2019年04月19日

ステキなジジさま(byクスちゃん)

スタジオに行くとコペちゃんと、ちょいステキな男性が何やら盛り上がってる。
共通の、知ってるミュージシャンの名前がズラリ。
そう、コペちゃんとお喋りしてたのは伝説のトランペット奏者日野皓正さんで、只今フロリダに住んでて時々日本で仕事をしてるんだそうだ。今回のツアーのリハで来てくれててなぜかコペちゃんもジャズ畑で師匠の話しとかJAZZ談義。『コペちゃん!今夜のコンサートに遅れちゃう。。。』と声をかけるも2人トークが終わらない。日野さんはコペちゃんが大好きオーラ、、、☆これから新しいメンバーも混じえてツアーに出るそうだ!

渋谷に着いたらもう夕暮れ。ルニちゃんと合流しての久々コペルニクス3人で外タレコンサート観戦。

190418-1.jpg

オーチャードホール、グッズ売り場がすでに長蛇の列。でも売ってるものはTシャツとトートバックで、なあんだ別に森田学君と変わらないじゃん、などとコペルニクス。

たまたま良いお席が取れて、P.Aのすぐ隣り、足も伸ばせてラッキーとなり、エンジニアもやっぱり外国人。コペルニは覗いては『あー12トラックか〜、1人に2トラック当てて、あと、、、』とか『フェダーがアナログ、、、』とか言ってる。

190418-2.jpg
こちらは開場直後のコペちゃんルニちゃん

お客様は予想外の大入りで、オーチャード2000人ホールは水曜日と言うのにいよいよ満席に。これを4日間やってるらしい。
『クラフトワーク』はドイツのテクノポップの雄とあって、さすがドイツ人が多いなあ〜と思ったらカナダ人だったスタイリッシュなカップル、、、

190418-3.jpg
J-WAVE/InterFM主催です!

いざ、コンサートが始まるとホールの音響を気にしてるコペちゃん、舞台上のメンバーというより、ミキサーの両手の動きを見てるルニ、メンバー4人がステージに出ただけでもう会場はヤンヤヤンヤのピークに。しかし本人なのか人形なのか不明。

190418-6.jpg
撮影禁止なので、YouTube動画から頂いた画像、、、
(ヘルシンキのツアーから。内容は同じらしいです)

クラフトワークは結成1966年ころ?から伝統的に、4人立ったままほぼ動かない!大画面は音楽に合わせた大パノラマ動画で、音楽にここまで寄り添えるのか!という背景動画は圧巻。気持ちは弁天しあた動画と全く変わらない!けど何と3Dで飛び出して来る。会場のお客さまはみんな3Dメガネをかけてるのでそっちも圧巻、ちょっと異様な景色に、、、
今にも倒れそうな創立メンバーもいるので、2時間立ってるだけで精一杯といったジジさまの様相。それにしてもこの人達の強烈な個性には脱帽、コペルニクスおおいに励まされた良き一日でした。

190418-4.jpg
渋谷の帰り道、相変わらず自撮ヘタだけど…
左からクス、コペ、ルニ
ボクたちは感動で、子供に還ってルンルンです

そう、本日はワールドツアーをするカッコイイ先輩たちの一日だった。
スタジオに戻るとサックス奏者の内田輝君が名古屋から泊まりに。こちらもちいさなワールドツアーの真っ最中。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 01:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

ヘトヘト元気(byルニ)

IMG_2703.JPG
左よりpf斎藤聡さん、MOTO-G、Drシュージー、B畑蓮三郎さん


週末のLIVE日和、弁天しあたの催し物『シュージーモトジー☆ロックフュージョンの日』無事終了。秀逸見事なテクを一同堪能した。

俺も副業の?工務店関係の都合で遠征からギリギリ間に合う。本来ならばバックれたいところだが、音楽関係者から頼まれた建築リフォームの仕事とあって断る理由がない。

IMG_2662.JPG
朝のサウンドチェックにコペルニクスそろい踏み

本番が無事順調に始まり、MOTO-Gのギターがうなりを上げる。3度目とあっていつも通りのセッティングを並び替えたコペちゃんナイス!これならバンドで成立するね。
弁天しあたはそこが問題だったらこれでクリア出来そう。配線もシンプルで楽に、、、今回俺はリハーサルに立ち会えなかったからこのシンプルさがたまらなく助かる。

IMG_2613-allクッキー.JPG
自家製クッキー(名前入り)も振る舞われた

弁天しあたガールや女子群も、そろそろ分担を考え始めた様子。クスぽんも映像編集とクッキー焼きでアタマグルグルの様相です。それぞれの連携を考えられるようになると、コストパフォーマンスも良くなるような、、、。エンタメのことに集中出来るといいな。
そうそう、そして今回はお寺の副住職にしてヘビメタバンドのきりーく主催、TATSUさんが参戦してくれて大好評。あの小法話、あの風情、アフターLIVEのお客様引率での寺参拝はサイコーのパフォーマンス、、、、。

IMG_2688.JPG

そして夜は第二部として、前回のLIVE映像の上映会とあいなった。ヴィヴィアンと石川真理子チーム、映像試写会は皆じっくりと鑑賞。

IMG_2722-mariko試写.JPG

と、コレを書いているところへコペちゃん、フラッと、、、。なんか苦しそうなので『どうした?、こうした?、何をした?』と尋ねると、腕を押さえてるのは筋肉痛とのこと。椅子やアンプなどの移動はけっこうな労働。いつまでも元気でやろうな、と言うしかなかった。俺は自分にご褒美でワインをかっくらった。気が付くとバンジョーの山本氏も石川真理子とかっくらってた。

IMG_2710.JPG
おつかれさんの俺、クスちゃん、
オンリーワンのドラム奏者&Voのシュージー、本間修治さん

IMG_2721.JPG
バンジョー山本真比庫氏と石川真理子
photo by Lusnaさん
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:31| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

『ドナルドキーンさんお別れの会』、、、の美しき音(by山アルスナ)

クスちゃんはスタジオでヤッカイなお仕事があるようです。代わりに私がコペさんと行くことと相成った。

190411-4.jpg

雨の中の青山葬儀場。何メートル置きかの道案内の看板には『ドナルドキーンお別れの会』と記されている。
吉田コペさんと受付へ。私たちは呼ばれて早めに来た音楽スタッフのわりには居場所がない。後方に座ると静かに映像が流れる。キーンさんのプライベート映像がそこにあった。美しいピアノの音やマリア・カラスの歌が流れてゆく。Vの終わりには聴き覚えのある歌声が。たしかにビビアンのスキャット、さすがコペさん、こんなところにヴェンタインアーティストが活躍する場を作ってる。

それにしても吉田コペ、お別れ会の音楽担当とは寺の息子らしいなぁ。

190411-3.jpg

実はコペ&クスはドナルドキーンさんのドキュメンタリーの音楽を10年以上ずっと長くやってきたんだそうだ。それにしては記録映像を撮り続けた中津義人監督も作曲のコペさんも、最前列ではないし登壇でもない。
そこに居るのは文化人、有名人、エラい人、皇室のかたとか内閣関係者とか、普段はキーンさんの近くというわけでもないだろうな、そういう方々が鎮座されている。いかにも、って感じだ。

190411-2.jpg
青山葬儀所に早めにはいるコペ

そんな事をそっと耳打ちしたら、『コペルニクスはそういうのあんまり関係ないですからねえ、、、』とのコペ・アンサー。献花をすませて早々に退場する。立派そうなかたが声をかけて下さるが、コペさん何だか一目散。あとで聞いたら単におなかをすかせただけだって、、、。

レストランの席についたら早速私のほうからクスちゃんに報告のLINEを、、、。彼女は彼女でスタジオにて、トランペットの大御所日野皓正さん関連のお留守番だったようだ。ウッドベース奏者とお喋り出来たり新曲の楽譜が抽象的で面白いとかって。

190411-5.jpg
朝日新聞4月10日付、こんな感じだったようです

コペルニクスって影でいろいろやっているがあまり公言しない。私はそれをきちんと見ていこうと思う。4月21日(日)午後4時よりBS-TBSにてドナルドキーンさん特番『ドナルド・キーンが遺したもの』がオンエアされるそうだ。美しき音楽に注目してみませんか? もちろんビビアンの歌声にも。(執筆依頼されたルスナより)

190411-1.jpg
在りし日のドナルド・キーンさん(2016年の秋)
センターのスタッフのかたが撮って下さいました
左から2番めは(株)ブルボンの吉田康社長
続いて私ルスナ、キーンさん、吉田コペ、クスちゃん。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 12:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

白と黒の楽器(byコペ)

190408.jpg


キレイになったミドリネコちゃん、愛媛西条市での凱旋コンサートも終わり、おみやげを携えてスタジオIN。

彼女の大好きな銀ちゃんも確保しておいてご対面。
同じ鍵盤仲間のミドリネコちゃん、話題はやっぱり白と黒、、、たまたま昨日の事、KORGのM1(えむわん)がピアノの音色しか出なくなってしまった。ちょい調べるとバッテリーが無くなったらしい。直すにも知識が無いのでミドリネコちゃんに相談、いろいろトライしてくれたものの現状のまま。

昔のシンセは音がいいというわけではないけれど、かなり個性的でしっかりした存在感のある音色を有している。だから音数少なめの映像音楽に適している。M1も出来れば活かしておきたいけれど、もう修理してくれるところもないのか残念ながら今回はKORG側もNOサイン。

よってネットにトライするはクスちゃん、居た居た個人で『M1修理やってまーす』というアンサー。結果はどうなるか?誰も心配はしてくれないだろうが、後日事の顛末をご報告しまする。ミドリネコちゃん協力ありがとね。

白と黒の鍵盤がまた僕らの心をつないでくれるね、、、?
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 11:34| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

心の断舎離(byコペ〜吉田サトシ)

小泉正美一家の登場。

190404-3.jpg
左から)Yu-koさま、サフラン君、小泉正美氏

考えることは一緒みたいで、この時期に機材の断舎離をしていたとか、、、。シールド類が大量に出たので有り難く頂く。
さすがセレブの持つ物は、中古と言えども高価絢爛、、、!

190404-1.jpg

大きなダンボールもいくつか届いて、さてさてどうするかの腕組み、焦り気味。
小泉さんファミリーは親の介護も半分終えて、少し余裕が出来て愛犬のサフラン君とスタジオまで来てくれたのだ。サフラン君はいろんな芸当も見せてくれた。Yu-koさんは例によって手作りのかなり美味しいマドレーヌーボーを焼いてくれて、みんなでその場で食!

190404-4.jpg

久々のトークは心地良く、大昔のこんがりトースト・グループのノリに戻ってしまう。彼らはこの夏頃仕事から完全撤退するそうで、ハッとワレ返りしてしまう、、、、。そう、ボクラはいつ撤退するのだろう。その向こうに何があるんだーッと、心中ザワザワ。

音楽取ったらコペルニクスはタダの人になっちゃうかもだよ、イヤイヤ、今でも充分タダの人ですよ、、、、と仏の声がした。
たくわえているはずの資金もなさそうだし、クスちゃんはヒット曲作りに興味ないみたいだし、、、、とワルユメは果てしなく続く。いっそここから抜け出して、あの娘とどこか遠くへ行っちゃいたいですよなんて、おっだんだん楽しくなって来たぞ!

逃げてばかりもいられない、と思っていたら、逃げたヤツに気づく。そうサフラン君が来たから、ネコの銀ちゃんはアッと言う間に逃げ腰になって姿をくらました。今を生きているこの2匹にとっては昔話もないんだろう。見習いたいものである。

190404-2.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:31| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

なんともいえない休日(byコペルニクス)

休日にもかかわらず、スタジオに集結。
とは言っても同館別事で。

コペちゃん:ドナルドキーンさんのドキュメンタリー映像音楽制作
ルニちゃん:カゼマチバンドのリハーサル
クスちゃん:ノーパソが動かなくなってアタフタと直し。
そこにゲストのNobickがやってきた。彼はマラソンランナーとしてもここ界隈では有名だが何と先日のフルマラソン・クラス別3位とのことで一同拍手の図。
に、何を思ったか『ベースをヤル』と言い出した。

190401-2.jpg

ならばコペルニクス所有のエレキベースをお祝いにサプライズする事に。
もともと撮影用に道具屋で購入した楽器で、アズキ桜色のバッチリサイズ、音は出るものの果たして、、、コペ、いつのまにか調整に入る。メーカーはGuitarLine、ギターライン?聞いたことも見たこともなかったブランドで、クスちゃんはちょっと作動し始めたノーパソで検索してみるが情報ほぼ無し。

190401-1.jpg

どうやら個人が色々なパーツを組み合わせて仕上げたものなんじゃあないだろか。ちょうど暴走族が部品を集めて車改造したみたいな感じ、、、? カミヤバーで飲む、いろんなお酒を混ぜ合わせた電気ブランみたいな感じ、、、? と思えば納得。
ネックの歪みを直し、ブリッジの位置を決め、高さ調整、弦との相性をひとつひとつクリアしていくと見事レコーディングにも使えるレベルまでに至った。
そして何より弾きやすい。これならプレゼントになる!、と夢はひらいたものの、肝心のご本人が気に入らなければ何の意味も価値も無い。
まずは始まりはこれで、、、と一応の成立を見た。

これで万々歳とあいなったのだが、リハ終わりのルニはちょっと人目を気にした。
このままで行くとノビックがコペルニクスの専属ベーシストになるかも、、、そうなるとヤレ癒着、忖度、改竄、などなどの黒いウワサが流れて炎上してしまうではないか、と、すでにアナタ、炎上しているぞ、、、だいたい名前はどうなるんだ、コペルニクスだからコペちゃんルニちゃんクスちゃんだったけど、もう1人増えたら、、、、
と、マァ、ウチワでちょっと大騒ぎと相成り、なんともいえない久々の休日でありました。(Photo by ユミック)

190401-3.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 21:45| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

そのうち手伝います(by staff 三木沢)

お彼岸につき、蟠龍寺に墓参りとなりました。
僕は朝早くに出かけたので、10時には墓参りが終わった。
そっとスタジオの裏口からはいってみると、ゲストルームからコペさんの声がする。「ずっと待っていたよ」と言うのが聞こえました。すると、女子の声もしました。美しく可愛いような声でした。
「お願いします」と言っています。オッと聞いてはいけないのか?愛の告白にしてはかなり事務的なやりとりです。コペさんの不倫の行く先は?お相手は石川真理子さんでした。このところ弁天しあたガールとして見かけることもあったけど、どうやら本格的再始動するみたい。もしもコペルニクスが本気でやったらにわかに華やかになりそうですが、どうなるんだろう、ちょっとドキドキしちゃいました。この場はそっと去ったほうが、、、?(写真は以前のスタジオでの真理子さんです)

190327-1.jpg

都内の雑用もすませて夕方にスタジオにもどりました。今度はクスさんがカメラをセットしている。コペさんが何やら絵コンテなるものを、、、。と、いきなりあやしげな男2人、おそろいの白衣を着てサングラスをかけて登場しました。誰!?と想いました。

190327-2.jpg

が何のことはない1人はルニさん、もう1人はベーシストの新山さん、2人ユニットのときはKAFと名乗っています。いつもと雰囲気が違ってやたらファッション的、見方を変えるとチャライ。新曲を流しながら口パクパフォーマンスのようです。
コペさんクスさんはゴチョゴチョヒソヒソで何やら編集の相談ですかね、あっと言うまの30分でかなり声をかけづらい場面。だって全員目つきが可笑しいです!!
ここはおいとまするのが正解かと思って、そっと勝手口が出ようとしたらクスさんが後ろから追いかけてきました。「あっ、たくみさん、お茶でも。ちょっとちょっと、ゴメンネ、みんなアレだから」
手には三脚をかかえている。みんなアレって?、、、意味不明のコメントを頂きました。

190327-3.jpg

要約すると最近カゼマチバンドとか弁天しあたガールとかやたらに未来予感が上がって前向き全力疾走傾向にあるんだそうで、そのうち手伝ってネということらしいッス。ありがたいけどワタクシ千葉県人ということで距離的にちょっと、いや、土地の距離というより心の距離がついていけるかどうか不安です(笑)。
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 14:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

デビュー記念日(byクスちゃん)

私だってファンはいるんだー、、、、ッ(ちっちゃな声で)。

21日の朝、届けものがスタジオに。黒ネコヤマトの配達員ラジャさん(歌うインド人)がていねいに大切に、顔を上気させてやってきて、大きな長細い段ボールを表彰式みたいにしずしずと渡してくれた。

大昔、デビューシングルは3月21日お彼岸の日に『コムデギャルソン』、ちなみにB面というものがあって『ひと夏の片隅で』だった。
デビュー当時からのファンのA.K君、たしか当時は学校へ行ってて今は北海道に住んでいて立派なお仕事に就いてるらしい。届いた花束とカードは彼からのもの。自分が全然忘れてたデビュー記念日をちゃんと覚えていてくれたから、うーん泣けちゃうよね。

コペちゃんいわく、メジャーデビューはそれなりに影響があるんだそうで、自分では意識がなくとも大々的キャンペーンで全国廻ったりするから、潜在的なファンやジンセイを通して寄り添ってくれるファンが出来るんだそうだ。

時間が経ってゆくにつれだんだん薄れていくけれどたぶんおそらくきっともしかして全国で5人くらいは覚えてくれてるのでは、、、あっ泣けちゃうよーと1人妄想にふけっているが、届いた花束はいつまでたっても枯れない。それどころかユリは少しずつ咲いて行く。お花屋さん恐るべし。

もういちど咲きなさいと言われているようで、姿勢正して木曜日は木登り?、セーターはからし色?、ちゃんと児島由美の顔になれ?、自分に言い聞かせるもののムリしちゃいけない。今は今、立場をわきまえ頑張っちゃう。

えーと、K君のために?月曜日は花束に敬礼して霧吹き。

190325.jpg
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 09:57| 東京 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

春とお寺と美人とコワッ(byコペ)

190323.jpg

春のお彼岸どき。

我らの間接的スポンサーのお寺まわりをちょいちょい掃除などして、いかにも気を使ってる風情。
檀家さんの中にはミュージシャン関係の知り合いもいたりして、お墓参りの際、声をかけてくれる、、、、。
飯岡さん、元々はEPICソニーのディレクター。都内の下町から今は悠々自適隠居で千葉の地味〜なリゾート暮らしへ。
可愛い妹さんとお参りにいらした。立ち話もいつしか音楽業界の事になってしまう。
アイツはどこへ行ったのだの、ワルい業界人が捕まったぞ、の、たぐい。さながら江戸人の井戸端会議。じっと待ってくれている妹さん、実はエラく美人で気もそぞろ。飯岡さんの妹だからけっこうな年令のはずなのに、スタジオ周辺の歌姫と変わらぬ星が散らばっていて、お寺の青葉と混じり合っての美しい図。

そうこうしているとヴィオリストの娘さんをちょいと預かる事に。
こちらは2才半のこれまた年令関係なしの美人?
いつの頃からかパパと呼ばれる事に。
今のところ良好な関係を保ってはいるが、いつ何時変化するかわからない。そんな瞬間が、、、、順調にお遊びしていても時々はホームシックになるらしい。
突然声が小さくなり『吉田さん、、、おうち帰りたい、、、』
ゲゲゲッなにを急に苗字で呼ぶんだ!
整然と他人行儀に自分の要求をしっかり、、、、。ハハーン、これではスタジオに来る歌姫たちとソックリではないか。そして都合によってはコチラをバッサリと、、、!? えっ、そうなの!?
春の出来事はそれでも光輝き近未来にほんのちょっと期待をさせる。未来へ牽引するそこにはいつも美人さんたちが、、、ん、ohーコワッ、、、
posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 10:29| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

カゼマチバンド再起動(byルニ)

カゼマチバンド、、、という、オヤジバンド的なバンドをやって3ヶ月、、、。
Xマスライヴの後、次は解散ライブかなとココロづもりしていたのだが、、、。

前回の店装チェーン総会にて、おそるおそるこのライヴ映像をお披露目したところヤンヤのバカうけ。
4月4日に行う日本店装チェーンの理事会の懇親会にてライブをやれと。

190318-2.jpg

想いも寄らぬ反響があっていい意味のザワツキ感が勃発した。
どうせやるなら徹底的にやりましょうというのがコペルニクスの原則。
どうやらクスちゃんのPV編集の効果もあったらしく、とにかくいいとこ取りの編集がツボにはまった!
ライヴ応援に集まってくれたお客さんもあったたかったおかげだ。

youtubeにも上がっているこの動画(https://youtu.be/oUSC4nYP0q0)クスちゃんの渾身の編集。コペちゃんのダメ出し5回にもくじけなかった。
あれを見た人は『このバンドうまい!』などと勘違いするかもだけど、あれを生演奏で再現するのはちょっとヤバいかも、、、(汗;)

というわけでリハーサルです。今回は九州メンバーが来られず4人で。

190318-4.jpg

またサンタナもやります。さらに4/4の本番はあと二人メンバー加入が決まり、ますます解散からは遠のき、その上バックで『踊りたい!』などという男子三人(大手保険会社)まで登場、解散どころかもう止められない状態に。どーなるのか?

190318-3.jpg

どうなるのかとか想いながら、ウクレレのストラップ買っちゃいました。
生ピがない場所ということで、赤いnordのピアノタッチも中古でトホホget。メンバーも新しい楽器をぞくぞくと、、、!?

190318-5.jpg
オマエ、おかしくなったな、などとコペちゃん。イヤイヤ、あなたに比べればたいしたことはありま、、、ハッハッいいでしょう、新しい中古楽器ですよ!うらやましいだろー。などと思ってるのは俺だけ?
それにしてもオヤジバンド系でもやり方によっては、ちょっと美しきストーリーが作れるんだよね、いや作れるはずなんですよね、、、

190318-6.jpg

posted by コペ・ルニ・クスちゃん at 13:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする