2018年09月03日

それなりスズナリなりきり(byクスちゃん)

週末に下北に行ったよ。

メンバーはコペルニクスからルニちゃん、クスちゃん。コペちゃんがどうしてもスタジオのお仕事で抜けられないので、ピンチヒッターの石井タカシさん。
ルスナ女史はシードです。
下北沢はもう何てったって役者さんの街。マチネが終わった劇場前には人だかり。そして僕らはソワレに向かってGO!した途端、待ち合わせがスムーズすぎて整理券貰ってそのまま劇場真ん前の居酒屋さんへ、、、。あっ飲んべえ、一日台無しになっちゃうから、、、

この集合は、小劇場『劇』にてbion(日穏)10周年記念公演『星の砂』出演の森田学くんがお目当て。
今回僕ら暗転のBGMを担当させてもらえて、しかもプログラムに蟠龍寺スタジオの名前を入れて頂いてて恐縮至極。
物語の役どころはGAKUくんのお人柄をそのままに、フォークシンガーの役で喋る事も振舞いも普段の彼に似て、ギターの弾き語りで歌を歌ったりLIVEに行くお話で、ホロリとするとってもいい役。ホントに当たり役だね、と4人でウワサしました。森田くんは真面目にこなしてた。すごいなあ、、、、。

180903-4.jpg
会場は超満員で補助席もビッシリ、身動き出来ないくらいッス!
スタッフさん達のおかげでスムーズに全員着席出来てました


誰かが言ってたけど、お芝居は一緒に行く人次第。面白いかどうかはビミョーだけど、関係者や主催者のかたと面と向かってお話が出来る絶好のチャンスだ。いつもどおりの必修だけど成り行きで誰に出逢うかはわからない、鋭い手となるか悪手となるかは自分次第の一騎打ち。
と思ってたら今夜はGAKUくんの校長先生、奈良橋陽子さんにお逢い出来ました。とーってもステキなかたでした。

180903-2.jpg
左から石井さん、ルスナさん、森田くん、ルニちゃん、奈良橋先生

180903-3.jpg
すでにルニちゃんは、芝居がかっております 
いよいよ何かの役が降りてきたようです!

昔、僕たちは長く青年座とのおつきあいで、音楽を担当したりミュージシャンで舞台上で演奏したりしてた。でも役者さんとみんなで和気あいあい、大好きで魅力的なんだけど、どうしても踏み込めないところがあってずっと平行線だったような。なぜか今だによくわからない世界、コペちゃんいはく「役者さんも『音楽家ってわからんなあー』って思ってるんだから」とはナルホド話。

終わってからまたまた下北飲み会自分も役者気分酔っぱらった石井さん街全体がユラユラすずなり通りすぎて駅の南西口、じゃあねバイバイも誰の役なんだろかな、、、、。

180903-1.jpg
忙しいGAKU君、連続公演の真ッ最中だけど
次の歌の打合せをさせてもらったよ〜スタッフの役!?



posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする