2017年02月22日

アルバムリリースと登場感(byコペ)

ゆったりとした午後、菊池常利ことTWUNE(つね)さんがやって来た。コチラは本日に限ってLA-LA Deuxの菊池として登場を願った。2.25にリリースする復刻CD、彼が以前やっていたユニットの記念サインをしてもらう事に、、、。

170222-1.jpg


アルバム『TO YOU』は録音当時、ハーフインチ8チャンネルの重厚なレコーダーで、テープに記録された音はどれも迫力がハンパない。あの時は声が細いと思った相方の吉川君の声も今聴くとけっこう太く残っていた。

PR-lala2.jpg


デュオユニットLA-LA Deuxの一番ノッていた時期。その勢いと登場感が音としてキチンと記録されていた。その後、ソロ活動を続けているTWUNEさん。サインを終えたTWUNEさんと、のんびりとお茶してあれこれと雑談してバイバイした。

PR-lala2-lyrics.jpg


特に際立った話題もないが、せっかくの名アルバム、出来る限りの事をしようと思う。プロモーションもLIVEも、出来れば映像も、、、。誰のためにと問いかけられても、よく分からないがとにかく、、、。それにしてもこの男、いつも優雅でいいなあ。あの頃の青春の登場感はないけれど、その分大人の優雅さが生まれるのかもしれない。

TWUNE紹介ページ   http://www.koperniks.com/twune/
只今、収録曲『Mellow』ドキュメント動画 (ソロバージョン)
https://youtu.be/x87uggp7D48 
*アルバムにはデュオバージョンが収録されている

PR-toyou-s.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:31| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

2人3客(byルニ)

週末の新宿から、コペルニクスの2人3客の始まり始まりだ。

今さらだけど映画『ジギースターダスト』。 新宿K'sシネマは手作りカルチャーっぽくて、昼間タルコフスキー監督の回では『フィルムが切れました、、、』とか『流していたら延びちゃったので5分押しとなります』とか言ってて微笑ましい。お誘いのクスちゃんも単館ムービーがお似合いで、ブームを少しずらせばすいていて楽だし彼女みたいに旬や流行と関係なさそうな人にはとても良いカルチャー接近術と見た。

そしてジギスタのリアルタイムは小学生の時だったから、今回初めてジックリ観てぶっ飛んだ。オレは久方ぶりに星くずになったのだ。


170220-sinjuku.jpg

映画はワールドツアーの最終日デヴィッドボーイLIVEドキュメンタリーとあって、見終わった途端ああまたロックバンドやりてえ〜となった。やっぱ音楽家は国境越えてこそ、こちらは県境越えるのが精一杯だけどそれでもやっぱり境界線を越える醍醐味が欲しい。クスちゃんも10人程のミクロ的な観客と一緒にコーラスを歌ったり拍手したりしていい調子だ。以前オレたちと中原君(その後ユリちゃんのダンナ)とかとやってた『LENSまたやる?』と聴いてみたけど『う〜ん、コペルで温泉バンドがんばろうネ』と笑えないジョーク。『作詞のヒミツがわかった』ともつぶやいたので今度よくよく聞いてみようと思う。


170220-banner.jpg

日曜日、今度はコペちゃんと目黒ブルースアレイというLIVEハウスにて森川美穂さん。コペちゃんはピアノの塩入俊哉さん〜国立音大の後輩〜の応援に、オレは実は深いワケがあって出かけた。

昔オレは秦スタジオというその筋では有名なラジオ番組制作会社のスタッフだった。担当していた番組のパーソナリティは川島なお美さん、森川美穂さん、児島由美さん(クスちゃん)、、、、。この名前を並べると何かすごいドキドキするのは何故なのか。わからない。ポーカーのスリーカードなのか、いや、麻雀のドラドラドラとか、スロットの777というわけでもないのだが。

当時会社としてはいろいろあって長いつきあいの末、オレも力及ばず結局ほぼ解体、何だか心残りのまま関係性が失われていた。その森川美穂さんのライヴである。バンスタでリハーサルを積んだという。ぜひ変容を遂げたであろう歌姫を観てみたいと思ったが『なんと変わらないものか』と懐かしさに埋もれた。『ここから一緒に出来ること、さがしてみよう』とコペちゃん。おっと思い出に浸ってる場合じゃないよなあ、、、

170220-ticket.jpg


連日の2人コペルニクス。成果はあったのか?あまり深く考えないほうがいいのかもしれない。単純にいい週末だったしストレス解消にもなったとしておこう。さて今週はスタジオのリフォーム計画、こちらは3人3脚で考えてみたいなあ。ストレス解消のためとか言って柱は壊さないように、、、。

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

インフル明け(byコペ)



MingMing
〜みんみんとのついきあいはクスちゃんよりもちょい長い。昔、ヤマハPOPCON関連で知り合ったと記憶している。その後ルニちゃんの在籍していた番組制作会社へお連れすると大評判、ラジオ番組のパーソナリティも務めた。


170218.jpg


そんな彼女が何故か『こんがりトースト』のデビューアルバムのマスターコピー音源を持っていたのである、、、。大切なマスターはコピーを取っておくもんである。


久しぶりに逢ったからその経緯を聞いてみる事にした。見事に保管されていたOPEN TAPEは当時彼女もオープンデッキを持っていたので「聞いてみたら?、、」と言われて関係筋から受け取ったという。


170218-1.jpg


彼女に渡して幸いだった。マメリチギ女子ゆえに、いい状態で残っていたのだろう。バンドの主軸であった小泉まさみ君も「ヘッドフォンで聴いて、40年ぶりにヒスノイズ、針のノイズなしに聴きました、上手いバンドであったことを思い出した」とのこと。


おかげさまで復刻CDが完成し、当時の関係者を呼んでパーティが開催された。ところが当日Ming2はインフルエンザにかかり泣く泣く欠席、男だらけだったから出席していれば確実にモテただろうに、、、今でもたいそう人気があるからこの先の人生も華やかになるに違いない。

170218-2.jpg

時々知り合いからコペのコレなのかいと小指を立てられたりするが、とんでもないぜ!(照)と親指を下に向ける。美人で有資格多の彼女ではあるが、最後の一歩が踏み出せない奥ゆかしき人でもある。カントリー界の大御所、亡・瀬谷福太郎さんも信頼していたスタッフだった。ヴェンタインイベントでもフラリと手伝ってくれる貴重な方。ダ、ダ、ダ、大事にしなくちゃネ!えっ彼女のコピーが欲しい!?


posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:06| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

男群の世界(byクスちゃん)

スタジオのドアを開く。ワイワイガヤガヤと少々にぎやか。コペちゃんから内線、注文品を届ける。オーダーは『飯場の飯盛り』とか言うではないか。それって昔ガッツに載ってたバンド名だ。KANANちゃんのお父さんがお手伝いをしていたそうだ。あっ話が逸れた。おおよその人数のハッシュドビーフを作って鍋ごとスタジオに運ぶ。

04.jpg


スタジオ内では名和さんと羽生さんで人形を作ってるらしい。ミキシングルームでは森田君がコペちゃんから音楽理論を習うことにしたらしい。

13.jpg

14.jpg

時間ピッタリで林家時蔵さんが落語CDを受取に来て、100枚を軽々と担いで帰った。そのうちルニちゃんと石井タカシさんが来てマァマァ男子校っぽくなってきた。銀ちゃんも乱入したが彼もオトコ猫、、、

10.jpg


若いヨッシー君はサッサとおでかけで全国ツアー完了の打上げらしい。ルニちゃんが森田君のカラオケに何とかギターのソロを録音中らしい。クスちゃんササッと撤退モード、、、。

09.jpg


深夜スタジオをのぞくとコペちゃんが1人でたたずんでいる。「どうでした?」と尋ねると「男臭さを落としてるところ…」と意味深発言。いろいろ成果はあったんだろうか、終ってからのおそうじを1人でもくもくとやっているらしい。酒の空缶、灰皿、雑誌、コード、ハンダ、などなど。そういえば森田くんが帰る間際にお掃除機をかけてくれたらしい。コペちゃんと羽生君でコーラスを録音したらしい。


05.jpg


翌朝のスタジオ、案外片付いていて誰だろう、きっとスタジオワラシの山ノ内君がやってくれたんだね、ということに。男性陣のなんとも言えぬ世界、思わず期待してしまうけどたしかに独特の男ノリ。女子からすると想像でしかない男群の『らしい』世界、大応援!してるけど時々でもいいかもしれません…(^^;;)

*この模様は後日動画配信する(らしい)です

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:31| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

ヒロインはヒーローに優しいか(byコペ)

コペルニクス、手分けして関連アーティストのLIVEにおじゃましている。手伝ってみたりステージを観たりと未来を描きつつ3人の中の誰かが行く。

しかし時によって3人とも行けない事が生じるあせあせ(飛び散る汗)。2月の大越康子さんのバーアリエスLIVE、ヤバッみんな都合がつかない、、、。さてどうするか?そこへやってきた我らがヒーロー・石井タカシ君。マントはなくとも颯爽と正義の味方のごとく舞い降りる。このスーパーヒーローがLIVEに行って下さるという事になった!全くもってありがたい話である。


170216-1.jpg


大越さんから後日アリエスでのPhotoが送られて来た。親衛隊の方々が結成した写真班があり毎回撮影して下さるらしい。康子さん、相変わらずのこの美しさ、さぞかしあの甘い歌声にシビれた人も多かろう、が、、、exclamation&question 隣りに写っているのはあのスーパーヒーローじゃないですか!

170216-3.jpg


ほろ酔い顔でいかにもビール調子に乗ってる風情。ヤスコはオレのもの、と言わんばかり。聞けば満席の会場でステージにあがって『ハッピーバースディ to ヤスコ〜るんるん』なあんて歌ったらしい。康子さんは『私のCDと同じヴェンタインレーベルのかたで…』と僕らのレーベルつながりご紹介、ゲゲのゲーッどんっ(衝撃)心優しき康子さんは彼をヒーローにしてくれたらしい。しかも石井君のスタコラCDの宣伝まで、、、世の中何が起こるからわからない。もしかするとヒロインがヒーローを育ててくれてるのかもしれない。

170216-2.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:22| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

チョコでガンバリ(byコペルニクス)

本日夕方までの集計では、TOPルニ、二位コペ、クスちゃんはビリ。そりゃ仕方あるまい、チョコを頂けるのは男性が有利でしょ。

山のようになったバレンタイン・プレゼントであるが、(←かなり話を盛ったか〜)3人で割るとそれなりといったところです。

170214-3.jpg

こうなるといいな〜
(もらった1ケが、コペルニクス脳内でこんな風に見えている…)


ルニさん、Nさんからのハート型の砂糖菓子を自慢するも『オレの分の紅茶がある』とコペちゃんに告られてギャフン。義理チョコ女王のクスやん、なぜかあげた数ともらった数が同じにビックリ。(全部義理か、、、!?)、、、。

とはいえ、チョコが大好物のコペちゃんは昨夜からズーッとモグモグ。コペちゃんのお父さん(寺のお坊さん)もハワイ生まれ育ちのせいか、コーヒーとチョコが大好きで遺言は『チョコがうまい』だったそうです。コペちゃんいわく、鼻血が出る直前が一番気持ちイイそうです。(呆、、、)

170213-2.jpg


ところが困った事についに、とうとう、やっぱり、スタジオワラシの山ノ内君にチョコが届いてしまったのです。残念ながら彼にはあげられません。深夜にそっとスタジオの中央の置いてみたのですが、翌朝なくなっていない。チョコは無理だったんでしょうかねえ、、、で、今朝それもコペちゃんがモグモグ。あるだけ食べちゃうなんて、ちょっと食べ過ぎが心配です。

170214-2.jpg

今バンスタに必要なものシリーズ by ルスナさん

お金(コインチョコ)

薬(チョコエイド)

傷心にバンソウコー(チョコエイド)

銀ちゃんに(ネコチョコ)

連日のバレンタイン騒ぎ、来年もまた風物詩としてやってくるのでしょう。菊池家みたいにトラックで届く、、、、まではいかなくてもそれまでにコペルニクス、もっと人気者になっていたいから、頂いた真心を食べ食べもう少しガンバリやす!

170214-4.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 18:00| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

今年のバレンタインの行方(byコペ=吉田哲)

(*こんがりトーストRe-mixパーティの写真は一つ前の2月10日にあり!)

毎年この時期になるといろいろと届け物がやってくる。そう、バレンタインとやらのせいで甘党の私にはウレシイ日なのである。


大越康子さん、けっこう以前からオシャレチョコが送られてくる。オレだけ!?

と、思いたいが同じ包みの中にルニちゃん宛のも同封されているから義理なのかもしれない(汗;)、いや、当然そうだろうな、、。それでもこれほど丁寧ともなると義理の上に人情も加わって、今度は待ち遠しくさえなってくる。そこへ彼女のJAZZライヴに石井タカシが行って、ステージで一緒に歌ったとかいうウワサがはいってきた、、、、、ウーム、これまた第三の男が、、、、、。。。彼はこんがりトーストでも第三の男だったのか、、、。


数日前のこんがりトーストRe-mixパーティ。あまりの久しぶりや懐かしさもあり、さぞかし酒浸りになるかと思いきや体調を考慮してか皆さんちびりちびりの図。差し入れのワインも並んだ。そこへ特別参加の大川佐和子さん、何を思ったか自家製お汁粉を10人分差し入れてくれた。男共は宴の終わりにどうせベロベロに、、、との予想に反し、あたたかお汁粉、しかも焼き餅入りがふるまわれたら、アレヨアレヨのバカウケ、群がる古きアーティスト達たちまちの完食にはビックリ。


ならばバレンタイン、お年を召した者にはチョコもお酒も嬉しい。が、そう、集まったらお汁粉がよろしい。

170213-1.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:13| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

ブラックマンデー?(byコペ=吉田哲:こんがりトースト)


スタジオでの集まりがあったのは月曜日の夜だった。


40数年ぶりの『小泉まさみ&こんがりトースト』のメンバー5人、RE-MASTER CD完成がキッカケとなった。どうせなら当時の強力な協力者をゲストとしてお招きいたしましょう、と、ワーナーパイオニアのディレクター三橋さん、実際に録音に関わったミキサーの石塚さん、ジャケット関係の写真を担当した西田さん。このお3人、実は天才だった。



170210-1.jpg

三橋さん(一番左)石塚さん(中央)西田さん(後ろ)

photo by 名和真

久しぶりのオーラは健在で、この年になってもその発する空気感はただ者ではない。想い起こせばこういう人たちのおかげであの妙なアルバムが出来たのだろう。だいたい目つきが異常であやしいから、そのパーティに来た人はそれを見たはずである。それでもただ者ではないから気づいていないのかも。まさに心地よいブラックマンデーとなった。


170210-2.jpg

CDを改めて聞いて感想を寄せてほしい。ジャケットの間違い探しなんかもあるから、修正をして2月25日リリースに間に合わせるつもりでいる。27日にずれこむと月曜日になっちゃうしね、、、、、。

170210-3.jpg


左から) 名和真(Guitar)西田圭介さん(報道カメラマン)
大川佐和子さん(Belle系・LIVE資料提供)
石塚良一さん(こんがりMixer)三橋Hiroshiさん(こんがりDirecter)
田切純一(Dr)大川寛史さん(Belle)吉田哲(pf)
石井隆(こんがり道の途中Bass)
前列)小泉まさみ(Vo)南雲和義(Bass)
名和扶桑君(こんがりチルドレン)photo by クスちゃん


posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:38| 東京 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

梅ネコ事情(byクスちゃん)

3日ぶりに帰ってきたネコの銀ちゃん。春近くなると毎年恒例、女の子を求めて旅に出る。長い時は半月も家をあけてしまい、帰ってきてもすぐにまた出かけることに、、、。心配だけど本人はシアワセなんだと思う。


一緒に来い!というのでついて行ったら梅の木の下、ジッと上を見上げる銀ちゃん。「梅、キレイ」と言ってるつもりか、チュンチュン言ってる雀が気になるのか、、、。蟠龍寺の境内、池のほとりに咲く梅。もう咲き始めていた。

170208-big.jpg


東京大空襲の日、焼け野原となった中でたった1本焼け残った梅の大木。


170208-koume.jpg


新しく芽吹いた小さな梅の木。

170208-kouhaku.jpg


こちらはおばあちゃまがいつも拝んでる紅白の梅の木。

1本の木から紅と白の両方の花が咲く縁起のいい梅で
何となく参拝客も見とれている


春過ぎると大きな実をつけるので落ちる寸前にジンでビン詰めし、夏の終わりから梅酒が頂ける。年によっては巧く発酵して名酒となり、ミュージシャンの宴会に花を添えることも、、、、。


「もうすぐ春が来るんだね」と銀ちゃんに声をかけるも、シュッとシッポを巻いて参道まっしぐら。次はいつ帰ってくるのかな、かわいい女の子が見つかるといいね。残された私は旅に出はぐった。

170208-kouhaku2.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:52| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

計れるものと計れないもの(byルニ)

スタジオへ向かう。気分的に品川廻りとなりました。

意外にスムーズな時は時短になったりますね。

で、通りすがりの大崎駅にて突然、あまりに、唐突な看板、を見たのです。

なぜ気になったかと言うと「新井満の『千の風になって』のカラオケで『青春とは』を吟じました」って書いてあった(ように見えた)。

どういうこと?

もちろん『千の風になって』も『青春とは』も僕らコペルニクスのプロデュース&サウンド作りである。『青春とは』に至っては加藤文生の編曲で美しい弦楽奏である。この二つが合体している!?オレはあきらかに白日夢を見たのである。間違いだ、そうだそうだ、そうにちがいない。


その日スタジオでは突然、あまりに、唐突な計画、が持ち上がっていた。クスちゃんがスタジオを映像ライヴが出来るようにリフォームしたいと言い出したのだ。本人は突然思いついたワケではなかったがコペちゃんアタマをかかえていた。テーブルには、ややっスタジオ設立時のなつかしの図面が、、、。

170206-1.jpg


とにかく必要な寸法を計ることが先決かと。わたくし自慢じゃないけどその手のプロです。ご覧の通り新作の図面です。

170206-3.jpg


今日はそのために手下の職人小貫君を連れて、危ない所は彼にまかせて、、、、

170206-2.jpg
まずは全体のコンセプトとかイメージとかを叩き込むわけですね。どうする?コペちゃん、えっあれあれっオレが施主になるの?ルニが発注してルニが施工なの?それって自主制作みたいな?オレが適任だって?、、、

まいったな、クスちゃんもコペちゃんも建築物を計れる人じゃないしね、本日はとりあえず終了、小貫君を連れてササッと帰りましょう。


と、思いながら帰り道。

オレはあきらかに白日夢を見たのである。そうだ、そうにちがいない、、、、と思いながらあまりにも気になって大崎駅に寄ってみた。

170206-4.jpg


夢じゃなかった、、、、。
だがオレはこの看板の長さを計る気にはなれない。

170206-6.jpg


そして見知らぬ星正夫さんの真意も計りしれない、、、

170206-5.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする