2018年02月17日

黒と旅その2(byコペ)

2月5日の午前に、コペ母の吉田米子が逝きました。享年94才、蟠龍寺前住職内室のため関係者が多数となり、ヴェンタイン、蟠龍寺スタジオ、音楽関係者には後日報告となったので、本日礼状もしくはメール、ブログでの公示とさせて頂きました。

母は私のみならず多くのミュージシャンと交流を持ち、自身も目黒の美術家としてたくさんの人を育ててきました。我クスちゃんもヘンな絵を描いて美術の先生に破門され路頭に迷っていた処、母に出逢いちぎり絵の抽象画(創紙画)の先生として慕っていました。

180217-2.jpg


私が学生の頃、友達や音楽仲間が家に遊びに来ると、食事や宿泊の面倒を見てコンサートの時は密かに客席に座っていました。毎年都心の画廊で展覧会を開いていたため結構有名な美術家も来ていました。そんな母だったのでこちらとしては親というより先生という言い方の方が当たっている気がします。

お寺育ちなので人生の最期に立ち会う機会が何度もあり、今回のことも特別な気持ちというより自然の成り行きのように感じます。むしろ一人のアーティストを失ったような愛しい感情が残っています。
母と知り合えた方はほとぼりが醒めた頃に、蟠龍寺の裏手の墓地でお墓参りをして頂けたらと切に思います。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

黒と旅(byネコの銀之助)

180216-2.jpg

たいへんです。蟠龍寺に人がたっくさん。葬儀屋さんみたいな人も大勢で、行ったり来たりしています。ボクの居るところがありません。様子を見に行ったらコペさんのお母さんが亡くなったそうです。コペさんビシッと黒ずくめ、クスさんも黒紋付を着てていっそう顔が白〜いです。

180216-5.jpg
KOPEの後ろ姿

180216-1-bw.jpg
ksちゃん&妹のみみちゃんさん

ヨッシーRくんは妙に黒スーツと銀メッシュがピッタリ、ルニさんもかけつけてました。コペさんは寺の息子で蟠龍寺スタジオはお寺の施設だからみんな慣れてるだろけどボクはそうは行きません。草むらで隠れてました。

180216-4.jpg

コペさんの母は寺の内室として半ば公人だったからヴェンタインのアーティストや関係者も後日それぞれにお参りするらしいです。とにかく人が多くてそっとお寺の本堂を覗いてみたらお坊さんが何人も居てお焼香の順番なんかもキッチリ決まっててまるでゴッドファーザーの映画のよう。コペさんクスさんよりエラーい上の人のそのまたエラーイお坊さんがイーッパイで、ボクはとてもウロウロ出来ないからしばらく旅に出ることにしました。

180216-3.jpg

コペルニクスの人たちはそれでも抜き足差し足でそっと仕事をしています、黒ずくめのままで。ではボクは旅に出かけてきます、、、肉キュウで合掌ニャ。 (photo by Ryosuke Ikuno)

180216-gin.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

星くず兄弟とパエリア兄弟(byクスちゃん)

新宿の街はひさびさ。
若い頃誘われナンパされてゴールデン街をウロウロさせられたりもしたよな。そんな街だけど本日は映画館『テアトル新宿』
森田学くんがチョイ役で出てるというので観に行こう。

180212-1.jpg


ルニちゃんを誘ったら、ウ〜ンという感じの参加。ギリギリ最終日最終回に間に合った。と言えばほぼほぼオールスタッフ状態、ロビーは明らかに只者じゃない人の気配でギュウギュウです。

作品は『星くず兄弟の”新たな”伝説』という、昔作った映画を30年ぶりにほぼほぼ同じ製作陣で再び作るというイワクつき映画。当時の映画出演者もたくさん映像に登場、終了後の登壇は同窓会のウズとなり思わず身を潜めてしまう。
気配り深い監督さんご自身が司会をつとめ、どうぞあがってきて下さいの声にたくさんの出演者スタッフ達が客席から登壇されて華やかに。

180212-6.jpg

*左から4番め近田春夫さん、お隣が赤城忠治さん、一番右が手塚眞監督。


それぞれの知り合いも何人かステージに上ってるので、楽屋巡りをしたいくらいのコペルニクス。
映画の原作はノリノリ近田春夫さんで、
私がデビュー新人のころ九段会館で近田さんとジョイントしたこともあったっけ、、、。
『星くず兄弟』いい曲ですね、スターダストスターダスト、、のクズ!と歌う私にうかぬ顔の近田さん、、、!?
なんとクスちゃん勘違いの巻で赤城忠治さんの作曲だったことが今回ついに判明した。申し訳ないことをした。

赤城さんが新たな映画を作ろうという発起人だったそうだ。彼の作った新テーマ歌『星くず兄弟、月へゆく』も素晴らしく、森田学くんの等身大よりデカい姿がスクリーンに映って思わず掛け声のコペルニクス、、、(画像一番右)

180212-gaku.jpg
出演者たち、作曲者、PVの製作者たちの愛情が溢れてた!
(画像はオフィシャルYouTube動画
からお借りしました)

180212-kaorgaku-2.jpg


近田春夫さんとコペルニも縁があってMXテレビ『TokyoBoy』で何度かご一緒、、、、誉めて頂いたらしい。ちなみにこの時のユニット名は『パエリア兄弟』だった。

180212-mx1.jpg

180212-mx3.jpg
出番待ちのコペとルニ。いや、パエリア兄弟のアニーニとオトゥート。

そんな近田さん達もステキな大人になられてて声をかけたらパシリさせられそう、あげくゴールデンに飲みに行こうとかなることもあるから、いっそう身を深く沈める。そう、みんな兄弟だから、、、。

次々とおしゃべりを聞いてたらけっこう実際に作ってる人、愛情深く作品を育てて来た本当の人達がわかり、期せずして時代や歴史の証人になっちゃったような気分エッヘン。そんな機会を作ってくれた森田学くんに感謝しつつ登壇は終了した。きっと関係者の皆さんはこれから夜の新宿、打上げに繰り出すのだろナ。


映画館を出たらサッと冷たい風。おなかも空いたなと思ったらルニちゃんが『飲みに行こうか』あっいいね!って、、、、ゴールデン街、なのか!?。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:30| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

覚えていますか?アイドル(byコペルニクス)

世間の男の、ひそかな知りたい事。そう、アイドルのその後、、、、。

180210-4-yuri.jpg

我ヴェンタインレコードにもそれ的アイドルが居て、もうとっくに引退か?ではあったけれど結婚して子供が出来てママドルになる、よくあるタイプじゃダメなので一生歌続けてチョーダイと言ったら『YES』の答え。子連れでリハーサルにやって来た。もちろんベビーシッター付き。

180210-5-souta.jpg
蒼太くんと

そのベビーシッターも大昔、ルニちゃんにディレクターをお願いしてラジオパーソナリティなんかしてたから事情はよーくわかっているらしく、2人の女子の連携たるや実にお見事であった。今まで期待はしていなかったけど、こうなったら本気で再デビュープロデュースしなければならぬと思った。今は時代が進んでネットやレタッチで年令制限もなくなってきたからどこかに突破口があるやもしらん、、、。

180210-3.jpg
MingMing『我美丽的少女?
https://youtu.be/WcV0RGlD2i8

田口ユリちゃんと、MingMing(みんみん)、覚えていた方が身のためかもしれない。

Banner-hanataba-s.jpg

田口ユリ『花束の夢』(アーカイヴLIVEアップしました)
https://youtu.be/A9tTBBqmpD0
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:46| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

どちらに頼んだら(byコペ)

『日高の息子ス』と、Bassを持った男子にお声をかけられた。
コチラと言えばダンボールで小物制作をしているジジ。

180208-1.jpg

気さくな好青年。実は彼の父親はベーシスト。その昔ポプコンで『海賊トマト』というバンドでエントリー、同じ回のクスちゃんとPOPCON仲間。デビューあたりによく奏でて頂いた、確実的なミュージシャン。その息子なる存在が目の前に。イケメンさんでロングヘア、父親そっくりの声でハツラツエネルギー拡散させて立っている。夢じゃないだろうか。メッタに動揺などしない私もその対応に舞い上がってしまった。

大人、とは言っても相対的にかなり若いので、一瞬にしてコチラは何十才も年を取ってしまう。ワケのわからぬまま冷静になる前にご自身のバンドCDを渡して頂いたので、何とかしてプロモーションしようとアタフタしている自分。しかもこのバンドのKeyboardは、私めが『三人患者』(バンド)で一緒だった奇才ドラマー船本さんの息子さん。

180208-3.jpg

『仕事があったら参加してネ、声かけるからね、、、』などと口走るオレ。待てよ、そんな時パパと息子、どちらに頼んだらいいのかい?ベースは2本いらないだろうし。お父さんより上手いのかい?とか、まさか聞けないし。

そんなこんなのスタジオでは平井景さんや天野清継さんといった一流音楽アーティストがズラリ。そこに若きミュージシャン。とてもいい景色であった。

180208-2.jpg
平井景さん主宰!左上が日高真夢さん 
詳細 www.kaiyirai.com
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

2月になってしまった新年会(byルニ)

結局寒くあわただしく、うっかり2月に流れ込んでしまった新年会ではある。

180204-gaku.jpg

そんな会はどうでもいい、とコペちゃん。ワーイと言うクスちゃん。上画像は弁天しあたの打合せ時にスタジオで出逢った森田学君である。毎日コツコツと歌の練習をしているという、偉い若者が居るものだ。我々からの新曲の録音ベーシックを聴いてもらう。

180204-gakukrk.jpg

そして夜のTAKESHI&ケチャップスタンパーズのLIVE、ひさびさ3人で出かけてみる。
すべての曲が感動的なフィナーレ。TAKESHIはベテランなのにいつも新しい。ケチャスタ演奏力の高さ圧巻だ。目黒LIVEステーションのPA照明等の底チカラに全員で驚く。松谷店長恐るべし。

180204-takeshi.jpg

3人でいろんな場面、いろんな人、いろんな事を考えられる。蟠龍寺スタジオの弁天しあたLIVEで出来ることは何かとか、考えたりもしますね。それは空間ではなく人の心なんですが。良い心で埋め尽くしたいね、とコペルニクス。

180204-rk.jpg180204-krk.jpg
いくらなんでもクスちゃんは自撮がヘタすぎる、あ、俺もか。

最後は酒のチカラを借りようではないか、と、なぜかコペちゃんはやや前向き加減。ヤキトリと安酒で目黒の鳥貴族。3人ポッキリ新年会となった。
他人の居ない自分の居間のような空間は妄想のオンパレードですなあ。関心ごとの発表会。切り出し担当の私めとしてはある事を切り出すと、ボケカワなクスちゃんがアタマの回転よろしく具体的にさっさと事を進めようとして、コペちゃんはそれが終わったときにどうなるかとコチラの想像をはるかに越えてしまって、えっもうそこ?というラストシーンを予言する。

180204-takerni.jpg

ままじゃあこれで2020年あたりまでの方針が決まるね、と思いきや、明日になるとまたみんなの意見が変わるんだからなー、仕方ありません、これがコペルの特徴ですと言い切っておきます。
とりあえずひさしぶりの楽しいお酒会ということで。本当は月イチくらいで会議をしなくてはいけないんですが。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:37| 東京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

名曲って?(byクスちゃん)

『クロスワードパズル』作りの名人、島敏光さんからのお誘い。
『じゅん&ネネ』さんの記念コンサートへ伺った。

180201-1.jpg

会場は古賀政男音楽博物館『けやきホール』。昭和歌謡の資料が一杯詰まった美しい建物は代々木上原駅の間近にあって、もともと古賀政男のついの住処だったそうだ。

せっかくのご招待なのにコペちゃんがお仕事で伺えず、ピンチヒッターで森田学さん、そして『じゅん&ネネ』さんの立派なお客さま石井タカシさんにご一緒頂いた。と、くしくも『葬春譜』という曲の作家&歌手チームの出で立ちとなった。立春に向けて春を葬りそうな危うい3人、、、


会場入りしたら驚いた。晴美さんとおっしゃるかたのTV番組『晴美の名曲アワー』の会で、実は私たちはゲストの方を見に来ていたということになる。

180201-4.jpg

島さんは晴美さんとのトークショーとじゅんネネさんの進行で、全体をパズルのように繋げて華やかに。

180201-10.jpg

コンサートはサスガの芸能界関係者大集合の風情。そんな中でじゅんネネ先輩の現役感は素晴らしく2時間びっしり手に汗握る大声援。

180201-2.jpg

バンスタ卒業生の三浦誠司さんは、じゅんネネの新曲や編曲でご紹介され会場の皆さんから熱い注目を浴びていた!
元々はコペちゃんが制作関連をやっていたけど、アッサリ三浦さんに丸投げ。コペちゃんに聞いたら『じゅんネネと東大卒業生はよく似合う!』などとワケのわからない事言ってた!

180201-3.jpg
左から)三浦さん、石井さん、森田さん

終宴後はバブル的楽屋ペッコリ名刺流出ロビー人脈広げホワイエ友人噂共通項探しの渦でごった返し。早々に挨拶をしてコペちゃんの代理人としての任務をキッパリと実はカチンコチンにこなし、男性お二人とちょい飲みに。三浦さんはまだまだまだまだご挨拶があるそうでご一緒出来ず。

180201-9.jpg
暇のない島さんが暇つぶしの本書いてた

思いがけない収穫はなかったんだけどロビーのそれぞれCD即売では、ヴェンタインで制作したCDもズラリ!2004年に作ったネネさんの『花のいろは〜和歌うた(百人一首を歌う)』がピカッと光ってて、これってコペちゃん率いるコペルニクスとビアンコ洋平君が一緒に制作した名盤。国の宝と言い切ってしまおう。このロングセラーは心の中で乾杯ものだった。

ワインを飲み3人でいろんなお喋りをしつつ、しみじみと当時を振り返る、、、、。ひそかに名盤名曲を残すのって悪くないよね、音楽家の最大の愉しみかも、、ねっ古賀先生ッ!?と思っちゃった日でした。

180201-7.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:43| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

ホストネコ(by銀之助)

180129-3.jpg

蟠龍寺スタジオ・フロア主任猫、銀之助です!

ボクのもう一つの仕事は見回り。吉高(よしたか)通りのチェック、駐車場の車の下、お寺の本堂の裏庭など、いろいろタイヘンなんだ!

180129-2.jpg

180129-1.jpg

このごろスタジオはあったかいからソッとはいったりすると、コペパパに『仕事ジャー』とホストをやらされるから忙しくってしょうがない。


180129-motog.jpg


でもギターのMoto-g(モトジー)さんとベースの鳴海お兄さんはいっぱい可愛がってくれるから時々行ってみたいな、、、。

180129-narunee.jpg

お話によると、2月3日のTAKESHIさん&ケチャップスタンパーズのLIVEに向けて練習してるんだって!ボクもLIVEに行けるのかな?

場所は駅の向こうの目黒LIVEステーション。行けない距離じゃないけど、途中にボスネコが5匹はいるだろうから、今のボクじゃ負けちゃいそう。どうしようかな?


180203-takeshi.jpg
ポスターをお借りしました!
https://ameblo.jp/ttrv-rock/


おっと皆さん終電近くでお帰りに、ささ見回りに行かなくっちゃ。
じゃあまたニャ〜
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:26| 東京 ☀| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

完成?(byコペルニクス)

LIVEをするとき山台というのが必要になる。
アーティストが特別に見える、客席を上から目線となる、など古来から重宝がられてきたそうだが弁天しあたにはそれがない。
だいたい使わない時はあの大きなものをどこに置いとくのさ?、とハナから予定になかったが津軽三味線の岡田修さんにはマジ必須アイテム。困ったナと思っていたら実はお持ちになっていていつも楽器車に積んであるという。一度セット致しましょうとスタッフのサトミック女史。とっ、とっ、と、言う事は、ここでLIVEをしてくれるつっ、もっ、りっ!?

180126-1.jpg

雪明けの日にやってきた岡田さん。アッという間のセッティングでプラスティックの箱×4個に木製の板×1枚。黒い布をかぶせれば完成3分で立派な手作り山台に。

そっ、そっ、それならば、、、、と、コチラも手作りの照明スポットをご披露。こわれものを集めてのシロモノに、クスちゃん明暗可変ソケットをつないで完成とする。お互いのアイデア+工夫+実行で完成した自己アピール。勝負は引き分けに、、、。おまけに年度末の3月31日、プレオープンの最終日の瀬戸際にLIVEすることになりそう、、、実に完成された一日でありました。

180126-2.jpg
岡田さんが座るとちいさなスペースでも
クエストホールみたいに大きく見えて来ます
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

秋葉詣(byクスちゃん)

180125-4.jpg

秋葉原はランダム定期で行っちゃう街。やっぱり新春は一度はお参りに行く所です。ヨドバシの1Fの横丁もこのとおり、何となく鳥居なんです。

かつてはラジオ館全盛でコペちゃんに連れていってもらったことがありましたが、今は行く事も無くなってきました。その後、表通りじゃなくてひっそり系の裏道に通ったことも。
材料屋さんの前にナゾのアジア人がいて、違法なコピーソフトを売っています。私の手元にも廻り回ってやってきたPhotoshopがあって、それにはいろんなフォントの中に中国の文字のフォントもいっぱいはいっていました。それも今は下火になってきて、、、今日は猛ダッシュのメイドさん女子がかけぬけていきました、いったい何があったのでしょう!?


180125-2.jpg

かならず行くのが秋葉館、、、自家製のAppleMac外付けハードディスク『林檎派』と、ヘビメタのバンドTシャツを売っています。なぜこの2つが並んでいるのかわからないけど、誰も不思議がっていません。

本日は(株)磁気研究所へCD-RとDVD-Rを大量にGETしに行ったのです。お正月特別割引2割引きはデカいのです!いつまで割引かたずねたところ出来る限りやっているそうでお正月が終わってもまだまだやっています。
ここではすでに製造中止になった太陽誘電のRがいっぱいあって、たぶんここが私たちヴェンタインの最後の頼みの綱なのです。
アマゾンなどでは太陽誘電製のCD-Rは4倍にはねあがっており、それは『背取り』というご商売の方々がわざと高値で売っているそうです。

180125-1.jpg

太陽誘電は音がよくバグ率が非常に低く、他の10分の1です。でも赤字部門ということで製造中止になり、社長さんにも続けてほしいとお手紙を出したけどダメでした。中小企業の辛さをわかってくれと。台湾にすべての機械とノウハウと先生を派遣してCMC製品を作っているのですが同じはずなのにやっぱり何かが違うそうで涙々の物語です、、、。それでも磁気研究所は長く流通問屋さんで何とか販売してくれていて以前の値段よりさらに安くなっていてやっぱり小売り店の良心が見え隠れするなあ、、、。店内で苦労話など聞きつつありったけの会話をして買い込む。。。あっ重たい、これは重い。

ということで最後はルニちゃんに電話してお隣の浅草橋にいたので車でスタジオまで運ぶお願いをしました。やっぱアキバはいいよね、今年はもう2回目、次回はゆっくり浅草橋に行ってみたいです。田口ユリちゃんのYURISMアクセサリの仕入れもとでもあります。はたして目的のブツはGET出来るのでしょうか!?えっクスちゃんは背取りはしませんよ!

180125-3.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする