2018年10月18日

2分遅れの時間(byクスちゃん)

牛久駅。
常磐線で松戸、柏、をすり抜けて、東京発千葉経由で茨城の目的地へ。
曇りがちなその日は、ちょい寒の少々後ろ向きの日。牛久駅は思ったよりも近い駅、駅西口に直結したショッピングモール『エスカード牛久』は市が運営しているらしい。私のからくり時計がここのどこかにあるという空間を楽しみながら、ふとしたところにそのブツは存在していた。

181018-2.jpg

からくりファンのかたからメールを貰って気になってた、カッパの親子たち。
『お久しぶりです。今日牛久エスカードのかっぱのからくり時計を見に行ったのですが、説明によるとチャイムの作曲が児島さんとありました。今まで何回か見に行っていて身近な所だったのでとてもびっくりしています。』(yさん)
別のかたからも
『テナントビルなんだけど、ショップがはいらなくて閉鎖の噂もあります。まるでからくり時計のために毎日開店しているような状態。早くいかないと見られなくなるかも、ぜひ見にきてください』(k氏)
えええっ!?これは行かなくちゃ!とやってきた街だった。

181018-1.jpg

たしかに壁の金属プレートには『作曲 児島由美」とある。少し離れたところから冷や汗をかきながら様子を見る。
誰も気に留めるふうもなく、ただただ通り過ぎてく、、、、。
あっ時間だ!と身構えるも。
鳴らない。からくり出てこない、キコエナイウゴカナイ。あらら、誰も興味持ってくれないのは当たり前、だって動いてないモン。がっかり、はや撤退モードか、ご用ないし、と、後ろを向いたとたん、キンコンカンコンパッパラパッパーと時計が開きだした。

181018-6.jpg

えっ今になってどうした!2分遅れだぞ!コレじゃあ時計の役してないじゃん、でも動いたウレシや、そうか、この街は2分の時差があるのか?、まま、いっか、バ、バンザーイ、とひとり小躍りする。

この街大好きーッ

181018-5.jpg

ベンチに座ってるおじいちゃまおばあちゃまもホッと安心してるようにも見える。いつもの風景、いつもの平和。
よおし、ここにはいってるショップでお買い物して少しでもおみやげしちゃおうぞ、感謝のシルシ。
まずはスクラッチ宝くじ。コインでこすって、、、えっ当たり!?これじゃあ地元貢献にならないヨ。
一時間に1回、牛久名物でもあるカッパが貢献してるからいいのか。
『ううん、アタシもうれしいわよー』と宝くじの美人お姉さん。

181018-3.jpg

3階には新しくフィットネスジム。1F2Fにブティックやスーパー、市役所窓口があり、八百屋さんのお嬢さんもお茶やさんのママさんも元気で頑張ってた。テナントのご主人も『いっときアブナかったけど皆で地元を盛り上げようと話してる』そう。このまま永遠に鳴り続けてくれるといいナ。
からくりファンに有名な『からくり時計@wiki』によると『1987年設置』との事。計算すると約10万回鳴ってることになる。ウワサではずっと2分遅れのままらしい、、それでいいから。

宵闇が降りて小雨が降る頃、常磐線は都内の駅に到着した。定刻どおりに。

181018-4.jpg

〜オマケ〜
牛久はワイン蔵の街!?
浅草『神谷バー』創設者、神谷伝兵衛が作ったシャトーカミヤが圧巻。
ワインはむちゃくちゃ新鮮で美味しかったです。(写真はスタッフに撮って頂きました)

181018-4-2.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:37| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

カミユイ亭主って、、、(byコペ)

181015.jpg


白金にクリニックに行きがてら、スタジオに寄っていただいたこの男。

昔、広告代理店で名ディレクターをやっていて、『紀文』のCMなどでコペ、クスがめちゃくちゃお世話になった人。
だいぶ前からフリーランスになったけど、バブルがはじけて彼は酒にはじけた、らしい。

彼が企画や選曲、プロデュースと音楽寄りのクリエーターとして何とかやって来れたのは他ならぬ窮地の時のカミだのみ、奥様のおかげらしいけど、カミユイの亭主って我らが憧れの的。
時々はうらやんだりねたんだりするも、どうしたらそれを成立させてしかもオクタマに睨まれないのか探るべく、いろいろと質問をブツケてみるものの一向にその秘策が掴めない!

ただ一つ言えること。彼は意外と女にモテるということだ。そういえば昔、何かの打ち上げの場面、酒の席で突然美しい新入社員の女の子、会議室の机をBANGと叩き付け立ち上がると
『私はズーッとTommyさんについていきますから!!』などと、いきなりの宣言モード。当の言われた彼は小さくなってその場をおさめようとしていた。そんなカッコ良さはそうそう真似が出来ない。

今回は何年振りかで企業VPの音源を探しに来てくれた。いろいろと曲を渡せて後は彼にお・ま・か・せ。安心の限りである。
『じゃ、次があるんで、、、、』と去って行く彼、たそがれ時。さてさて行く先は酒か女か? 改めて憧れてしまう。誰か机をBANGと叩いてくれないかしら。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 22:15| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

美しき代官山(byコペ)

代官山は東京見物の案内街。
時々チェックしておいてイザという時お連れするのがよろしい。ここ目黒から歩いても行ける街なので心安い。でも1年放っておくと平気で店が変わっているから要注意。

181011-4.jpg

秋の日今回の主役はマリナちゃん。おつきあいのあるプロデューサーのお嬢さんだ。現在は金沢で立派にお仕事されている。知り合ったのは彼女が高校生の頃。何とか美人さんになって何だかホッとしている。
お誘いがあって伺ったけど、メキシコ料理やチョコカフェはまだまだ続いていて良かった。アクセサリー店や古着もちょこちょこ覗いてみたいというのもクリアの偶然の1日。

年に一度の代官山『猿楽祭』にいらした彼女。去年はコペルニクスそろいぶみだったけど今回は全員とはいかず。
旧朝倉邸の公開日やデンマーク大使館のフレンドリーシップの日だそうでおかげさまで中にもはいれた。マリナちゃんはそんな景色にピッタリと溶け込んで、とても素敵に見えたから思わずシャッターを切った。

181011-1.jpg

夕刻になってちょうどいい光具合だったから西郷隆盛の作った、、、いや、西郷ドンの弟が作ったという西郷山公園を最後の場所にチョイス。夕日が綺麗なところで入り口のカフェで光を浴びながら、ここは代官山のはずれだから目撃されることもあるまい、と、油断してたら『コペさんでしょー!』の呼び声。ものすごく華やかな女性が手を振って近づいてきて、ゲゲッ芸能人のかたか、、、でもちょっとズレてる歌姫のA嬢。コーラスグループ『サーカス』のメンバーだ。大昔僕はクスちゃんと共作して楽曲提供したグループのニューフェイス。

181011-2.jpg

彼女もプライベートの散策らしく、ギャオッスーのうれしい再会となった。マリナちゃんともさっそくお友達に、、、、。と、となりのカメラマンは誰?それ!彼?撮影?。。。と、いらぬ詮索はしないで男同士の名刺のやりとり。
光の中の男同士、こちらだって美しいんだぜ、、、、!?

181011-3.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:42| 東京 🌁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

コペルニクス臨時国会(byコペルニクス)

頼まれ撮影。
全員参加とは行かなかったけれど、とにかく国会議事堂前へ行く。前回僕らがここに来たときは大勢の人がシュプレヒコールしたり演説する人が列をなしてたり暴れる人も居たけど、今回は整然たるもの。ここに集まった人たちは歌ったりDJしたりする音楽家たちが中心で、観るだけの人が居ないと言ったほうが正しい。政治的意味あいのイベントだけどどっちかというと主義主張政治関係者は居なさそう。カメラにとってはたいへんスッキリの図。こいつはいいぞ、絵はがきのように美しい。

181009-kokkai.jpg

撮影を頼んでくれたのは去年ヴェンタインレコード・スキャンダル大賞のTAKU IKEDOWさん。このフェスの1回めに参加するTAKUさんのお姿が東京新聞に載っていた。2回めにあたる今回は議事堂周辺に点在する8つのステージの1つステージ『烈火』で参加だ。

181009-stage.jpg

一方ステージ『怒濤』には、10数年前に蟠龍寺スタジオでCDを作った井上ともやすさんの歌うお姿も。お二人の大変レアなツーショットを撮らせてもらった。

181008-2shot.jpg
(左)TAKUさん (右)井上さん

コペルニクスご紹介したりとかあちこち巡ったりとか、何かと忙しくアチコチ歩き回った(^^;)。クスちゃんめざとく国会のお土産屋さんで、フザけた文房具見つけてホクホク。

181009-3.jpg

それにしても人が居ない。機動隊の皆さんもスローモーションで道案内な感じ。『空に向かって撃てー!』と叫んでみたいけど、ここはジッとガマンの子。歌い手は一体誰に向かって歌っていくのだろう。コペルニクスが歌うとしたらこんな時どうするのだろう。考えてしまう一日だった。
さあ帰ろう。映ったカットを編集して作品にする作業が待っている。

181009-all.jpg
TAKU IKEDOW & 音楽に政治を持ち込む仲間たち

左)坂本達雄さん(per)池戸TAKUさん(G&V) 河西堅さん(G)とKANAEさん
前)幹部スタッフで歌い手高橋よしあきさん、P.AのMさん


野外ロックフェスティバル『イットクフェス』2018〜"言っとく"けど俺たちの自由はヤツらにゃやらねえ!
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201810/CK2018100802000118.html
*掲載記事 東京新聞10月8日朝刊

TAKU IKEDOW ブログブルース https://blogblues.exblog.jp/


posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:49| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

ピアニスト(by三木沢拓美)

F.P(フリープロデューサー)の、木下純さんを誘って、ドキュメンタリー映画の音楽担当になったコペさん。
2人で画面見ながらの制作中です。ひんぱんに訪れる各方面のゲスト。制作見学に来ていただいたピアニストのakoさま。そこへ久々のコバレフスキ。彼もピアノ弾きだからクラシック話に花咲タイム。

そこでakoさんとコバレフスキのツーショットをお届けします。akoさんのファッションセンスに惚れ惚れしているコバレフスキの肩には、何やら日本のお守りが可愛く揺れているではありませんか。

181003.jpg

クスちゃんさんもお茶を入れに来て、純さん以外の4人は全員ピアノを弾かれるわけだから、ピアニスト連弾連弾ですかね。いったいどんな作品になるんでしょうか。

実際はコペさんの自己責任で録音を、と中津監督は信頼を寄せているようですが、現場はえらくテンション高め。内容が東南アジアのラオスの医療事情という事もあって、エスニック調が多めの音楽的分析もさる事ながら仕事の早さが半端無く、残りは明日ということで今日のところは夕方解散ですか。スタジオのアコピのセットをはずしていました。

片付けは僕に任せてくださいね。ピアニストって何かいいッスよね。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 17:48| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

風(byコペ)

181001-3.jpg

木村ルニちゃん率いる工務店系のバンドに、クスちゃんの歌から名前がついた。


バンド名は『風待ちバンド』。風を待つ、とは少々マッタリした名前だけどオジサマバンドではよくある事。予想に反してこの一件、火がついた様子。
歌のタイトルは『風待ち横丁』、ルニちゃんのペンネーム『風友去』にも通じてる。何だかいい名前のような気がして来た。
そんな風待ちと言ってたら昨日ホントに台風がやってきた。ニュースを見ながらリハーサルは繰り上げとなって『風はいいけど、台風はね』と早々夕方には解散、終了宣言と相成った。長野のメンバーのかたは来れなかったらしい。

181001-2.jpg

夜になって大変な荒れ模様、都心が暴風雨に揺れた。私はなるべくスタジオにこもって中津監督依頼の映像音楽に凝ってみる深夜となった。コンクリのスタジオはピクリともせず、まずまず快適なひと夜となった。3.11の時もほぼほぼ揺れなかったので本当に心強く、非難してきた音楽家もちらほら居たっけ、、、。

ふと目がさめると朝の境内が騒がしい。今度は風ではなく人の声である。お寺廻りで副住職のTATSUちゃんが何か運んで来た。デッカイ屋根が昨夜の風仕業で桜の木にひっかかっていたそうだ。ここ一日ご近所のちょっとした騒ぎとなる。
風待ち、風行け、風追い、、、、なんかいいんじゃない? えっ風当たりが強い!?

181001-1.jpg

風待ちバンド☆クリスマスLIVE☆ 決定しました
==========================
日時:12月22日(土)14:30開場 15:00開演 (〜17:00閉演)
場所:『弁天しあた』(蟠龍寺スタジオ内)
出演:風待ちバンド 
ゲスト:田口ユリ
チケット:2,000円(スナック付)
主催:共同組合 日本店装チェーン 
*LIVEスペースの改装もお世話になりました 
協力:蟠龍寺スタジオ
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:14| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

谷山浩子と児島由美〜密かな夢の共演〜(by山ノ内)

蟠龍寺スタジオのスタジオわらし、山ノ内です。
週末に当方の蟠龍寺スタジオにて、ちょっとしたイベントがあったのでご報告いたします。
何だろうと僕はじっと弁天しあたの片隅に立っていた。
主催は下條さんというかたでレンタルして下さったのだが、昔でいうレコード試聴会といった方が良いでしょう。
蟠龍寺スタジオ関連の貴重な音源を、関係者とコアなファン代表が集まって、アーティストの深ボリ、研究材料、歴史検証といった意味合いがあったりする。
お客様がいっぱい来て、僕を不思議そうに見たりもしていた。

今回は何と谷山浩子と児島由美(このブログではクスちゃん名)の特別何たらかんたらとかで、下條さんが思いついてくれたらしい。かつてアナログレコードで発売され話題になったものの、CD復刻されていないアルバム2枚が取り上げられた。
1枚はラジオ関西の企画『風流るる里に』。第一部で全曲流された。谷山浩子さんが兵庫に伝承する仕事歌を集めピアノと歌、蟠龍寺スタジオの面々が演奏合唱して録音、児島由美とのデュオもある。

180926-1.jpg
写真は児島由美リサイタル(神奈川県民ホール)
ゲスト谷山浩子(左)

2枚めが矢野健太郎さんという漫画家とのコラボ『ネコじゃないモン!』。(企画、作詞作曲)谷山浩子、(歌)児島由美、でオリコンをにぎわした名曲ぞろい。2部では漫画の台詞を言う登場人物たちの声も流れ、クスちゃんはもとより谷山さんの可愛い台詞も聴きものだった。

180926-2.jpg
作者の矢野健太郎さんと、主人公『尚子』役の児島
こちら児島由美&三人患者のリサイタル終了後
(渋谷パルコ☆パート3にて『シューリズムの正しい聴き方』)
お花を頂き照れて目の形が『のの』になってる児島

言われてみればこの2枚、今ではなかなか耳にする機会がない。今回我が弁天しあたに来られたかたは大変ラッキーとも言える!

イベント終了後、当時の写真をさがしたら数枚発見することが出来た。紙焼きなので保存の意味もこめてネット上にアップすることに。上に載せた2枚がそうです。
谷山浩子さん(のこさん)と児島由美(ののちゃんことクスちゃん)の2ショット。年令も同じ、顔も似てる、音楽の天才、ただし性格は真逆、一緒にツアーに出たことも。なかなかいい感じの2人と思いますが、、、、。

僕としてはまたこの2人が並ぶことを、スタジオの片隅からほのかに期待したいと思います。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:54| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

ビッグガラポンで廻る廻るよ世界は廻る(byクスちゃん)

連休とはいえ、CDアルバム制作が花盛りの季節到来。マスタリング、ジャケット等のシメキリで休み無しのバンスタです。

180925-palm.jpg
この写真はパルムのサイトからお借りしました!

やっとメドがついたぞ、2〜3時間あるぞ!出かけちゃおうか、、、
ということで、定番のご近所さん、武蔵小山ことパルムアーケード街へお出かけ。
ハードオフでパソコンジャンクをチェック、長袖Tシャツはどこじゃ、回転寿司は行列なので王様とストロベリーのケーキセットなのか!?と何かとせわしい。

180925-2.jpg

そんな中、アーケードの中ほどのムサシコ本部でガラポンイベントをやっているではないか!
私の大好きな福引きやってて当たらないのにやってみようなどと殴り込む。担当の女の子がえらく張り切ってて私と目が合う。いえいえ、実はアタシ、運がワルい女なんだよ、どーせしがないシンガーソングライターだよ、ダメダメそんな目をしても当たりっこないんだから、、、。
と、廻したら何とガラポンから黄色い玉が出て、それはビッグガラポンを廻せる権利ゲットなんだって。

180925-1.jpg

そんな時、一緒に来ていた三木沢君がなぜかピカンと光ったので彼に廻してもらう。三木沢君って運のいいヤツなのか!?謎は深まる、、、ひょっとしたら大穴狙いなのか?、、、、アッタリー!とスタッフの声。クス玉が割れるわチョウチンが出るわ鳩は飛ぶわの大騒ぎ。何のこたあない、2千円分の商品券を頂いた。
このかた、ココゾで当てちゃう。私に少しでもこの能力があれば、、、、と、アーケードの天井を見上げてしばしたたずむ。

180925-3.jpg

グルグル廻るビッグガラポン、ジンセイってなんだろう、ちょっとナミダが出てきちゃってる。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:04| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

合掌友達(byコペ)

180920-1.jpg


MOTO-G(モトジー)さんが友達を連れて来てくれた。

ベテランピアニストのEBIさん(写真右)。同年代で今もバリバリ現役とのこと。
すぐにミュージシャントークになった。
60才代音楽家が私も含めて3人そろったということになり、仕事そっちのけで盛り上がる。

紅一点、こちらは若くって美人さんの香川みどりさん。
リンゴちゃん、の愛称で呼ばれる演歌歌手とのこと。でも話す声はアイドル声!だからほのかにピンと来る。
いずれ何かご一緒出来ることがあるかもしれない、、、、!

ビックリしたのはギターを背負っていてまたその姿もイケてること。ワケを聞いたらMOTO-Gさんがギターの先生らしい。
そいつは大変だ。彼はスパルタだからキビシイよね。10年後のステージで一曲弾き語りをするんだって?
出来るのかなとシンパイしつつ、コードが、キーがやっかいな楽曲にトライ。EBIさんがさっそく移調して譜面に書き込んでいる。さすが!の図。

仕事は進まずとも楽しき一日となった。

お帰りに3人に合掌してしまいました。

180920-2.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:02| 東京 ☁| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

遠くへ行きたい…わけでもないけど(byルニ)

コペルニクス活動とは別の単独行動、しかも旅。なぜかと言えば工務店関係、仕事がらみの孤独。
と言ったところなので、ツアーを手短かに最少言語数で、、、、。


180917-1.jpg

三日間であちこち、、、
常総線で茨城の稲戸井へ打合せ。
一両編成が来たのには驚いた。今のオレ、心地よい。


180917-2.jpg

富山県高岡へ。店装建築の研修会。
去年はここに誘われて『ホタルイカの身投げ』、、、という悲しい風物詩を見に行って以来。1年ぶりに富山のブラックラーメン。


180917-4.jpg

昼ごはんはほぼ駅弁が定番に。
孤独のグルメ、30品目。


180917-5.jpg

富山から小淵沢へ4回乗り着いでNobick氏のリフォーム仕事で。小淵沢はいい感じ。
とにかくひとあし早く秋が来た。職人に愛想良く話しかけたりした。

180917-6.jpg

1人で電車に乗っていると長いので、曲を作ってみた。
速度がちょうどいいのか、電車でマジ、オレって結構イケるかも。ああ、ギターがあればなー、心もリフォームなのか。

というワケで終わってみれば悪くはない旅だった。戻って東京の雑踏に仕方なく紛れてみるか!
こんなノイズにホッとしてたりもしますね。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:51| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする