2022年06月28日

最近逢った人、、、(byコペ)

最近逢った人、、、
スタジオに来客してくれた方達

220628.jpg

*大越康子さん(上段左)
ジャズシンガー、プライベートなお話。
モテる女は悩み多し。

*石井タカシ(上段中)
サラリーマンにベーシスト。たまには外で一杯、ということで、プレジションベースも返さなきゃネ。ガールフレンド、連れてくよ。

*てるみん(上段右) 
ヴェンタインきってのヴォーカリスト。
少々アタマがイッちゃってるけど、むちゃくちゃ歌が上手くって、しかもカワイイから良しとしましょう。

*KAF サウンドユニットの2人(下段左)
なにかと用有りで、スタジオを出たりはいったり。
放っておいても良し。
ちかぢかライブ配信をする、、、らしい。

*三木沢拓美(下段右)
遠ーい遠ーい親戚。千葉でサーフィンイベントなんかやってる。
はやくアーティストになあれ、、、

**森田学くん(出逢いならず)
今回は急な欠席でザンネン。7月2日に新宿でひとり芝居&歌のライヴ予定。すでに満席とのことで、さすが。

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月22日

2人の密会?(by staff三木沢タクミ)

本家の蟠龍寺で用をすませてからスタジオに寄った。勝手口からそっとはいったが、ゲストルームから男女の会話が聞こえてきて、それがまた妙に深刻なご様子の感じがした。それでしばらく勝手口に立ち止まって様子を伺っていた。

220622-2人.jpg

そのお2人の話はアーティスト同士の会話の様で、仲がよろしいのか対峙しているのかは微妙で、もちろんコペさんが話してるんだけど、慎重に言葉を選んでいるようだった。お相手はそろそろと様子を伺うと石川真理子さんだった。

とても会話にはいっていけそうにもなく、これはまずいところに来てしまったかなとおろおろする私であった。しかし2人はなんのことはなく、CD制作の話であった。
それは真理子さんのベストアルバムを作る作らないの話であった。真理子さんのオリジナルCDの数々は大変なもので、話はえんえんと3時間くらい続いていた。やがてアスリートな真理子さんはさっそうとバイクでお帰りに。

220622-bike.jpg

あの〜聞こえちゃったんすけど、と言うと答えはコペさんのちょっとニラミ返し。それでも「ブログ書いてくれよ、何書いてもいいから」との事。それって空から目線のマウンテン司令じゃないですか。
そんないつもの軽妙なやりとり、日々の流れの中で生まれた会話から出来事が成立してゆくのであろう。この場所はそういうところだから居心地がいいのだ。ちゃんと作ってちゃんと歌うことはすがすがしいものである。

220622-food.jpg

先日のイベントも大成功だったらしいとの噂を聞いたのだが。とりわけ真理子さんはOpeningアクトを立派につとめ、いつものクスさんのフードコーディネイトと共に評判だったらしい。

最後にクスさんに挨拶しに顔を出したら手作りの缶バッチをくれた。よくよく見ると私の似顔絵であった。
きっとやがて真理子さんの缶バッチbestもお目見えするであろう。


220622-all.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:28| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月19日

1000倍青い空になれ(byクスちゃん)

220619-ポラ2.jpg
@弁天ハウス(我が家)にて

キングコングパラダイスのボーカル、南條倖司君が先日ご病気で亡くなった。

私の地元、ウラワロックンロールセンターの田島が原LIVEが遠い昔の切ない想い出となった。

images.jpg

なぜかその時のことを記憶していて、今つらつらと想い出している。
強烈なヴォイスとキラキラのエレピ、、、そう、当時のキンパラのキーボードは今の吉田コペちゃんだった。

Album1.jpg

2人の出逢いはヤマハのポプコンで、東京地区からのエントリーのとき。
ヤマハのスタッフから『キンパラのキーボードが足りない、”顔が似てる”から吉田君ちょっと』と言われたらしい。

以後徳間ジャパンからアルバムでデビュー、しばらくはずっと福生に泊まりがけで暮らしてたコペちゃん、キンパラのキーボード奏者のみならず、co-ディレクターとしてもクレジットされていた。
『1000/1 青い空になれ』は日本のソウルシーンを飾った名アルバムだったと思う。LIVEをきっかけに何となくおつきあい、私のデビューコンサートにもかけつけてくれた南條君、ステージングのアドバイスも頂いた。

Album2.jpg

彼らのホーム福生には何度かオジャマしてアメリカンハウスに泊まっては不思議な日々を知り、私の中に微量のソウルとロック魂が残った。日本語のロック、ミュージシャンの暮らしに憧れた原点の頃だったと思う。
田島が原の原っぱで、出演直前にライトバンに乗り込む南條君に『ココからはダメだよ(ドラッグなう)』とドアを締められた時から、ずっと私は彼の後ろ姿を見てたような気がする。時々ジンセイの節目節目に立ち寄ってくれた南條君。ご冥福をお祈りし、当時のポプコンディレクター木下純さんにお電話して想い出話をば、、、。

Album3.jpg


*蟠龍寺スタジオでは、日本にC.Iロゴという概念を持ち込んだ伊藤惣一さんの美術展、電通から『レゲエクリスマス』リリースで旋風巻き起こした音楽制作にいそしんだ日々など、数々の音源マスターが残されています。
その後キングコングパラダイスのギタリスト、佐藤君とコペちゃんと下川さんでThe SSYとして活躍も。

220619-ポラ1.jpg
@蟠龍寺スタジオにて
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月14日

しあた再開?(byコペ)

220614-maribanner.jpg


日曜日の午後、スタジオの『弁天しあた』仕様が2年半ぶりにプレオープン。

思えばLIVEが出来ない日々が長く、ミュージックシーンも大きく変わってしまったよう。

220614-flower.jpg


再開には賛否があったが、データを取る実験的意味合いもあり決断。おかげで機材、灯り、客席、楽屋、進行、スタッフ、ゲストなど許容数や感覚的なデータが得られたように思う。

220614-167.jpg
小芝居の熱演に山ノ内くんの妹が登場…?

今回は役者さんの声パフォというイレギュラーで、浅草ことよん座の協力でウチワでのフェードインではあったが、この先の見通しも立った。本当だったら24席並べたいところを各16席を2回公演ということに。しあたガールの真理子さんの発案で換気の良いテラス席を設けたり、、、

220614-marichair.jpg

彼女に無理矢理前歌を強要したりしたけど、立派にこなしてた、、、

220614-107-mariko.jpg

220614-181.jpg

予想外だったのはコロナ前と今とでは来る人の気分に変化が。

最終的には終演後は酒盛りとなり、残骸となった資源ゴミの行く先に少々アタマを使う。まぁこれもデータの一部、と、少々オーバーヒート気味。

220614-270.jpg
笠野さん初歌披露、ルニちゃんも何ちゃってピアノ、
ことよんマスター30年ぶりのギターは猛練習の成果…

そっとご招待した音楽人やプチお偉いかた、Jazzシンガーのかたからヒソヒソ感想が聞けて意外と貴重。
やっとホッとしたが、今日になって筋肉痛という後遺症が、、、。

220614-275.jpg
笠野さんレッドカーペット!

それでも目処はたったんだからどこからでもかかって来いアーティストたちよ!などと言うつもりの気分も。楽しみが増えたようなしあたであったが、イテテ、イテテテ。まだまだ本調子に戻れない。

0612-280.jpg
無事そっとお開きです
photo by クリリンさん(LIVE画像)&Marikoさん(スクエア画像)
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 18:06| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月08日

ピグニック・カフェ(byルニ・クスちゃん)

220608-cafe.jpg
クスちゃん、ヨッシー、ルニ
pignic cafe 店前にて


外での打合せ、プロモーション、イベントなどなどコロナ禍なのでほぼ無くなって、ミュージシャンはウチにこもることが多かったこのところ、コペルニクスもご多分にもれず大人し〜くしていた。

そんな折り、ヨッシーRからコブタ・カフェのプレオープンがあり、お客に来てほしい、との要請が。何でも音大の同級生洋ちゃん達が立ち上げたらしく、テーマソングや動画を頼まれて作ってるうちにスタッフになってしまった模様。

220608-mado.jpg
今週末にオープン予定だそうです!

えっ、音楽と関係ないジャン?と思ったけど、他ならぬ彼のお声掛け。ほうぼうにアタックしてみる。予想外に反応があって、コペルニクスも行かないワケにはいかないということに。
でもコペちゃんはスタジオのお留守番と、どうもツルンとしたコブタが苦手らしくリアイヤ。ひょっとして銀ちゃんロスが尾を引いてるのかもしれなかった。

そんなワケでルニ・クス組で奥渋へ向かった。

かつてはNHK出演で通い、いつも集合してた西口玄関。、、、の前を通って進んで行く。ルスナさんも心強く参加してくれて井の頭通りを進んで行く、、、目的地はとてもオシャレな空間で、周辺にはキレイリッパーな店が並び、まったりとしたトレンドなどを実感する。

220608-rni.jpg
ルニの大きなアグラにスヤスヤのピグちゃんです

220608-lusuna.jpg
ルスナさんは堂々のピグママです!

220608-ks.jpg
こんなに人懐っこいとは、のクスちゃん
イギリスではセラピーなどに大人気とのこと

偶然時間を共有したミュージシャン『てんとせん』が発案してくれて何と奇跡の集合写真と相成った。お祝いの花束を持った『てんとせん』が現れると、がぜんインスタ映えとなりますな〜。
ひさしぶりの楽しい外過ごしであった。


220608-all.jpg
左後)てんとせん容子さん&シュージー、ルスナさん、クスちゃん、ルニ
左前)主宰の洋ちゃん、コペちゃん親戚小出君、ヨッシーR


このままコロナが明けるとイイネ、と小豚に話しかけるも
『ブイ』
と、どちらともつかないお返事があった。

pignic cafe(ピグニックカフェ) 代々木公園店(あきる野は牧場もあり)
所在地:東京都渋谷区富ヶ谷1-17-3 3A terrace 2階
最寄駅:代々木公園駅、ボクらは渋谷駅から徒歩13分で
予約制 30分+延長OK チャージ+ドリンク有、、、ということはコブタのLIVEなのかも
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:23| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月02日

準備と順日(byルニ)

スタジオに立ち寄ったらコペちゃんがトンテンカン。
手作りの椅子を直していた。

2年半ほどスタジオライブはコロナ禍で中止。

IMGP7970-s.jpg

再開はいつにするかの決断が迫られていた。ヤッパここはコペちゃんでしょう、と聞いたら『クスちゃんに聞いて』と、タライ廻し。
クスちゃんに聞いたら『ルニちゃんはどう思うの?』とクスちゃん。
これでは堂々巡りではないですか、の、『XTime』。

krillin.jpg

それでも対策充分やって何とか6月12日に決行することに。そして準備の順日となりイス直し。
実は12日の役者・笠野龍男さんのLIVEはオレが言い出した提案ごと。再開の第一弾とは心に来るものがありますなあ。で、準備のアレコレをコペちゃんクスちゃんに頼んだワケです。

サァ、オレも楽器の調整をしなくては。準備OK、いや順日万端と行こうではないか。

IMGP7964-.jpg
ルニ、なおゆき君、笠野龍さんでLIVEのリハーサル
(オレは何と今回ピアノに挑戦です)

役者・笠野龍男の音どけLIVE
==================
出演:笠野龍男(歌、小芝居)オリジナルショートムービーも上映(20分)
進行:石川真理子(歌あり)、コペルニクス
日時:2022年6月12日(日)
1回め 13:30 open/14:00 start(ただいま満席)
2回め 16:00 open/16:30 start(空席あり)
場所:ここ蟠龍寺スタジオ(弁天しあた仕様)
参加費:¥1,000円(税込)当日受付精算/プチHOTサンドset付き*ミニCDリリース記念レセプション
*Save Lifeのためかなりの少人数限定で行なうので、逢った時でも電話でもコメントでもいいので予約をお願いしたい
チラシはコチラ→flyer-ol.pdf
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月27日

日々是好日(byクスちゃん)

フラリ、と立ち寄ってくれたのは音楽家・門司肇君。その昔、ピアニストの『モジクン』はポプコン仲間でみんなを楽しく笑わせてくれてホッコリさせてくれて気さくで面白い人だねと言われてた同年代の人。私のバッキングやレコーディングにも参加してくれた。

220527-mojikun.jpg

近くに来たから寄りましたと彼。ちょっと痩せたみたいだしオシャベリも敬語でビックリ、立派な大人になられてた。アレンジだけでなくコントまでしちゃう音楽家、ステキなベテランさんになってコペちゃんと堂々世間話。

220527-oshiosan.jpg

研ナオコさんのピアノ伴奏でコントに目覚めたそう
そこを萩本欽ちゃんのマネージャーが惚れ込んでスカウト
欽ちゃんファミリーになくてはならないピアノのお兄さんに
コロッケさんとのガチンコ2時間コントは有名
最近は押尾コータローさんとツアー中です(blogより)

当時のヤマハではコペちゃんこそがプロのピアニスト。谷山浩子さんに頼まれて武道館に出るとき、門司君を誘ってツインキーボードにしたそう。そのころピアノとシンセイのツインキーボードが主流だったからだ。門司君はそれが初舞台だったそうで、ちゃんと覚えていてコペちゃんにとても感謝してた。その後ずいぶんと贅沢させてもらったとのこと。

220527-popcon.jpg

一緒に出てたPOPCONパンフ、すでにフザケたお名前でした
田村由紀子先輩にもとってもお世話になりました
グランプリをとったアヒルちゃん(小野加代子さん)を支えてたかた

そんなこんなの昼下がりにスマホでパチリ。木下純さんに送ってみると『えええっホントに痩せてる門司君?ネット検索すると一杯出てくるよね』となってた。
門司君人気は音楽人の中でも健在。ミュージシャン仲間との再会は晴れ晴れするね、好日となりました。

彼が帰った後からポツリポツリと雨。明日は誰が来るのかなー


*『赤坂泰彦のラジオマンジャック』NHK-FM 毎週土曜日夕方16:00〜18:00
門司君レギュラー出演中!(生ピアノが聴けます)
https://www4.nhk.or.jp/rmj/

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:30| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月24日

歌姫が1人、2人、、、、(byコペ)

220524-tamayuri.jpg

歌姫が一人ではなく2人出逢ってしまった時。

いったい何が起きるのか?


ジャズシンガーの玉緒さんは打合せに。元アイドルの田口ユリはヴォーカルトレーニングに。
ちょっとした隙間にゲストルームでバッタリ。

220524-2.jpg
ネイルが偶然おそろいです


いつものようにお互いをご紹介するが、通常の出逢いとはちょっと様子が違う。ニコやかに友好の会話が続くがどこかに一定の距離がある。
ジャンルは違えど、ふとライバル心を感じてしまう。さすが歌姫の気合がそこにはあった。


この2人に共演はありえないと思うが、いつかドラマかなんかで一緒になればと思う。
そんな場面にいきなりのクスちゃん登場。ドッと盛り上がり、3人ともお出かけに、、、いったどこへ!?

220524-tamao.jpg
目黒シネマの前での玉緒さん

『5月病をぶっとばせ!ブルースブラザーズ特集』

歌姫も3人ともなると収集つかないかもしれない、、、、!

220524-yuri.jpg
Yuriちゃんはいつもスタイリッシュ

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月16日

『弁天しあた』への想い(byコペ)


連休も明けて、イザ働けぃ〜とは世の流れ。

そのいい例がここのスタジオで、LIVEが可能な部屋。

ciata-ellena.jpg

弁天しあた仕様はMAX24名様座席数。弾き語りやジャズトリオ、私的配信などに最適で、さらに人気ウスでお客が集まらないという人でもとりあえず何とかなる。
だけどコロナのおかげ?でサッパリLIVEが出来づらく誘いづらく。それがついに、というか、とうとう、なのか、ギリチョン、バクレツ、アワワ、ヤッパリ、、、とも取れるヒマなGW明けた途端次々と問合せが、、、、。すでに前のめりにリハーサルをはじめる輩も、、、

220516-kaf2.jpg

『いいねえ〜、よしガンバルよ〜』なあんてテキトーに答えちゃったけど、考えてみれば意外と大変。
密閉空間に密集人々、換気難に歌マスク。果ては地域ネコの喧嘩勃発元カノ事件消毒対応クレーマー賽銭ドロボーじゃらじゃらカンカラカラ、、、etc
想えば考えるほどハードルが高くなる。

220516-kasano.jpg

仕方ないのでいろいろと周囲に意見を聞いてみたら余計に混乱してきた。『大丈夫×2』全部受けて立とうじゃないかという人がいるかと想えば『ダメ×2』の人も。ワクチン打ってない人だっているんだから無観客にすれば?という慎重派。「別にイイじゃん、何が怖い?インフルエンザのほうが怖いんだよね」という推進派。ほうぼうから早く決断してよねコール。そして最後に想った究極の判断とは。

220516-tamao2203.jpg

『トコトンやってみて、そののち無かった事にしよう』
果たしてどうなるのか決断は早めに、結果は数ヶ月後に、、、。

190814-7.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:28| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月11日

GWの過ごし方・その3(byクスちゃん)

220511-wine.jpg

長き連休も終わり、スタジオに通常の慌ただしい毎日が戻って来た。
例年とはちがい私にはG.Wは特になく、残り日はこもりがちの日々であった。
コペ・ルニと浅草〜俵町にほんの一度行っただけだが、浅草の路上飲みを教えてもらった。


220511-poster.jpg

そこで見かけた壁にポスターが並んでいた。
この街ではお祭りと政治家さんと芸者さんが、同じチカラを持っていることがわかった。


220511-itimatu.jpg

さてコペルニ2人が唯一我がままを言ってはいった『一松』。
ここはルニちゃん家が代々お世話になってる料亭、、、のような甘味茶屋。いにしえがリアルに営業している街の力強さを感じつつ、カステラをつまむコペルニクス(正確にはカステラを頼んだのはコペとルニ)であった。

220511-2ri.jpg


さてゴールデンウィークのクスは、CD工作やレポート作り、オンライン授業を受けたり調べものしたり、ドーナツ食べたり網戸の設置取付けたり、、、などなど意外と苦しき季節。
ひとり別行動が多かったけど、コペちゃんいわく『そういう暮らし方が東京人っぽいんだよね』とポツリ。生まれた実家がお寺で今も10メートル隣りが実家で亡くなればそこのお墓にはいる『ゆりかごから墓場まで』のコペちゃん。実はそれが彼のコンプレックスなのかも。

そんなことをつらつら想ってたらルニちゃんからメール。『今日夕方、役者の笠野龍さんとスタジオへ行くよ。ピアノ弾きたし。』
ウームこのメールでG.Wが明けたと見た。(つづかず)

220511-tree.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする