかりで何とかサックスの音が出るようになったと言う。
コペさんも加わって、定番のちょっとセッション。

180912-3.jpg

その後、お茶タイム。
夕方にスタジオinするのはパーカッショニストでプロデューサー、松井イチローさん。こちらはラテンパーカスとあって、今日はラテンの日? スタジオ温暖化? そこで登場したクスちゃん、クルリと廻って『オッレー』とお茶のおかわり持ってきてくれた。

ステキな若者に逢えた一日、良き音楽を作りたい若者たち、この指止まれって『ハチドリと叔母さん』もいいかな? そんなまだまだ暑い秋のはじまり。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 16:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする