2018年08月18日

コペルの夏休み(byコペルニクス)

東京のお盆あたりは例年おとなしくしている。
近場の代官山あたりを散歩するも良し。多くの店がシャッターをおろした武蔵小山近くもワルくない。あとはウチワの人とゆったり、、、が何よりである。

180818-1.jpg

今年は、と言えば森田学くんのレコーディング、石川真理子さんの撮影、柳家小ゑんさんのCD制作2タイトル、そこへSax内田アキラの逗留、があって、コンテンツ作りや音源制作が進んだ。
案外いい夏だったに違いない。
振り返れば通常通り、平日と変わりなかった、ということになった。来客の皆さんも心なしかユッタリ気分なのですこぶる平和ではあった。

180818-3.jpg

コペルニクスの3人はたまりまくった案件のミーティングをする、、、ハズだったけど、結局お茶してイメージトレーニングしか実行出来ず、それでもこの感じが次のアイデアを生む予感、などと慰め合った。
ハワイ島もいいなあとクスちゃんの提案にちょっとザワついたが果たして20年前の再来となるのかどうか、誘われて香港もいいなとコペ、オリンピックまではちょっとパス、、とルニ。
うやむやなままのお盆の夏でした。

180818-2.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:28| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

お盆に寅さん(byクスちゃん)

大切な音楽プロデューサー、中村俊夫さん。
その昔、浅草に連れてってくれた。彼は浅草育ち、親戚は柴又。しかも映画『男はつらいよ』の寅さん実家『とらや』の真ん前おせんべい屋さんという。急に寅さん映画が身近になった。友人には多かれ少なかれ影響されあうのが楽しい、時には洗脳される場合も!?

180814-3.jpg

柴又いいよ〜〜!、と言う訳で出かけた。帝釈天や商店街、矢切の渡し、京成線、浅草に引け目ない風情。
と、そこで出逢った男の子。寅さんソックリ。しゃべることも全部自分が『寅さん』だと思って会話してくれる。もちろん流れるようにタンカを切った。
男の子のおかあさんは『寅さんになりきってしまい、もう息子は居なくなってしまった』と案外困ってるご様子。でもたくさんの人が彼のおかげで心がホッコリしてるのでは?
ホンモノの寅さんこと渥美清さんは亡くなっていて逢えないけど男の子と話してるうちに胸が熱く、美しい風景と相まって涙が溢れた。
いったいこれほど子供にもインパクトを与える寅さんって何者!?
それから私の寅さん映画の旅が始まった。

180814-toraya.jpg

あしかけ3年かかったけど、『男はつらいよ』全49作を見た。
ちょいヒマ、メシがてら、途中イネムリ、検索サクサク、女優美し、日本全国ロケ苦労、早朝深夜の下働き、見ごたえタップリ、クレジット辿り時代タレントトレンド興味。日本映画の粋を感じつつも、さらには職業柄山本直純映画音楽BGM気になって、どれも面白く味わい深し。テーマ歌も何パターンもあるらしく、その上44作めあたりからシャレたBGMにアレ?と思ううちクレジットに息子さんの山本純之介さんが加わって。全編に渡って音にまつわる事が気にかかり、やれ音量だのアレンジだのと心の中でウキウキしていた自分。ということは自分曲も誰かが心の中でツッコミしてるんだろなと勝手に想像。

180814-2.jpg

追悼作品である49作めをお盆に見終わって、私の寅さん3年間ありがとう、合掌、、、と、誰に向けて言ったらいいのやら。

あの寅さんソックリの男の子は今ごろどうしてるかな。いつか満男のように靴のセールスをするかもしれない。ゴクミのような彼女が現れないかな。いや、案外江戸川で『釣りバカ』になってたりして。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

理系の三木沢くんのこと(byコぺ)

お寺の関係で小さい頃からのおつきあい。
なぜか音楽好きで、私がこんがりトーストでデビューの時は小学生にもかかわらず親子でコンサートに来てくれたことも。
そんなワケで三木沢くんは千葉で1人暮らし?になった今、毎月一度蟠龍寺にお墓参りするたびにスタジオにも寄って何かとマメに仕事をしてくれる、、、、

彼は今、車関係のエンジニアだが、機械にめっぽう強く、こわれかけのシロモノを直してくれたりするから、いつの間に私の秘蔵っ子になった。
理系の彼に文章書いてみぃ、、、と、私の替わりにブログを書いてもらったりする。たいそう苦手そうに見えたが案外スンナリ書いてくれる。
文系の面も持ち合わせているようだ。

毎回自由に書いてもらっているが、コペの事が多い気がするし、けっこう立ち入った件を題材にもする。
『何のつもりだい?』と聞くと
『アナタの文章を参考にしました』と、コチラがグウの音も出せない答え。
お互い好き放題、ズバズバ物を言う仲だが、最近はどうやら彼のペースになって来ちまったようだ。

180810.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:24| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

POPCONアタり(by staff三木沢)

日曜日の夜、忘れ物を取りにスタジオに行ったところコペさんがポツリと居た。「休日にめずらしいですね」と声をかけると「ポプコン疲れ、、、」などと返事。

またまた意味不明な。冷蔵庫のアイスコーヒーをいただきながら事情を聞く事にした。POPCONはYAMAHAの昔のコンテストで、そこから多くのアーチストが生まれた。今ベテランの人たちはどこかで関わっている可能性がヒジョーに高い。僕も最後のほうでぎりぎり関わっていたので、聞けばこの頃オフ会的な集まりがアチコチにあって、今回その外出が続いたせいでくたくたになったそうだ。谷山浩子さん、2人組の麻里絵さん、柴田容子さん、ベルの大川さん、高木麻早さん、司会のゴローという名前がずらずらです。かくゆうコペさん、クスちゃんさんもちょいちょい話題に出たらしい。

180806-2.jpg
貴重なPOPCON資料をみんなで見ているところ
at 大岡山グッドストック

180806-3.jpg
美しいお二人、POPCON出身の麻里絵さんのライブ模様 
かつてコペさんがピアノ伴奏など

妙にはしゃぐのかと思ったけれどけっこう浮かない顔だ。このかた、意外と新しもの好きなんですよね。昔の話が苦手らしくて数々の武勇伝?がもれるたびに顔色がワルーくなってる。私が聞いた話では作った曲がグランプリになってゴーストになってしまい本人は自覚がないらしく歌ったご本人はびくびくしてる、真偽の程はわかりません。というもの。そういえばPOPCON試聴会でもコペさんの歌ってる曲が流れたそうで、それも歌うはずの人が当日来なかったのでしかたなくアレンジ担当したコペが代理で歌った。しかもひまわりの花を持って踊りながら歌を間違えた、そうです。
だけどご本人はクラス会とか同窓会とか気が進まない性分らしいです。「嫌いなんですか?」の問いかけに「そりゃあ、た、楽しかったサ」と返してきた。

180806-1.jpg
そんな話もチラと書いた著作本を持ってるクスちゃんさんと
POPCON鑑賞会主催の下條さん (以上photo by lusnaさん)

ちょっとアタフタしているのが気になりました。なにかトラウマでもあるんスかね。
この日、行った日曜のスタジオは弁天しあた仕様で、POPCON関連で頼まれて谷山浩子さんのレコード試聴会をされていました。このレコードはまるまる蟠龍寺スタジオで録音され配布されたものの、その後震災で焼けてしまった幻のレコードだそう。その場をちょっと遠のいてからクスさんにご挨拶してご先祖様のお墓参りをして帰りました。メモリアルよ、成仏してください、ナムナム、、、、。

180806-4.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

Big…Small(byクスちゃん)

音楽制作、イベント、LIVE、ホームスティの準備、とBigな出来事が終わったよ!
というか、一段落したのかな。
8月はアッツィから、スモールな出来事にしちゃうんだ。CDリリースがたてつづき、工場がお盆休みに入る前にお願いすることに。

愛情トランペットのTOMOぴょん(Tr)ミニアルバムが、おかげさまで増刷になったよ!
柳家小ゑんさんのNewリリース、2タイトル。
柳家小ゑんさんのCDは、ディスクユニオンの全国キャラバンに乗せて頂くことが決定して、これから大阪スタートで全国を廻るそう☆手作りCD、感無量、、、。

音楽家の小泉まさみ先輩に音源をお借りして作ることになったのが『からくり時計の音楽』CD集。こちらも2タイトルになりそう… 宮沢賢治の花巻からくり時計や、恵比寿ガーデンプレイスのからくり音楽など収録で、ただいまマスターが出来上がってジャケットデザインちゅう。8月中にリリース予定、、、。

整音は天才コペ屋本舗にお願いするも、コンプリミッターマスタリング工場出荷はコチラの作業。合間にジャケットデザインとそのための撮影もあったり、、、

180803-1.jpg
ミセスローズのシャンソン☆CD作りちゅう

ちまちましていてスピンドルで工場から戻ったCDに、プラケース専門業者さんから買うケースを合わせて、コストダウンの研究は日々余念がありません。組み合わせてハサミと定規とカッターで1枚出来上がり。屋台みたいに、、、。
手作りは安価に作れるけど、実はけっこうニクタイロードー。なぜか男子はパッキングしてるとメマイしちゃうらしくすぐ戦力外通告に。ルニちゃん大丈夫、まだお席あるからね、と言うものの戻って来れなくなって。あっ最後まで残ったコペちゃん、冗談を言いつつ、、、、倒れた。
でもサ、でもサ、出来上がると何だかウレシイよね。ヒット曲書いた時みたいな、100万枚売れても1人が喜んでくれても嬉しい体積おんなじ、そんな感じ。売れるといいな、でも売れた人でもパッキング手伝ってくれよね。
そして最後はみんなで倒れちゃうのかな、スモールにね、、、、。
では今日はこれから小ゑんさんの撮影、、、☆

180803-2.jpg
*我流君のCDも出来ました☆
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:14| 東京 ☀| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

夏の日ロック(byコペ)

最特温の日の午後、、、、。1人のロックンローラー来たる。
彼は矢沢永吉のバックやNOBODY(ノーバティ)という2人組ユニットや曲を提供したりと音楽関係者の中では特別な存在。マージービート系だったらコイツにまかせれば間違いない。
昔ジャニーズをクビになった?男闘呼組のレコーディングで関わりを持ったのが始まり。
そのとき、コチラはミキサーという立場だったが彼ら(相沢行夫&木原俊雄)のディレクション能力の高さに惚れ惚れした記憶がある。

180801-2.jpg


それから数十年、突然の来訪はOPENテープデッキを貸してくれ!というもの。
きっと古いTAPE、お宝音源があるであろう。倉庫の奥にあるデッキを引っ張り出し、早々にメンテナンス。仕上がる頃に手みやげなんか持ってきてくれてドアが開く。
相沢さん、実はご近所さんの白金に住む。バリバリのロックンローラーに見える彼がコチラのデッキ説明に自ら手を動かす。
やってみなきゃワカンネェよ!と言わんばかり。
『世話になるぜ』と車に運び出す。それでも『ちょっと腰がね、、、』とか言う。後部座席に積んでGO!ふるまいも発言も何もかもが惚れ惚れするほどロックしていた。

180801-1.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

嵐とキレた男(byルニ)

台風が北上してきましたね。あなたのところはだいじょうぶでしょうか。
その日、雨風がだんだんと強くなる、本日はMOTO-GさんのSOLO復活ライヴが『弁天しあた』である、、、、という大切な日に大型台風でございます。皆様の安否が心配、と同時に、MOTO-Gさんの音世界の行方も気になるところ。写真はライヴ前に心配そうにNEWSを見守るコペやんです。

180730-3.jpg

晴れオトコのコペル、初めての雨日となるのか。大荒れはTVの天気予報をツケッパにして開演時が最接近とのこと。たくさんの警報発令に日本中が震えました。計ったようにリハ時にその嵐は起こりました。音声チェックしていたらコペちゃんが急にキレはじめたのであった。原因はBassの音量がデカすぎてMOTO-Gさんのギター音と高山さんのシンセ&ピアノの音が聞こえないとのこと。コペやんがサウンドチェックで『Bassちょっと音下げて』と言うと、先方のお返事が『なんで。僕はこれ以上下げませんからね』 さらに、ライヴは演者が楽しまなくっちゃ、と言う発言も。2〜3度やりとり末、結界がキ、キ、キレましたなぁ、、、

おーい、クスちゃん、コペがキレたぞー、この人実は数々のエピソードがあって、代理店のディレクター、レコード会社のおえらいさん、TV局の取締役、映画監督などなどとの取っ組み合い、冷蔵庫投げ事件、博報堂エレベーター前流血、など話題にこと欠かない。
確かにミキサーの俺もバランスが取れない程だし、MOTOさんのライヴなのにMOTOさんの音が客席で聞こえないのはマズい。どうしたもんか、、、アッ、ヤバ、コペやんホントにキレてるし。いきなりドアを蹴散らし外へ。何か凶器?銀ちゃんの爪?を探しているに違いない。慌ててオフィスへ行くとすでにルスナ女史が身体を張ってコペやんを制している。このかた、渋谷のライヴハウスでもクスやんが店長と取っ組み合いするのを止めた実績がある。『人を殴れば貴方が傷つく』という名フレーズを残している。
少々落ち着いたコペやんの話しによれば何のことはない、彼はMOTOさんが大好きで、ギターが聞こえないことに腹を立てていたのだ。
180730-gin.jpg

そして本番、、、下目黒は地形上、たいしたことない小降りなのに天気予報の警報でご予約半分近いかたが自制キャンセル。交通規制で来れなかった方もいる。ネコの銀ちゃんも台風パトロールをしてくれたのだが、そんなワケで『客がはいれば小さく感じますから』というベースの音は変わらずデカかった。当然つられてDrもデカく。ギターのメロとキーボードのソロはわからニャい。音量上げたらハオっちゃう。コペやんどこへ行ったかわからニャい。休憩時間には女子陣特製のスナック、膝のせワンプレート、、

180730-1.jpg

ステージが終わって事務所へ行くとキャンガールの真理子さん、みどりちゃん、ルスナさん、クスちゃんがいてコペちゃんを取り囲みコペやん一歩も出られず、しゅんとして意外と大人しくしてうなだれて一言も無い。どうやらイカリも収まって反省している様子。久しぶりのコペ切れでしたなあ、LIVEが終わるころ台風は西に逸れて雨もやみ、大きな月がポッカリと出ていた。すべて3丁目での嵐はおさまったようで発令の回避されました。来て頂いた方々、頑張って来て良かった、と言って下さった方々、本当にありがとうございました。

なお、MOTOさんのオリジナル曲はどれも珠玉の素晴らしい、心に刺さる曲だったことを発礼しておきます。

180730-2.jpg
お客様がお帰りになって記念撮影、と思いきや
このメンツではコペルニクス&ケチャスタ
中央MOTOさん Key高山さん お客で駆けつけてくれたジオ君
映ってないけどTAKESHIくんありがとうのワンショット
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:32| 東京 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

去・現・来『きょげんらい!?』(byクスちゃん)

最近、チカゴロ、現在、『大昔』が替わった。
過去にあったYAMAHAのコンテスト『POPCON』がらみで、おでかけ事が出来た。
目黒大岡山グッドストックでPOPCONレコード鑑賞会にプラッとおでかけ。土日の午後にチャージフリーで開催してくれてる会で、ウッスラ知ってるPOPCONの先輩にお逢いした。初めまして、のご挨拶も第何回に出場、でわかっちゃう心地よさ。
共通項大盛上場面高友茶再盛時歌歌茶々忘移動冷茶々水確保楽二次終了、、、の一日に。

180724-1.jpg
木下純さん、柴田容子さん、下條勝明さん

当時の裏話にみんなで驚いたり笑ったり、あの人は今シリーズに懐かしく想ったり。でもあんまり長く続くとしんどいので、今夜はこの辺でおしまい、、、と、みんな同じふうに想ったらしくそのまま全員で、柴田容子さん(第9回出場)の車に乗せて頂いて蟠龍寺スタジオへ。

わーピアノだーと駆け寄って弾き始めるゲストたちのお姿に、音楽家ってやっぱそうだよな〜と嬉しくなった。やがてコペちゃんはずっと遠くを走り去って行った後ろ姿。オーイ、どこへ行くンダイーッ常に明日を見てるんだね。エッあたし?あたしは、、、明日のことが全然ワカンナイんだヨ、それに昨日のことはこの頃すぐ忘れちゃって、あっ今を見てるってことで、カッケー、、、かな?

180724-2.jpg
柴田さんはスゴい歌唱力!第6回世界歌謡祭に出場、
歌唱賞と川上賞を受賞されたそうです
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:54| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

ホームスティ(byコペ)

180721.jpg


敷地にある弁天ハウスにホームスティしていた男の子が旅立つことに、、、。

伝統的に歴代何人も通り過ぎてゆく。多いときは5人のシェアハウスだった時代もある。特に資格基準はないけれど、たいてい音楽関係の若年者で親御さんとの縁が少々&お知り合いの業界関係人のオススメだったりがほとんど。
元々本家の蟠龍寺が伝統的に受け入れる姿勢だったからで、私には他人と一緒に暮らすのは普通のこと、、、。男の子は音楽業界で重要な役回り、女の子はデビューしてイカす男性の元へ、、、というパターンが多い。案外確率がよく沢山の成果が歴史を刻んで音楽業界の一端を担って来た。
ところが最近ポツポツとうまく成就出来ない例が出て来たのは残念ではあるが原因が特定出来ていない。考えられるのは紹介者が多様化したことではないか? たしかに音楽関係ではないかたからの依頼も増えて、まずは常識が違うところで四苦八苦する。アーティストになりたいと言ってくるタマゴも、音楽教育と無縁の普通の子女が多くなって来たような気がする。音楽家とノリが違ってルールが噛み合わないことも。もっとロックンロールしろーッと感じる日々ではあるが。ともあれ3ヶ月間、関係者の労をねぎらいたい。
偶然にも先ほど1本のTELがありどうやらまた次の候補が現れた様子。えっ16才の女の子? ほ、ホントかよ!?紹介者は、、、、お坊さん?
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

北の国から南の国へ(byコペルニクス)

北の国の作家のワガママで、とある曲の録音に四苦八苦していたら、助っ人たちでコーラス団が結成された!

180718-1.jpg
羽生さん、ビビアン、モリナヲキ氏、クスちゃん、リオさま

昔なつかし組女子輝き組。本日はじめて出逢う人達組。などなど様々な想いで集まってくれた。実現不可能か!?という件をおかげさまでめでたくくぐり抜ける事が出来た。

180718-4.jpg
ネコの銀ちゃんとミドリネコさん(ピアノ独奏!)

そんなスタジオの騒ぎにネコの銀ちゃんも登場、時には心の花吹雪が舞い、ゲストルームは人、人、人、ネコ、人、人。

180718-2.jpg
さらに、ワイルドハスキーさん登場

こんな場面久しぶり。以前あったのは福島邦子さんの再デビューの際、NHK-TV収録という事になって急きょコペルニクス四重奏団を結成したことが、、、。この時は『芸大卒の女子ばかり』系であった。
今回は『ピンで活動チョイ天才』系集合。なぜか初対面同志も適度にそれぞれが友達になったらしい。どうせその先バンドだったりカップルだったりで事件が多発するんでしょとか想ったけど最近こういうワイワイ場面、なかなか見なくなったよネとポツリ申す者も、、、、。

果たしていい一日だったのかどうか? 飲んだ暮れて帰ったヤツがいたり、愛する人の元へ戻ったり、プロモーションしてどこかへ消えたり、居残ってテッペン越えの人、、と、その後は様々な夜を過ごしたよう。
コチラは、というと、録音自体は大成功だったのに北の国から目線をはずし南国へ逃げ込んでみたい。なんて、この熱帯夜にどこへ行ったらいいのやらわからなくなってしまった。
あーコペルニクス、僕たちの戻るところはどこなんだ!?

180718-3.jpg
『その迷いも美しい』by後ろの副住職TATSU(ベース)
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:42| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする