2024年07月20日

山ノ内くんは何才なのか(byクスちゃん)

劇団ヤミツキ準備中、公演が終わってハヤ2週間。

やっと疲れもとれて、劇団関係の物品仕分け、まとめ、保管をしなくちゃ、これが意外とヤッカイ。
キチンと整理して次に備えたいけど果たして2度めがあるのか?イヤイヤきっとある!
という前提でコトは進む、、、、。

142_1181.JPG

片付けていると思わず話しかけたのは山ノ内くん。
先日は劇中で大活躍、タセイさんとの絶妙なカラミに一同感心していたのだが、何しろマネキン人形。ウワサではお相手の演者さんだけのお芝居とも言うからには、タセイさんとナッチーさんの演技力が素晴らしいのだ。


IMG_0012-lusna.jpg


それでも役者山ノ内くんへの、ある種の情がわいてくるのは仕方あるまい。
最近は物事を決める時の相談相手ともなっている、そんな山ノ内くん。

もう一体のお仲間、窓辺のマドリーヌはどうする?
と、コペル3人でのミーティング。

142_1178-s.jpg

『こいつらの設定を決めないと、、』とルニちゃんが言えば、まずは生年月日から、とコペちゃん。
いずれにしてもけっこうアタマを使うハメに。
結局その日は結論が出ずの先送り。


そう、まずは劇団が続くかどうか、そっちのほうが大問題だから。
じゃあ、相談してみようかな。山ノ内くんへの相談は尽きない。


posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月16日

蟠龍寺スタジオの派出所(by吉田コペ)

シューくんは今、宮城に居る。

東京時代に知り合ったし、彼の兄さまがヴェンタインアーティストのPhotographerだったり、以来うすーくのおつきあい。


地元の東北に戻ったシューくん。母親の面倒を看つつ、持ち前のギター蒐集や撮影写真を時々送ってくれる。


そんなふる里からの季節の便りが届いた。

自然豊かな北の街は、もはや別世界。

半分うらやましいけれど住むにはちょっとむずかしいかもしれない。そんな素敵な処で、目下ヴェンタイン支部として何が出来るかを考えてもらっている、、、、。


シュークンは果たして、コチラの期待に答えられるか!

次回の便りにちょっぴり期待している。


『野外ステージ』

アルバムタイトルは!(脱皮)

IMG_1237.jpg
カフェテラス型脱皮


IMG_1239.jpg
マロニエお散歩型脱皮

(Photo & title by シューくん)

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 09:30| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月08日

様子が可笑しい(byコペルニクス)

DSC_0306.JPG

念願の劇団ヤミツキの初公演『劇団ヤミツキ準備中』、2024年7月6日(土)闇月の日にとなった。

蟠龍寺スタジオ『弁天しあた』仕様にて。ヤミツキは病みつきにかけてるけれど、もともとは新月のことでお月様が見えない始まりの日『闇月』だ。

やろうとした立ち上げから早2年、やっとの想いでの実現となった。

皆さんのおかげで小さい場所ながらも、たくさんの方々で昼夜とも満席となって感謝いっぱい始まった。


SSO_0561-tokko.jpg
出番を待つ天使のフルート奏者TOKKOちゃん

なぜか近いようで遠かったお芝居の世界。この何ヶ月かはひさしぶりに勉強モードの日々が続いた。

音楽だったらお手のものだけど、脚本、照明、小道具、演出、美術、衣装、広報などなど、不慣れな事やること満載で今一歩だらけ(汗)。

SSO_0660-.jpg

それでもキャストの方々に助けてもらって何とかクリア、出来たかな、、、


DSC_0339-s-ゲネ.jpg
素敵な演者のナッチーとタセイくん、本番の息もピッタリ

でも本当のことは今はまだ分からない。

二人芝居のナッチーさんとタセイさん、こんな僕らと大変なことだったと思います、ホントおつかれ様でした。


IMG_9984-台本.JPG
楽屋がわりのMixRoom、ボロボロの台本があって胸が熱い

そんな中、新しい発見があった。ひさしぶりに時代を感じたことが、、、。

よくはハッキリしないが関わった人達の想いが思ったより強く、意味不明の燃え上がりがあって少々面食らった。人と人が出逢って笑ったり泣いたりを共有する。何の垣根もなく集まっている。

SSO_0487-s-まりこ.jpg
コンシェルジュ、シンガー、ADも?
大活躍の石川真理子さん

見知らぬ同志で手に手を取って熱くなれる。それが素晴らしい。


SSO_0461-all-ゲネ.jpg
前日のゲネプロにて (いずれもphoto by 水澤茂さん)

コペルニクスの3人も、様子が可笑しかった。

つまり演劇って変な行動をしてしまうのである。あのクスちゃんでさえ、アレッ!?とキョロキョロしていた。

IMG_0007-poster.JPG
暴風雨直前、ポスターにサランラップをかけるクスちゃん
見守る優しい水澤さん (Photo by 雨女の?ルスナさん)

ここはひとつ疲れをとってから、充分考えをまとめてみよう。


SSO_0705-s.jpg
ヤミツキの専属ギタリスト?ルニ

と思っていたらいつのまにかコペル3人、予定もないのに集合してしまっている。アレッやっぱ、様子が可笑しい、、、!?


IMG_0096-rest.jpg

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 22:12| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月01日

六本木に連チャン(byクスちゃん)

めったに行くことのない六本木に連チャンです。

キラキラした街の中で、近々取り壊し建て直しとなるお寺『妙善寺』があって、風情ある姿を映像で残したい。ぜひ映画のロケ地に、、、という事情だそうだ。

142_1140-六本木.jpg

我が劇団ヤミツキの演者さん、ナッチーとタセイ君がキャストにはいっているとのこと。ロケしたお寺の本堂での試写会に、ルニ&クスで乗り込むことに、、、。

142_1151-tera.jpg

少々不思議なイベントとなっており、後にも先にも珍しい出来事であろう。

お寺の本堂でそのお寺の本堂の映像を観ると何だか鏡の中の鏡を見ているような、、、

鏡の国のアリスになったような吸い込まれるようなヘ〜ンな感覚になっていってこれはスゴイこれはスゴイとエキサイティングな気分に、、、しかも監督は監督という役で監督だったが、監督を撮ってる監督は役者さんだった。ノンストップ長回しで最後までワンカット撮影したそうで、ナッチーは重要な役でいっぱいセリフもあって緊張したそう。タセイ君はミュージシャン役なのでいつものタセイ君だった!

142_1159-to-dan.jpg

登壇でナッチーとタセイ君は立派だった!
たくさんのお客様と一緒にナッチーとタセイ君も一緒に映画鑑賞した。

IMG_9953-nacchi.jpg

142_1146-tasei.jpg


試写が終わり、登壇が終わり、鈴木トシアキ監督にご挨拶をば、、、。

と思ったらお姿が見えないのでルニちゃんと捜して、音もなく去ろうとしてると監督が母屋の廊下を走ってたので駆け寄った。

『監督ー、監督の育てたお二人が、今度は下目黒のお寺でお芝居しますよー!』

『あっどもど〜も〜〜』

意外と気軽なかただった、、、。

ナッチーとタセイ君は、かつて監督の舞台で出逢った。

はたして反応はいかに?

all.jpg

前列左から3人めが監督さん、後ろにタセイ君、前列右方ナッチー
ルニ、クスも一応いる、探してくれぃ〜

映画関係者は地味なかたが多いからコチラから突撃するしかないのかもしれない。

といってもこの先にボクらはどんな関わりを持てると言うんだ。今まで知り合った監督で長いつきあいの人がいたろうか、時代を飾って去って行った、いやコチラが去ったのか?

オーイ、監督〜、僕ら、ずっとついてゆきます

だから仕事くれー

、、、と、騒いだところで注目されることは稀。音楽家は特にね、映画業界では肩身が狭いんだよね。

ボクらヴェネツィア国際映画祭で賞をとっても、音楽家は自費で来いって言われたしな、、、
日本映画批評家大賞には作曲賞はないしな、、、

142_1129-tower.jpg

本日の監督は果たして。えっヤミツキのお芝居を観にきてくれるんだ、いい監督さんです!!

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 23:17| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月24日

六本木のおしゃれな夜に思った(byルニ)

142_1014-posta.jpg

このところお呼ばれLIVEを数件であります。

実は、コペルニクス。

ときどき現場と実際を体験比べして、何とか時代の空気を読み取ろうと、努力はしている。

というものの、けっこう年も行っちゃってますから感覚は多少たりとも鈍い、かもしれませんな。

142_1022-posta.jpg

というわけで六本木。ここは昔、草薙君がスッポンポンになられた広場、、、

そしてここは私の青春の街、最初の就職先の通勤路であります。というと『ルニちゃんはどこの街へ行っても、青春の街じゃん』などとお叱りを受けそうなのですが。


142_1034-s.jpg

LIVE『Tamaohs』は華やかでシャレオツ。店内の照明は美しかった。

クスちゃんと俺は妙に場違いな気分で隅っこにふんぞり返った。

何とテーブル席はステージと直角に並んでおり、完全に出演者に背中を向ける客が多いが誰もビックリしていないということにビックリした。

クスちゃんは椅子をひっくり返して俺に背中を向け、ステージの方をちゃんと見ていた。

が、これは実は珍しいことかも知れなかった。

俺がステージの玉ちゃんを見ようとすると、隣席の見知らぬ美女はコッチを向いているので顔面アップで迫ってくるのだ。

これはロックミュージシャンにはアリエネー体験であった。

142_1045-s.jpg

ミラーボールが眩しいキラキラの中、置いてきぼりなのか。玉緒さんのジャジーでソウルなヴォーカルはとても鮮やか、MCもよどみない。ベテランの八尋さんも手慣れている。満席は妙齢の女子でほぼ埋め尽くされており、男性は4人ほどで1つのテーブルに静かに固まっていた、、、お気持ちお察しします。

142_1041-s.jpg

おい、料理はいいから玉ちゃんの歌をちゃんと聞けよー、などと思いつつ、夜は楽しく更けていった。

142_1060-s.jpg

後日コペちゃんにお伝えしたら、コペ&真理子組も中目黒のシャレオツLIVEで同じような体験をしたらしい。

えっライブって音楽を聴くためのもんじゃないのか、音楽のド真ん中はいったいどこへ?とコペ。

思わずクスやんと顔を見合わせる。右も左も上も下も始終音楽のことを考えている俺には予想外だ、だって考えたいじゃん、と久しぶりにマジメモードに、、、、。

さてさてこのvs、いつまで続くのやら、ですね。俺は降りません。


出演> 六本木 KEYSTONES CLUB

菊地雅之(ピアノ)上野山英里(フルート)きむらたまお(ボーカル)八尋洋一(ベース)藤橋万記(パーカス)

@Photo by クスちゃん

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:54| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月14日

近づいたり遠のいたり(byクスちゃん)

本日は五反田の小スタジオ『アーバンフォレスト』。

コミュニティFMのブッキング担当の私め、TASEI君、南さん、石川真理子さんの3人と連れ立ってのラジオ収録と相成りました。

ラジオ番組はパーソナリティ次第。番組の雰囲気やレベルも全然変わるのでご用心だよねー。


kako-115_6668.jpg

パーソナリティの『林寛子ちゃんと島敏光君』は、めちゃめちゃプロだから流れが良好。私も昔とったキネヅカでご紹介フォローに徹しました。

ほどよく完了して記念撮影。サヨナラと手を振り、蟠龍寺スタジオに戻ることに。


IMG_9891-all.jpg
林寛子、ののクス、真理子、TASEI、ナッチー、島敏光

お帰り〜というコペちゃんに報告、、、。

『そろそろ君もパーソナリティに復帰するかい?』と、いきなりの振り。

イヤ〜〜、考えてもいない、ラジオのDJはもうとっくに定年、児島由美の一口ジョッキーは29年9ヶ月続いたし(なんであと3ヶ月が届かない、、)、NHK-FM『軽音楽をあなたに』は4年に渡る生放送、東京FM、FM横浜、FM愛知は名古屋に隔週、信越放送は長野に毎週、、、、(汗;)

、、だったけど、今や遠くにある世界となってしまいました。

よくよく聞いてみたら『ネット上でもいいんだよ…!』という近めのお話でした。

いやいやいいです、クスちゃん近々にやることあるでしょ。そう、劇団ヤミツキは7月6日(土)、準備で手いっぱい、だってわくわくしたいから!? 

ちなみに島さんは昼間は寛子ちゃんのLIVEを観て、夜はヤミツキを観に来てくれるそうです。


*放送は6月17日(月)夜10時から55分 八王子FM(リスラジで関東〜Tokyo Star Radioを選択)18日(火)午後2時から再放送

*舞台は『劇団ヤミツキ準備中』7月6日(土)

昼の部14時、夜の部18時(夜はSOLD OUT)蟠龍寺スタジオにて2,000円 (問) ryuryu@netlaputa.ne.jp

フライヤーA.jpg

それぞれが希望してのツーショット

IMG_9901-.jpg

*ナッチーさんと寛子ちゃんお似合い!

IMG_9905-.jpg

*TASEI君と寛子ちゃんアイドル目線!


IMG_9898.JPG

*真理子さんと下田ディレクター、なんと偶然だんな様のマブダチ、真理子さんモッてる!


kako-3shot-sc.jpg

*寛子ちゃんと私はレコード会社が一緒、島さんとは学生の時から大先輩、寛子ちゃんと島さんは親戚

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月08日

いきものがかり(byコペ)

アレッ咳が止まらない。もしかしてインフル?、まさかコロナ、、?

寒いので1枚長袖を着る。アレッあったか!

熱を計るも平熱36度。南天のど飴なめたら全て良し。

調子に乗って念願のインパーチェンスの植え替え。

よーし、家のまわりは花だらけ。 


IMGP8320-flower.jpg

アレッ、咳が出てる!またブリカエシ?まさか花粉症、、

上着を羽織る。熱、計る。飴なめる。


放ったらかしの水槽洗う。

アッという間に子供が生まれて、増えて何匹いるのかわからない。掛け合わせですでにミッキーのマークがおかしなことになっている個体もいる。

でも可愛い、、、


IMGP8333-fish.jpg

アレッ、今度はクシャミ。水の中のミッキープラティがビックリしている!

もうヤバいのでベッドにもぐり込む。アッ、あったかい!

オッ、オヤスミなさい、、、


IMGP8321-flower.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月03日

行きつけのBar(byルニ)

行きつけのBarがあるのは幸せだ。

もともと寿4丁目にあった『Barことよん』がお引っ越しをして、オーナーの名前から『Barわくよん』になった。引越もみんな参加出来たのでエキサイティングだった。

そうして昨年の11月にはついに念願だった第1回『わくよん』音楽祭を、蟠龍寺スタジオで実現した。


097A0309集合写真-.jpg

Barの柱にはその時の集合写真を上手に飾ってくれている。


6-IMG_9874-all.jpg

調子に乗ってみて、今回は浅草の本店Barの中でやることに、、、。わくさんはこれを『わくよん祭1.5』と呼んだ。いつもはスカイツリーが見渡せる素敵なお店。こないだ浅草三社祭りで神輿をかついでた彼は、ここの生まれ育ちで祭りが大好きなのだァー。


4-IMG_9323-tree.jpg

今年の正月にはコペルニクスで『わくよん』に集まった。わくよんでギターを弾き歌を歌ったのだが、下の住人の通報により警官が来店となった。


2-IMG_9332-krk.jpg

今回もちょっとビクビクっとしながら大合唱のGET BACK、しかし幸いトラブルもなく大いに盛り上がってしまった。


5-IMG_9867-trio.jpg

浅草近辺の人、人、人。みんなわくさんが大好き。

常連だけの集会はとにかく楽しい。

わくさん.jpg

だけど出来れば音楽的にも、と欲が出た私め、コペクスがスタジオ業務で不在だったので、新山を誘ってKAF気分で企んだが思っていたより理解されず、、、。おそらく選曲がよくなかったのであろう。アイムウォーラスはシーンとしていたような気がする。

1-IMG_9862-kaf.jpg


やっぱりここはヘイジュードなダウンタウン下町なのだ。

とにもかくにも新装開店から早1年を過ぎ、この癒しの空間が存在出来ていることが素晴らしい。わくさんとひさえちゃんご夫妻に感謝感謝の日々だ。

次回は山ノ手でコペルニクスも交えて飲める日が来たらんことを。そして11月23日勤労感謝の日には、第2回わくよん音楽祭が蟠龍寺スタジオ(弁天しあた)で開催される。その日、警官は来るのだろうか。


3-IMG_9567-花.jpg

(photo from hisaeちゃん)

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 21:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月30日

蟠龍寺スタジオの分室事情(byコペ)

蟠龍寺スタジオには分室がある。

南から、、、、大分、大阪、埼玉…と。

それぞれの役割をのんびりと活動している。

IMG_1209井戸端会議編.jpg

Title『井戸端会議編』@宮城


そんな折り、新たに宮城に分室が出来た。

東北の緑豊かな広大な土地(庭)に、普段はめったに使用されない機材が保管されている。


IMG_1368東北では.jpg
Title『東北では、蔵のなかにadatが眠ってる』

*レコーディングにおいて絶滅危惧種、ALESISのadat(えーだっと)。

蟠龍寺スタジオのレコーディングはもっぱらコレ。

彼の家にも保管されている。


一時はイナカでの泊まりがけレコーディングの構想もあったが、鳥の声とセミがうるさいとかで別の方向へ進む。

分室長は少々ワケ有りで、東京からこの地に出向いたが、外から見れば優雅そのもの。


IMG_1355クマガイソウは.jpg
Title『クマガイソウは、きみのハートを捕まえるか?』

*宮城分室の庭を見るとこちらは正真正銘

環境省指定の『絶滅危惧種クマガイソウ』。


逆に本家の蟠龍寺スタジオのフォローをしていただき、コペルニクスも間接的に恩恵を頂いている。


IMG_1191.jpg

時代は移り、スタジオや音楽を取り巻く事情が変わって来ているから、全国各地の分室はもしかして時代を支える事になるのだと思う。


IMG_1211.jpg

ブラボー宮城!

、、と、言っておく。


Photo by 宮城分室長より(タイトルも)

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:37| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月25日

パフォーマーにはならない(byクスちゃん)

最近になって演劇関係の事案が多くなってきたような、、、、。

有楽町駅下車して、国際フォーラムでの『第33回、日本映画批評家大賞・受賞レセプション』に行くことに。

お世話になってる島敏光さんからのご招待ということで今年も女優の那知南さんと、そして新たにロックシンガーで役者もしている田制一義さんにお声掛けして伺うことに。今度お二人と『劇団ヤミツキ』を運営してゆくその前哨戦!


142_0927-nono.jpg

待ち合わせは会場裏の並木道にあるドーナツ屋さん。なぜか緊張のあまり、1時間前から来ちゃってボーとヒマしてしまった私です、、、。


IMG_8103-去年.jpg

上は去年の第32回批評家大賞、1年前の写真、、、、南さんがすでに1時間前に到着してくれてて慌てた。


IMG_9799-3人.jpg

今年もロビーで記念撮影させてもらって、混まないうちに前列ご招待席あたりで久しぶりの方々にご挨拶、ご一緒した南さん田制さんお二人もなかなかの鮮やかさで会場で暖かく迎えて頂いた。

IMG_9805.JPG

(開演前に島さん、アイドル本條佳花さん、ヒロ吉田P、女優の水島裕子さん)

島さんは批評家大賞の審査委員長ということで無茶苦茶ダンディだったけど、登壇するたびに最後までついにダジャレ1つ言えないウズウズ感がかぶりつきで伝わって来た(^^;)。島さんマジメでいるって辛いよね、おつかれさまでした。翌日のおしゃべりで『選考委員たちからギャグを止められてた』ことが判明。


IMG_9794-goozen.jpg

南さんはお知り合いの監督さんが客席に居て、記念撮影パチリ!これからのご活躍を祈りつつ。

受賞された皆さんの登壇の中で、クスちゃんが心魅かれたのは何と言っても技術のベテラン芦澤明子さん(撮影賞)。どの現場へ行っても映画製作にこういうかたが本当に欠かせない。そして東出昌大さん(主演男優賞)の『どうやったらこの仕事を続けていけるのか、役者とは何者か、模索中』が心に残る。

一緒に見ていた隣席の田制さんからは「これは磯村勇斗さん(助演男優賞)の『月』(養護施設の事件を扱ってる)を見てみたいなー」とか「ガッキー(新垣結衣さん助演女優賞)大人になったんだねー」とかつぶやきが聞こえたような、、、サスガそれぞれのポスターもしっかりと胸に刻んでらした。

142_0928-poster.jpg

登壇ではさらに、、、小林薫さん(大賞)、荻上直子さん(監督賞)、木野花さん(水野晴郎賞)、今井大介さん(編集賞)、上田誠さん(脚本賞)、『ほかげ』の塚本晋也監督(作品賞、樹里さん主演の戦争映画で怖かった)など。映画館『八丁座』の女将さん達、ドキュメンタリー賞の皆さん、『窓ぎわのトットちゃん』スタッフや新人監督賞の金子由里奈さんと工藤将亮さん、新人賞のアフロさんと花瀬琴音さんなど一同に。それにしてもこの舞台に南さんや田制さんが登壇されててもいいのになー。

All-re.jpg

というものの日本映画批評家大賞は華やかな世界で私の居る音楽業界とはまた別世界。時折演劇界にいるかたから『コッチのお芝居に出ないか』と誘われることがあったカコを思い出したり。

そんな時いつもコペちゃんがマッタをかけた。お稽古で皆さんと混じり合うことが出来ないだろう、、、と。みんなと仲良くが出来ないクスちゃんであったが、元々私自身ムリと思ってたのでホッとした記憶がある。いつも映画や舞台では、音楽担当者として役者さんたちとご一緒してきた。音楽家と演者さんの接点がどこにあるんだろう、いつも気になっている。


IMG_9807-hiroall.jpg

夜も更けて急ぎスタジオへ戻る。劇団ヤミツキで、セリフ言ったりする?とコペちゃん。いやいや、今回もムリでしょう。今度は私め脚本で参加だし、と相成りました。

来年の批評家大賞レセプションの日、劇団ヤミツキはどうなってるのかな。今度は田制さんがドーナツ屋さんの前で、1時間前に居たらいいなぁー。


IMG_9793-2shot.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする