2016年12月07日

イベントの12月(byコペルニクス)

161207-1.jpg


ライヴに向けてのリハーサル。

アトリエ・イサナ3人とゲストのキョッペ。堂々の集合PHOTO、、といいたいところだけど、ただのバンド乗りポーズじゃないか!?と、とりあえず盛り上がってのリハ。コペルニクスは高みの見物なのだが、12日に向けての準備は意外とヤッカイ。動員チェック、演出、機材用意、スタッフの鉄壁のフォーメーションはルスナさん&名和さんのサポート、果たして完璧に遂行なるか?というところ。本日はノリの良いアーティストに囲まれハシャいでしまったら、コペルニ腰のあたりがチクっっとしてる。ヤバイゾヤバイゾ、今年もまたコペルの12月は年末イベント続き。各方面の忘年会のいくつかは申し訳ないけど新年会に先送りさせてもらおうかナ…。

161207-2.jpg

それにしてもイサナとキョッペ。アーティスト性、レベルが高いのにはアタマが下がる。我らはいやがおうにもノッちゃってる。
12月12日(月)青山ジマジンにて 19:30〜 www.koperniks.com/atelier/
 

161207-3.jpg

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:55| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

一族の歴史(by三木沢)

休日にコペさんから呼び出し。蟠龍寺に正装して向かう。

コペさんのお父様の13回忌、この方がウワサの人か!? 今までスタジオはコペさんが立ち上げたと思っていたけれど、コペさんに聞いたら実は父無しでは出来なかったそうで、お役所相手に紛争したとか。その方はお坊さんの世界でもエライ人だったらしく、遠くからの参列者もたくさんいらっしゃった。

161205-2.jpg


お手伝い控え要員と言われスタジオ隣りの寺本堂で様子伺い。コペさんクスちゃんヨッシーRさんのPhotoはいらないとのことで、特にすることはなかったけれど、お念仏の大合唱とかあまりの荘厳さに何だかいい一日が過ごせたような、お父様がそこにいたような。

161205-3.jpg
本堂のおとなり、一雨堂にて会食


帰りにいろいろと頂き物、その中に『ボンダンス』(福音館書店)という絵本が一冊。コペ父の生まれ育ったハワイ島のお寺『ハマクア寺院』が舞台で、ハワイに広まった盆踊りの物語らしい。それにしても不思議な絵本、この一族、かなりの歴史が詰まってるみたい。

161205-1.jpg
続きを読む
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

東京メトロ放浪記(byコペ)

紅葉見たいよ〜、の田口ユリちゃん。この先しばらくはこもりきりになるのかも。プチデートいたしましょうというワケで、二人の中間点の日比谷へ、小春な中のユリちゃん。どうぞお幸せにねと、都内はギリギリの紅葉バックにパチリ。

161203-1.jpg


ダッシュで向かった飯田橋は名和真さんとの中間点。シビックホールにてコンサートピアノ調律2台とかで、ハァハァしている彼。幕間のほんのちょいとで男のデート。コーヒーがあれば2人はどこでもOK。ホールの都合で30分ほどでお別れ。どうやらお手伝いは不要になった。


161203-2.jpg


有楽町線のルートはクネクネと妙なコースを描く。飯田橋から意外と時間がかかって銀座へ。待っていてくれたのはアフター5の石井タカシさん。いつも目黒に来てくれているからたまには有楽しちゃおう。連れていってくれたのは、彼の在籍する会社が経営するBar。エッ会社の中にお店が? 和風のオシャレ所、石井さんと深〜いい話と酒。いい夜だね、たまに外へ出て友達と(友達と想ってくれてるのか?)逢いまくった週末。スタジオとは違う会話が聞こえたような。不思議で心地よい秋の終わりとなりました。

161203-3.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:32| 東京 ☀| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

街の看板に見る有名度(byコペ)

スタジオの電話システムが総入替えとなり、一日半お電話がSTOP中。

ならば、と出かけたのはクスちゃん。パソコン関連の材料を買いに渋谷へお出かけ。帰ってくるなり駅前のハチ公口はこんな風景だったよ、とPhotoを見せつけた。

161201-1.jpg


このドデカい看板、何だか妙に見慣れた顔がある。アイドルグループ、S・Zone、デカい。デカすぎる。菊池、、、とつぶやいてみる。思い出すのは父親の方、大昔のLA-LA Deuxのいうユニットの時の彼はある意味アイドルだった。ロックテイストだったからカッコ良かったけど全国区にはならず、プロデュースした手前、おおいに責任を感じたことがあった。渋谷のライヴハウスでの二人、、、ここの壁にポスターがずっと貼ってあった、、

161201-4.jpg


月日がたって渋谷の看板はHappy Endになったと言えなくもない。そんな菊池よりもかなり小さなコペルニクス、、、。担当した番組の『NHK World』の看板はこのアイドルグループの看板前にひっそりとある。ハチ公前広場にある電車モニュメントがNHK国際放送の重要なポイントだって知ってる人、気づいた友達はいない。大きな声で『ここにあるぞ』と叫びたい。外国から来た人たちのライフライン、大切な観光案内所なんだよと。

161201-2.jpg


161201-3.jpg

ひさびさに3人スタジオで出くわして20分ほど立ち話、この話題を振ったら「ワハハ…そ、そうなんだよね」で即終了。そう、我々は有名になってもしょうがないんである。なれないのが事実、なのかも、看板無し。(^^;;)

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:00| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

クリスマスなのに夏(byルニ)

161128-1.jpg


ついにギターが帰って来ました。

修理工場に行ってまいりました。わが愛用ギターのフレットを修理してもらって、やっと取りに行くことが出来たのです。

ご近所に修理工房ができました。『皆川ギター工房』、なかなかの腕前でつらつらと練習してみたりしています。

コペちゃん、やっぱりオレはテレキャスが良いよ。

161128-ukulele.jpg

いきおいついでに、ウクレレの練習。

こちらは12月20日のハワイアンの舞台用。しかしギターに比べるとウクレレ。なんとなく、手応えがない、、、ガツンと来ない、、、。ま、いいか〜という感じ。まさに南の島の楽器、あーまたハワイに行ってボオッとしてみたい。


ルスナさんからおさそいを受けまして、フライヤー用の写真も出来ました。いやあ〜こ、これはー(汗;)つ、つけやきばなのか?

Tolopoka1-s.jpg


『ひろ子と仲間たち MAHALO 2016 Merry Christmas』

12月20日(火)1時開場 1時30分開演(〜3時30分)

場所:なかの芸術小劇場(中野駅北口徒歩5分)

前半は妙齢の淑女たちのフラダンス発表がありまして、、、

僕らは第二部 『森田学 with トロポカ・アイランダーズ』として、2時30分から森田学君のバックで出ます。受付、司会もルスナさんです。ちかぢかチラシも出来るようです!

なかの芸術小劇場はホントにきれいなホールで、いとしいですなあ。入場無料誰でもはいれるそうです。

地図 http://nicesacademia.jp/facility/shogekijo.html

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:03| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

冬なのに夏(byコペ)

161124-4.jpg

朝起きると目黒地方は雨。期待していた雪はなし。数日前にBachことヨッシーRから送られてきた沖縄宮古島のPhoto、その海と波はほぼ夏の風景。

スタジオ創設のころ、社員旅行でサイパンへ行った事があった。40名ほどのミュージシャンとお坊さんととりまきの女の子などで、バブルな時代だった。ヨッシーRも今回の沖縄ツアーは『むすめん。ツアー』の途中、事務所関係の仕事の中の楽しい旅行として行ったとか。この後、那覇でLIVEがあったそうだ。勢いのある時、人間は南の島へ行ってしまうのだ。辛い時は北の国へ行ってしまうのだ。みんなに思い切り夢を現実にするエネルギーがあったのだろう。

161124-3.jpg

今、自分のまわりは外の風景みたいにシトシト。地味で静か。これも悪くない。ひたすら音をさぐる毎日はもしかしてバブル時代よりもマシなのかとさえ想える。訪ね人は口をそろえて「何か良い事ないすかね」などと言うけれど、次からは南の島へ行く事を勧めてみよう。エネルギーの矛先は当面のイベント、アトリエ・イサナ&キョッペの脚本作り、音楽朗読のオリジナル物語を描く。これはなかなかの難航、旨くまとまるかどうかアタマがカッとなって燃え上がる。そう、自分の中には真っ赤な夏があるらしいのだが、、、?

161124-5.jpg


宮古島の海辺で男24人、何やらヒット曲を踊るヨッシー、、、そういえば僕らもお坊さんとサイパンで『ギンギンギラギラ夕日が沈む』を踊ってしまったなあ。。。


161124-1.jpg

https://youtu.be/TQlfKxGt6Qk

『男24人で宮古島で踊ってみた。』

むすめん。、fixsodia、チョコボ、スタッフの皆さん。

お世話になってるあおい君のパパさんの姿も。

11/17デビューのむすめん。feat.白服さんたちがんばる『トラライ。』作詞TAKESHI。

先週オリコンデイリーで最高位6位。

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:32| 東京 ☀| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

目黒通りをパカパカと。(byクスちゃん)

161123-1.jpg


ちょいとその辺にお買い物。

目黒の街は意外と気持ちよろしテクテク、、、。アレ、何だか人間のようでそうでもないようなものが吊られてる。目黒はわりかし山手の中でも発展が止まっていて、静かで物が考えられていいよね。このままでいいのにと想っていたら、オヤオヤ、町おこしなのかな?、当選した区長さんの公約で目黒シティマラソンだと!やった〜、目黒通りと駒沢通りを通行止めにしてまでやることに。

161123-2.jpg


それに今、目の前にいるアナタ!アナタ誰? 何なにこの辺の町名は元競馬場だから、ゆるキャラは馬にしたって?。そんな、いつのまにどうすんだー、静かのままでいいんだよ、、、


ふと見回すと駅周辺はチェーン店ばかりに。そういえば案外店を選べなくなって来た。だから地元の商店街が一大発起して…うん、そっか、大変だよね、大手企業にジワジワされちゃうんだもの。わかったわかった、今日は商店街へ行くよ!といっても、このラーメン屋さんはコワくってまだ一度もはいったことがありません。

161123-3.jpg


ゆるキャラの馬は目黒通りを駆け抜け、遠ざかっていった、、、、、 。ご近所街散歩でした、、、。

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

対称型(byコペ)

青山で待ち合わせ。小春日和で人がいっぱい!お目当てはイチョウ並木とのこと、それにしても多すぎる。

人混みの中から名和さん、実は二人で本日のピアニストのピアノを調律、調整した。OAGドイツ東洋文化研究協会ホールは、もうほぼ赤坂近くにある立派なホール。今回は弦楽器を加えてのリサイタル。難しい曲が多く、耳がついていかなかったがやはり彼の弾くショパン曲は抜群。


161121.jpg

ショパンのポロネーズ、、、

今日の演目のポロネーズ(は、私めあまり聞いた事がなかったが)、名和さんはさすがに良く知っていた。弦アレンジをしたのかな?と彼。そう言えば、なかなかの大曲になっており、コバルフスキはこの曲に限っては譜面を見ていなかった。ポーランド生まれの彼にとって、祖国の偉大な作曲ショパンはまるで隣席にいて語りかけて来る存在なのだ。さすが、、、

これはピアニストとして当たり前かもしれないが、7人の弦との共演を果たしてる訳だし、、、終了後、彼を取り巻く女子の多い事多い事、あいさつもままならず、ふたことみことでその場を立ち去った。


外はもう秋のつるべ落とし、暗くなって来ている。少しは彼の役になったのかな?、、、に名和さんが『グランドピアノをあげたんだから絶対役立ってるさ!』の一言に気分も楽になる、、、。伸び盛りのピアニスト『スワベック・コバレフスキ』と、たそがれてつるべ落としの『自分』の対称型。クシュン、おっと風邪をひいたかな?

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

さてどうしたものか?(byコペルニクス)

161120-1.jpg


弁天ハウスの2階、通称イタリアンルームは、お泊まりの方、長期滞在者のためのお部屋。白と緑を基調に赤がポイントというイタリアンカラーの一室となっている。

最近利用者が少なくなったのは時代の流れなのか?そんなワケでコイツがいつの間にか我が物顔で居着いてしまった。

161120-2.jpg


キッカケは徹底的にクリーニングしたせい。気持ちの良い所に猫はすぐさま気づくらしく、日がな一日ズイズイと過ごす。銀ちゃんは一時旅に出ていたが、どうやらこの場所の方がいいらしくまた旅に出る様子はない。女子が泊まりに来たらテコでも動かないコイツとのバトルになるだろう。でも銀ちゃんは一緒に寝てくれるので仲良くして欲しい。最近は猫アレルギーの女子が多いのでそれが一番心配だ、せっかくキレイになったのに汚すのはコイツなんだろな。さてどうしたものか、、、、。

161120-3.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

チリバラ(byクスちゃん)

161117.jpg

打合せ?どう見ても異常な雰囲気。12月に敢行されるライヴは加藤文生さん率いるインストバンド、アトリエ・イサナ。コペちゃんの提案で、語りゲストに阿南京子さんこと天然キョッペさん。実はこのお二人、初対面。一同エーッとビックリ場面。何やかやの進行打合せ。加藤さんの兄弟分の名和真さんも加わっての事。加藤さん(左)と名和さん(右)も最近出逢ったばかりと言うのに、何だかとっても似てて意気投合して廻りが焼いちゃうくらい。だからそれぞれ勝手に想い巡らし、妄想拡大、賛否両論、和菓子山盛、真剣笑々、暴言暴食、、、、。早めの日暮解散となりました。アッという間のチリバラ現象。こんな事で大丈夫なのかなあ。。。と、そこへ現場から駆けつけたルニちゃん。キョッペさんとはすれ違いで毎度の事でしょと慰めらしき会話も。まとめてみるとどうやら映像撮影関連は名和さんと私でヤレということらしい。なあんだ、いつもの感じかーと自分で納得。


今回はイサナとキョッペさん用に、コペによる書き下ろし小作品『宮澤家の柱時計』。芝居音楽を長く勤めている加藤文生さんが『この台本、シェークスピアみたいだなあ』と一言。これは私的にグッと来た。

ミュージシャンはみんな一人で生きてる、でも時々集まる、何かが生まれて何かが交差、そしてチリバラ。なんだかんだで今回もにぎやかになりそうです。

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:20| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする